5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

○○○○○○   ナンバ歩き   ○○○○○○

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 00:01 ID:9QzKBtsE
みなさん、日常からナンバをしていますか?


ttp://www5.ocn.ne.jp/~ukiyo26/zakkityo9.html
ttp://www.hokodo.com/sozai2/ayumi.htm
ttp://hc2.seikyou.ne.jp/home/jcfa-osakanisi/taikyokuken/nanba.htm

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 00:02 ID:vIGsG3Bp
2geeeeet!
もちろんしてるぜ

3 :信じるも八卦信じぬも八卦:04/02/05 00:08 ID:DwopVDfk
3GET!
難波・・・・してないけど

4 :一尺八寸 尽:04/02/05 00:15 ID:SlpFaso8
ナンバで書き込んでますが何か?

5 :一尺八寸 尽:04/02/05 00:18 ID:SlpFaso8
飛脚の写真。
いくつか持ってるけど、確かに現代人の目から見ると不自然なくらいみんなナンバ。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 00:20 ID:SVhH2Y3b
おれは半身歩きだね

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 00:32 ID:vIGsG3Bp
おまいらのナンバ歩きってなんや?
色々議論があるみてーだからさー。

なにを持ってナンバ歩きと言うのか?
個人的には雪国の人、山育ちの人に聞いてみてー。
昔は今と違って足場が悪かったからな。
あと昔の人はよく歩いただろうから なるべく楽な歩きかたをしてたと思うのよ。

そうゆう条件があったから生まれた!
それがナンバだ!



と 思いますた。

8 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/05 00:36 ID:ANdh+Ier
http://homepage1.nifty.com/yoshino-aikijuku/namba.htm

9 :安藤風伍 ◆qkDhPFiMis :04/02/05 00:41 ID:DQJaMYi5
田舎者より都会人の方がよく歩く
昔の人は皆よく歩いてた

10 :一尺八寸 尽:04/02/05 00:45 ID:SlpFaso8
田舎者は本当に歩かないよな。
目的地がどんな近い所でも移動は車。
食事もマクドナルドとかばっか。

11 :一尺八寸 尽:04/02/05 00:47 ID:SlpFaso8
吉野歩きワロタ。>>8

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 15:21 ID:vIGsG3Bp
>>8
吉野歩きなら習得済みでつ
畑耕すときに使えるっぺ

万有愛慕たん 次はなにを修行したらいいでつかー?


13 :◆417iLoveLc :04/02/05 15:23 ID:4DVfseBj
ナンバ歩きはどうでもいい

ナンパ歩きを極めたい

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 15:31 ID:J3Hk5DZG
>>10
田舎ものが歩かないのは結構あたってるけど
俺の県には市にしかマクドナルドないよ。
郡部の人間は自炊が基本。

田舎ものは高校までは歩くけど車買うと歩かない人が増えるね。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 15:52 ID:V1BGAWVg
ナンバの動きは応用がきく

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 21:11 ID:vIGsG3Bp
>>13
オラは逆ナンパ歩きをきわめる!

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 21:51 ID:9NBdHAFn
人間は本能的にかドアを開ける時って自然とナンバの動きをしている

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 22:00 ID:MprZ0O4q
てめーら鏡みろ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 22:22 ID:tkEIREn1
ほへー、初めて知った。
俺のオカン、パーキンソン病で足が不自由なんだけど
調子の悪いとき、まさしくこの歩き方になるんだわ。
それってある意味、自然なことだったのか・・。
勉強になりましたm(_ _)m

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/05 22:35 ID:e871iqOB
別に学芸会で緊張した時みたいに手足同時に出さなくてもいいんだよね?
手を足の付け根あたりに添えて歩く感じ。

21 :startx:04/02/05 23:34 ID:cdyutX0R
ナンバが正しいとかナンバ以外は以外は正しくないとか意見があるが、
生活や武道では混在しているのが当たり前。
状況で使い分けるのが一番。
ここで仮にナンバの定義をひねらない動き、逆ナンバをひねらない動きと
仮定して話をする。これが妥当な定義だろう。
基本的に、肉体のパーフォマンスを追うときはナンバはそれほど
よくない。ナンバと言われる陸上選手だって右足が前に出ているときは
左手が前に出てひねっている。普通の人より捻りが少ないだけ。
桑田だって右手と右足を出して投げているわけではない。
ナンバのイメージを自分の動きの改善に利用しているだけ。
瞬間の体変更が大事な武道においては、ナンバが有利かも知れない。

22 :一尺八寸 尽:04/02/06 00:10 ID:LF/aJmc6
子供の頃、逆突きの存在がどうしても納得できなかった。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 00:22 ID:yc1YpTbw
逆突きは順突きが途中で止まったもんだと
自分に言い聞かせてるよ

24 :一尺八寸 尽:04/02/06 00:33 ID:LF/aJmc6
あとボクシングで利き腕じゃないほうを前にするのも違和感を感じた。

>>23
人間って殴る時は順突きが自然な姿だと思いません?
俺だけでしょうか?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 00:40 ID:ePfm/6bt
振りかぶって殴るのが人間の本能。
つまり逆突き。
女は引っかきや手打ちビンタが本能だから順突きになるんじゃないの?

26 :一尺八寸 尽:04/02/06 00:58 ID:LF/aJmc6
鷲鼻だけどね

27 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/02/06 09:22 ID:yNVf+HwZ
一本場の下駄、買ってしまいました。。。。w

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 11:31 ID:F3BGuyPY
捻る歩きはナンバ歩きの簡略形。 省エネ思想の稀薄な文化圏では消えゆく運命

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 11:35 ID:kmM7ncpk
末次はナンバ走りなんですって?

30 :一尺八寸 尽:04/02/06 11:37 ID:LF/aJmc6
とにかく竹馬マラソンしまくれ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 11:49 ID:0NR9mYjr
とりあえず、参考文献
ttp://robotics.aist-nara.ac.jp/~hirosh-t/paper/fukushi2003_namiashi.pdf

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 15:41 ID:pe8jnE9O
>>31
なんか凄い資料だな。
奥が深い。

33 :一尺八寸 尽:04/02/06 17:06 ID:LF/aJmc6
>>31
見れない

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 21:06 ID:O2SzXclM
ナンバって突きの練習になるよね

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 22:18 ID:5fbTkeJB
>>8のは本質をついてるかもしれん。
おおげさにやるとこうなりますよ ってことだろ?

>>17
それは本能つーか、捻る動きじゃドアを押せんだろ
やってみろ。
ナンバつーか捻らない動きだと押し込むことができる。
まあ それが順突きの理合だな。

>>21
野球ではボークになるだろ。アフォですか?
西洋スポーツでは身体を バネ として考えるからだ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 00:38 ID:+41kL3iI
ドアを押して開ける時も
ドアを引いて開ける時も
人は自然とナンバをしている

37 :startx:04/02/07 11:27 ID:8jCxYq+c
>>21
>野球ではボークになるだろ。アフォですか?

サードが返球しているとき右手と右足が出てる?
外野の返球はどう?

瞬間の体変更や体重をかけるのはナンバがいいが、軽い物を加速するには
捻りの動きがいい。つまり、使い分け。
何でもかんでもナンバがいいなんて言うのは偏っているよ。
それとナンバのイメージを利用するのとは事象がちがう。
ドアに関しては、俺はナンバであけているが捻りであけている人もいる。
ナンバもそれが有効なときはそうすればいいし、それ以外はそれ以外の
方法をとればいい。


38 :startx:04/02/07 11:28 ID:8jCxYq+c
>>31
>見れない


アクロバットリーダーをインストール。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 13:22 ID:EGQdaihv
ドアを引いて開ける時はナンバになってるなあ。
ドア押して開ける時もノブを握った手と同じ足から前に出るほうが自然な感じ。

40 :◆417iLoveLc :04/02/07 15:48 ID:PjbC1dlA
あんまりナンバとかにこだわり持たないほうがいい気が・・・
有名だから、TVで紹介されているから、自分にも必要であると言うわけではないのでは?

>>16
私には無理です、頑張って下さい


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 18:09 ID:nELP0WFC
自然にナンバを使えたら、応用で流れるように技を出せそう。

42 :35:04/02/07 22:22 ID:zHMumYeT
>>37
西洋スポーツでは身体を バネ として考えるからだ。
これは目に入らんかったのか?
>サードが返球しているとき右手と右足が出てる?
外野の返球はどう?
桑田はサードだっけか?外野か?

つーのはあげあし取りなのでやめとくが、 なんでもかんでもナンバがいいとは
言ってない。

>ドアに関しては、俺はナンバであけているが捻りであけている人もいる。
マジか? 捻るの? 開けにくいだろ?
どれどれ やってみるか・・
え〜とドアの右側にあるノブを右手でつかんだら 左足を前にと・・・
そして捻りながら開ける!
・・・

・・

ちょっとしか開かんよ・・・(TдT)



43 :35:04/02/07 23:44 ID:zHMumYeT
つーかドア引くときやったら足ぶつけたじゃないか!
ナンバだなんだよりも足ぶつけんようにしてるだけだな。

しかしドアの話題は広げたいのでもうひとつ。
引いて開けるときの身体の動きって 突きをかわす動きと同じか?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 01:18 ID:N2vvUYFl
2003年に東工大で開催されたロボット学会の全国大会でナンバ歩きの
講演があった。
それによると
1.右手と右足が一緒に振り上げられるというのは間違い。
2.ナンバ歩きってのは腕と脚の振りの位相が1/4周期ずれている。
3.理論的に見てエネルギー効率がいい。
4.ほとんど足の親指は使ってないんだと。
5.トップアスリートの一部ではそのような歩き方をする人が確かにいる。

というわけで右手右足同時に前に振り出す人は勘違い野郎。
どっかの合気道家はやってるらしいが。昔、自慢してたし。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 14:11 ID:2JR+C0fJ
>>43
日本舞踊や武道武芸などでナンバが身に付いてる人は、
意識せずに自然とナンバを応用して、
ドアを開ける→足を運ぶ→ドアを閉める
の一連の流れをすいすいと行えてるのかな。
ナンバをしてない人との動きの違いは微妙にあるかも。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 14:45 ID:2JR+C0fJ
今やってみたけど、開き戸(ドア)の場合だけじゃなくて、
引き戸の出入りでもナンバをしてる。
そのほうがスムーズな動きになってる。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 18:24 ID:BWfnJBbW
>>44
乙!
なるほど〜!

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 18:25 ID:BWfnJBbW
手と足と言うよりも、体全体の動きのことを言うんだろうね。

49 :35:04/02/08 22:27 ID:osp6rAIy
>>44
>というわけで右手右足同時に前に振り出す人は勘違い野郎。
そうそう それは只の緊張しいだ。
歩きにくいし。
>どっかの合気道家はやってるらしいが。昔、自慢してたし。
どこの合気道家だ?
>>45
差はあるのか?  まあ、なくはないかもな?
でも皆自然にやってるだろ?
足ぶつけるもんな








50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/09 03:16 ID:6pcWvxcN
ドアの出はいりの時は、みんな自然にナンバをしてる(ナンバになってしまう)んだろうけど、
普段からナンバをしてる人は、上手く言えないが後のフォローとかがよりスムーズなんじゃないかな。

51 :31:04/02/09 13:14 ID:KRMzjQiv
>>44
講演者の情報 オナガイシマスダ


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/09 19:14 ID:hCnv3OXn
相撲の擦り足とかもそうですね

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/10 00:26 ID:Jc3qmx62
>44
位相が1/4周期ずれているのは良いが、具体的にどっちが先でどっちが遅れてるのか、それを教えて欲しいのだが。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 00:42 ID:6LMu1rKf
なんばは慣性の法則です

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 01:00 ID:hs9c3Dir
いまはブームに乗っかってるやつが多いけど、どうせすぐに見向きもされなく
なるんだろーな。だいたい昔の日本人が本当に難波歩きなんてしてたのかよ?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 09:18 ID:jM6/6nIc
ナンバは捻らない自然な動きなんだろうな。
確かに体重移動とかは楽だ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 10:49 ID:TDRyyYLz
捻る歩きはナンバ歩きの簡略形。 逆にいえばナンバ歩きは捻る歩きをなめらかにしたもの。 右足を踏みだした後、左足を踏みだす前に右肩を入れることで安定感が増し省エネにもなる。 それだけのこと。

58 :md:04/02/12 02:15 ID:QxjE+Vlh
ここで提案したい。
ナンバの動き=
    股関節、肩関節の4点を結ぶ線が常時ほぼ同一平面上にある動き
    
と定義したらどうだろうか?手が前だ後ろだとかいうから話がややこしくなる
のだと思う。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 02:44 ID:fpaOn7wJ
ほんとうに人間にとって自然で効率的な動きっていうなら、他にもやってる民族が
あるはずだよね?知ってる人がいたら教えて。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 18:20 ID:4McEVVjX
スノボの動きってナンバの動きに似てない?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 19:32 ID:V4VUif88
俺の知る限りアフリカやパプワニューギニアや南米インディオにはみられない動きだ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 00:46 ID:BMA36nEu
中国拳法や太極拳とかの動きはナンバが多いみたい。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 14:43 ID:rZhN2zLn
結局手が先?足が先?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 15:10 ID:Kxzk8qJI
>>61
あの人達って、基本的に、もうどっぷり西洋化されているでしょ。

65 :GSL:04/02/13 15:19 ID:r6JlKizV
手が先か足が先かと問われれば足が先でしょう。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 15:50 ID:nhN7Hxrw
いっしょじゃねーといみねー拳法もある。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 19:31 ID:z4QegkZ+
>>63
足が先じゃないかな。
手はあまり関係なく、肩が足に付いていくような感じじゃないかな。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 21:49 ID:FCEEAJKz
>>67
そうそう  細かく言うと肩甲骨。
それと骨盤。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 23:21 ID:4160LbxH
>>67-68
なるほど。
足の運びがまずあって、骨盤、肩甲骨という感じで体がついてくると。
肩、手はさらにその後って感じなのかな。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 01:43 ID:nXgotOnj
やってみた。
振り向く時とか便利だね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 19:39 ID:TxwXsDSG
突きの動き

72 :md:04/02/15 14:39 ID:I4wHm0yz
本当の武道は、ナンバ、逆ナンバ、双方の動きのバランスから成り立っていると思う。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 17:25 ID:mglHI7cm
>>72
あーなるほど。奥が深いね。

74 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/15 17:31 ID:Pp0feikB
>73
なんかすごいレベルの会話ですねえ。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 17:39 ID:mglHI7cm
武道の動きの中には、ナンバの動きがあってこその動きがあるし、
それだけではなく、逆ナンバの動きもあるということでしょう。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 22:04 ID:EF+5wTFQ
>>59
遅レスかも知れないけど、古代ギリシャのオリンピア競技大会の短距離走を描いた壷絵や、
1928年のアムステルダムオリンピック公式ポスターにはナンバとゆうか、同側の手足が前に出ている絵がある。
どちらも絵なのではっきりしたことはわからないらしいけど。

最近読んだ本に書いてあった。

77 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/15 22:08 ID:fvSJoJPT
絵とか昔の写真とかは、あてになりませんね。

実際の動きよりも、構図ということを考えてるでしょう。
写真だって昔の写真は、長い時間じっと同じポーズを取らなければならなかったんですよね。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 22:37 ID:EF+5wTFQ
>>77
本に載ってたから鵜呑みにしたわけじゃないんだけど、そうゆう例もあったと示したかっただけ。

>実際の動きよりも、構図ということを考えてるでしょう。
 俺は構図より実際の動きだと思う。
そりゃあ構図とゆうのも考えてるだろうが。
例えば自分でそのポスターを書くことになったら、手足を前後入れ替えるか?
 たとえそのほうが絵的にバランスがいいとしてもやらないだろ。

>写真だって昔の写真は、長い時間じっと同じポーズを取らなければならなかったんですよね。
 写真ならなおさら普段してる格好でポーズをとると思う。
これも今「走っている写真を撮るので走ってる途中で一旦止まって」と言われたとしたら、
やはり手足の前後入れ替えないんじゃない?

79 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/15 22:48 ID:fvSJoJPT
>78
>例えば自分でそのポスターを書くことになったら、手足を前後入れ替えるか?

ポスターの目的はなんですか?
「写実」ですか?

>これも今「走っている写真を撮るので走ってる途中で一旦止まって」と言われたとしたら、

そんなこと言われないのではないですかね。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 23:03 ID:EF+5wTFQ
>>79
>ポスターの目的はなんですか?
 なんですかね? 公式ポスターだから「宣伝」かな?

>そんなこと言われないのではないですかね。
言われないだろうね。
だから「言われたとしたら」って言ったんだけど、通じなかったかな?


81 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/15 23:18 ID:fvSJoJPT
>80
昔の写真やエジプトの壁画とは関係ないようですね。
では。

82 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/15 23:19 ID:fvSJoJPT
ギリシャの壷絵でしたね。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 23:27 ID:EF+5wTFQ
>>81
いや 関係あるでしょ。
その話してたんだから。

あなたの質問に自分なりに答えただけ。
では。 って・・・





では。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 18:24 ID:/3qjYdQq
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1076899262/

>2 名前:帰社倶楽部φ ★[sage] 投稿日:04/02/16 11:41 ID:???
>愛知万博協会が作ったパンフレットの表紙
>http://www.asahi.com/national/update/0216/images/nat0216007.jpg
>ノーマン・ロックウェルの「春:ハイキングする二人」
>http://www.asahi.com/national/update/0216/images/nat0216008.jpg

これは正にデザインとしてのナンバ


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 20:57 ID:MsgJJivj
昔は軍隊調の歩き方なんて必要なかったからね。

86 :44:04/02/16 23:19 ID:A+bVe9+g
>>44でカキコしました。このスレの存在を忘れてました。
ロボット学会で発表したのは奈良先端大の小笠原研の方です。
ロボット研究では有名な研究室です。
タイトル「股関節の外旋モーメントにより体感を捻らない歩行「常足」(なみあし)の運動特性」第21回日本ロボット学会学術講演会予稿集
実は発表者の上田助手のHPの業績ページにPDFファイルがあります。
リンクは載せません。自分でgoogleって探してください。
それなりに専門用語が使われているので覚悟してください。
論文では「常足」となっていますが、発表者は「なんば」と同じといって
ました。発表では手と足が4分の1周期ずれるとも言ってましたが、
論文中にはそのようなことを書いてない気もします。。。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/16 23:37 ID:bHONOXlh
芝居やってたころ、役の上で必要になり、2ヶ月くらい日本舞踊を習い、
その後別の役で必要になったので洋舞を習ったのだが、
疲れてくると洋舞のステップがいつのまにかナンバになってしまう。
日舞はたった2ヶ月しかやってないのにナンバが体に染み付くとは…
日本人には自然な歩き方なのではなかろうか?

88 :SHAKE OMUSUBI:04/02/16 23:44 ID:POMsa7Yl
捻らないほうが美しいって美意識とかもあったのでしょうか?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 02:48 ID:sfINM6cb
>>88
和服着て、太い帯を巻いて腰に刀を差して、下駄で歩くと分かります。
この格好だと腰をひねるのは大変なのでナンバが楽です。


90 :汎用式半歩打ち:04/02/17 09:19 ID:SG7RY4ZB
腰を捻ると言いますが、腰とは何か?も問題では?
当たり前ですが骨盤自体は動かないので、骨盤が何に対して捻られているのでしょうか?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 12:21 ID:KFmhLAYh
>>88
それはあったんじゃないかな?
美意識の問題ってすごく大きい気がする。

いわゆるB系の格好をした若者は、やはりHIPHOPのミュージシャンのように歩く。
これは服装の拘束力よりも美意識の問題だよね。興味深い。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 14:26 ID:zgwNCuv1
ちょっとちょっとおぉ 急ぐ?お茶でもいかがですか?
あ、いいなぁ〜 かのじょぉ〜 モデルさん?
おっと、ちょっとまってぇ、あのさ、あのさ、人数合わないんだよね合コン参加してくれない?

などと、声をかけながら歩く・・・ 事?・・・

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 14:37 ID:sfINM6cb
>>92
そりゃナンパ歩きでしょ!
(うう、突っ込みが止められない自分が憎い)

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 17:15 ID:/EROT/sS
>>93
スルーされたらどうしようとドキドキしてました。ツッコミありがと!

    ∩
    ( ⌒)     ∩_ _
   /,. ノ      i .,,E)
  ./ /"      / /"
  ./ / _、_   / ノ'
 / / ,_ノ` )/ /
(       /  good job!
 ヽ     |
  \    \



95 :md:04/02/17 18:31 ID:xOHgeiFw
>骨盤自体は動かないので、骨盤が何に対して捻られているのでしょうか?

腰椎の旋回運動でつ。
外面的には、肩関節の中心を結んだ線と股関節の中心を結んだ線の位置関係。
ナンバなら、(多少ひねるが)同じ平面に存在するか、最終的に同じ
平面に収まる動き。

>疲れてくると洋舞のステップがいつのまにかナンバになってしまう。
>日本人には自然な歩き方なのではなかろうか?
ナンバは、重心の落下を使いやすい省エネルギーな運動だと言える、
だから予備動作をはずした、「素早い」動きができる。
スンケイや合気のような技に向く動きだと思う。
逆ナンバは、全身の「筋肉」を連動し加速するので「終速のはやい」
「パワーあふれた」動きとなる。だからキックの「倒すミドルキック」や走り
高跳びとかには有効だと思う。
戦況により使い分けるのがいいかと。



96 :md:04/02/17 18:38 ID:FYrQEHoX
中国武術でいえば、ヨウホスイとかの纏糸ケイの動きは逆ナンバ、
タンベンのような十字ケイの動きはナンバなのではと思う。
特に八極拳は心眼流に似ているといわれるように、ナンバ的な
拳法だ罠。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 18:46 ID:L3TZy2LR
ナンバ歩きは2回したで
万博の帰りにおとんとしたのが ナンバワン
去年通天閣へいった帰りにしたのが ナンバツウやな
わいは埼玉県民やさかい ナンバあるきようできへん ほなさいなら

98 :md:04/02/17 19:04 ID:wJ++JHOm
補足:
解剖学的には、胸骨は左右の側ワン(胴体力でいうところの伸び縮み)
は出来るが、回旋はほとんど出来ないらしい。だからひねりの動きは
ほとんど、肩胛骨の動きと、腰椎と腰仙関節の旋回に
よって決まる。
そして、整体的には腰椎3番が旋回運動の中心らしい。確かに解剖図を
見ると、脊椎のS字カーブのかねあいで3番だけが地面に水平に見える。
ちなみに一番が脊椎の伸び縮み(胴体力とは定義が違う)、2番が横の
屈伸、4番が骨盤の開閉、5番が前後らしい。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 19:41 ID:E3SxScAZ
>>98
難しい事は、よく分からないけど
ナンバ歩きは、解剖学的に自然なあるきかたなの?
それとも、服装等により自然に矯正された歩きかたなのでしょうか?

100 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 19:44 ID:EMfJqDNw
ここももう終わりですね。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 19:54 ID:5QK/6ZYc
>>100
自分の都合だけでスレッドを誘導しようとするのは感心しないな。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 19:55 ID:bORSd+yq
そんなやつだもん

103 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 19:56 ID:EMfJqDNw
都合なんてありませんし、誘導もしてませんがねえ。

あなた方、これから先、ここが有意義な展開になると思います?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 20:00 ID:m8B7DJp/
>>99
>ナンバ歩きは、解剖学的に自然なあるきかたなの?

漏れもそこが知りたいです。
どこかで、だれかが、「元々は全人類がなんば歩きだったそうな」、と言っていたが。



105 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 20:03 ID:EMfJqDNw
>104
あなたの言うナンバって何なのですか?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 20:26 ID:5QK/6ZYc
自分がよく知らない事に関しては、「あなたの(よくしらない)は何?」と聞くのね。

107 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 20:33 ID:EMfJqDNw
>106
そういうことではありません。

ナンバという言葉自体がまるで定義されていませんよね。
それなのに、それぞれの人が自分の定義を語らず、ナンバという言葉を使って突然喋りだし、また他の人がその人に質問したりする。
この人たちは一体何を話しているのか、僕にはちっともわかりません。
こんな会話がこれから先も繰り返されていっても、有意義な展開になるとは思えないのですね。

たとえばですよ。
95、99、104の人たちが使ってるナンバの意味、あなたにはわかりますか?
僕はわからないから、わかろうとして聞いているのですけどね。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 22:00 ID:44hDhD47
このスレッドの流れとは関係なくもっと昔に成立した固有名詞の定義をいちいち掘り返す糞コテは失せろ。
どうしてもナンバの意味が判らない、そしてナンバに興味があって知りたいってんならググれ。文献漁れ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 22:09 ID:m8B7DJp/
>>107
>ナンバという言葉自体がまるで定義されていませんよね。

たしかにおっしゃるとおりかもしれませんな。
まず最初は、「なんば=同じ側の手と足を同時に出すこと」、ということだと、世間で思われました。
でも、その次に、どうやらそんな単純なことではないらしい、ということがすこしずつわかってきましたが、
でも、まだ、はっきりしてませんな。(漏れが知らないだけで、実はもう、はっきりしているのか?)

甲野さんと、他のひととは、また微妙に違うようだし。
漏れも雑誌や本をパラパラ見ているだけだから、なんともわかりまそん。
みんなはわかってる? もうなにか定説はあるの?





110 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 22:14 ID:EMfJqDNw
>108
あなたはナンバの定義が各人各様であることを知らないのですか?
だとしたら、あなたのほうこそナンバについて勉強されることをお勧めします。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 22:29 ID:44hDhD47
>110
オレの情報源は去年廃刊した謎の総合スポーツ誌「アスラ」と
木寺英史氏の著作「本当のナンバ 常歩」をベースにしている。
詳しい定義はここにいちいち書き込むのも面倒なので木寺氏のサイトを紹介するに留める。

常歩秘宝館 ttp://www.namiashi.com/hihoukan/


112 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 22:32 ID:EMfJqDNw
>111
それでから?

113 :汎用式半歩打ち:04/02/17 22:42 ID:SG7RY4ZB
>あなたの言うナンバって何なのですか?

いきなり聞かれても困るよね。
質問の目的が分からないと答えようが無いし。
突然「合気道って何?」と聞かれても答えられないのと同じでは?

114 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 22:49 ID:EMfJqDNw
>113
定義の決まってないものは、聞かれる前に自分はこれこれこう考えている、と言って参加すべきじゃないですかね。

>突然「合気道って何?」と聞かれても答えられないのと同じでは?

僕はその人の考えるている意味を聞いています。
漠然と「ナンバって何?」とは聞いていません。
僕の考える合気道を聞かれれば、僕は答えられますよ。
「合気道って何?」では答えられませんけどね。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 22:57 ID:44hDhD47
>112,114
厳密な定義を要求するのは良いが、これまでにこのスレでカキコしてた人達は
曲がりなりにも「ナンバ」という言葉を使って意思の疎通、情報交換が成り立っていた訳だ。
それに釘刺してチンプンカンプンだってのは、君の読解力が足りないだけじゃあないのか?

116 :汎用式半歩打ち:04/02/17 23:00 ID:SG7RY4ZB
>僕はその人の考えるている意味を聞いています。

だったら「ナンバ歩きは、解剖学的に自然なあるきかたなのかどうか、そこが知りたい」動作
が答えなのでは?

117 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 23:01 ID:EMfJqDNw
>115
>それに釘刺してチンプンカンプンだってのは、君の読解力が足りないだけじゃあないのか?

わかる人、わからない人がいます。
わかる場合は何も言いません。
わからない場合は聞く。
当たり前のことじゃないのでしょうか?

ではあなたにもお聞きします。
95、99、104の人たちが使ってるナンバの意味を説明してみてください。



118 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 23:02 ID:EMfJqDNw
>116
どんなナンバ歩きのことを、自然な歩き方かどうか知りたいのでしょう?
説明をお願いします。

119 :汎用式半歩打ち:04/02/17 23:05 ID:SG7RY4ZB
>118
すこし詳しくなりましたね。そんな感じです。
そういう分かり易い聞き方をして下さい。

120 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 23:05 ID:EMfJqDNw
これもお願いしますね。

「元々は全人類がなんば歩きだったそうな」

全人類がしていたというナンバ歩きとは、どんな歩き方ですか?

121 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 23:07 ID:EMfJqDNw
>119
あなたの頭の程度までわかりませんもので。



122 :汎用式半歩打ち:04/02/17 23:11 ID:SG7RY4ZB
>121
ええ、ですから出来るだけ分かり易くレスして下さい。
私は無関係な立場であっても分かり易い掲示板が好きなんです。

123 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 23:14 ID:EMfJqDNw
>122
あなたの好き嫌いはどうでもよいです。
ま、わかりにくいと言われれば出来る範囲でわかるように努力はしますがね。

で、わかったところで118と120の回答は?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 23:17 ID:44hDhD47
>117
>95、99、104の人たちが使ってるナンバの意味を説明してみてください。
「ナンバの意味」つっても、この人たちが「ナンバと呼ばれる内、ある特定の動作」を指しているとは考えにくい。
むしろ「ナンバと呼ばれる動きのうち、どれかは解らないが一部の動作」を指していると思われる。
>95の場合は「>重心の落下を使いやすい省エネルギーな運動」を特徴とするナンバ、
>99,104の場合は残念ながらナンバに詳しくない人の初心者じみた質問ぽいので定義不能。
ただしナンバと呼ばれる動作の内に「>解剖学的に自然な」動作や
「>服装等により自然に矯正された」動作が含まれる可能性は考慮に値する。

125 :汎用式半歩打ち:04/02/17 23:18 ID:SG7RY4ZB
>で、わかったところで118と120の回答は?

私も知りたいですね。
104氏はもう居ないのでしょうか?


126 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 23:22 ID:EMfJqDNw
>124
>99,104の場合は残念ながらナンバに詳しくない人の初心者じみた質問ぽいので定義不能。

初心者かどうかわかりませんが、初心者にしても初心者なりのイメージがあるものでしょう。
だから僕はそれを聞いているのですよ。
イメージや定義がわかれば、それに対しての意見も述べられます。
そうやって会話というものは進めていくものではないのですか?
相手の言葉の意味も定義も理解せず、会話が成立するのでしょうか。



127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 23:32 ID:44hDhD47
>126
残念ながら、コチトラ仕事の都合で相手のイメージを聞いてそれに意見するなんて悠長な真似は好まん。
俺が但し書きを設けた通り、「ナンバの中にそういう動きが含まれる可能性」を述べ、
続いて具体的に「どのナンバが最も自然な動きか(または着物に強制された動きか)」などを議論する、
という話の進め方を好む。だから、相手がイメージするナンバがどうとか、そんな物は相手にしない。

とゆーか、オマイの質問の仕方はそーゆー「言語の幅」を塞ぐ質問だし癪に触る。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 23:33 ID:sMVm0AYH
ナンバ歩きしてみたよ。
感想。ナンバ歩きってなんか楽しいw
動きが便利になった気分になるw

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 23:35 ID:CisnEm6l
定義があらかじめはっきりしているにこしたことはないが、会話を通して
相手の定義を推し量りながらすり合わせていき、最終的に相手の考えを
確認しあうのが大人の会話。
「お前の定義がはっきりしないから意見は述べられん」と言うなら、
はじめから会話に参加しなければいい。
定義をはっきりしてほしいならはじめから素直にそう言えばいい。

相手をやり込める目的で議論を吹っかけてくる「かまって君」は
実際よくいます。「ああ言えば上祐」状態になるので相手を
するのは他所でやりましょう。

この板の人はみんなわかってると思いますが。。。

130 :104,109:04/02/17 23:38 ID:m8B7DJp/
おそくなりました。
確かに漏れも、明確に定義づけはしていませんでしたな。
いくつか、本を見ても、なにやら微妙にちがうようですし。

ただ、大まかとしては、「手と足が、 同 時 、も し く は、 近 い 時 期 に 出 る」歩き方、
というのがベースのイメージです。
それプラス、研究者や、発表者によって若干違いがあるようだな、といった認識ですね。
このスレの前の方で書かれていたように、、足や、肩、肩甲骨との連動の問題もあるようですし。
「全人類が〜」というのは、何で読んだかは覚えていませんが、
似たようなので、「なんばは東洋だけでなく、世界中で行なわれていた」、
というのもなにかで読みました。
いずれも、その文中では、筆者は、ナンバの定義を厳密には行なわず、
いわゆる「同じ側の手と足を同時に出す」、といった程度の定義で、論を進めていたように記憶しています。


131 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 23:40 ID:EMfJqDNw
>129
>定義があらかじめはっきりしているにこしたことはないが、会話を通して
>相手の定義を推し量りながらすり合わせていき、最終的に相手の考えを
>確認しあうのが大人の会話。

そのために僕は質問したのですよ。
それをするなとか言う人がいるからおかしくなるのですよね。

130のように素直に答えてくれれば、そこからまた会話が進むのでしょう。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 23:44 ID:lVdB0Upz
と言うかほとんどの人が名無しなのに、会話を通して
相手の定義を推し量りながらすり合わせていく なんて出来るか?

この話題を続けるなら、みんなでコテハン(ステハンでもいいが)つけて、
誰がなにを定義としているかわかりやすくすればいい。

以上 名無しの提案でした。


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 23:53 ID:44hDhD47
>131
>そのために僕は質問したのですよ。
漠然と、しかも直接的な質問しか出来ないって事はそれだけオマイの国語能力が足りんて事だ。
まずは話を軽く合わせて、その上で自分のイメージとの違いを指摘して質問するのが筋。
オマイのやり方は、例えるならナンパの時にいきなり「ヤらせろ」って迫るようなもんだ。
見苦しいは理解に苦しむは言われた方は溜まったモンじゃあない。鍛え直せ。

>132
>と言うかほとんどの人が名無しなのに、会話を通して
>相手の定義を推し量りながらすり合わせていく なんて出来るか?
ID見ろ。あとはレスアンカーを追いかけてどの話の流れに乗った発言なのかを追いかけろ。
それだけできればコテハンや捨てハンは必須ではない。たまには混乱が生じることもあるが。
第一、どれだけの厳密さで言葉を扱うかでやり方は大幅に変わる。
俺なんかはかなりアバウトな言葉の定義から複数のイメージを同時に運用するから定義の混乱は殆んど無い。

134 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/17 23:57 ID:EMfJqDNw
>103
そういうナンバなら、人間はごく普通にごく自然に、必要に合わせて行うのではないでしょうか。

僕は基本的に「ナンバ=難場」と考えていますが、「ナンバ=南蛮」という可能性もあると考えています。
南蛮とは西洋人のことですが、南蛮人が日本の足場の悪い土地を歩く際、慣れた日本人と比べて、
特に大袈裟な動作で手足を同時に動かして歩いたのかも知れない。
その格好が珍しいので、南蛮人の歩き方として南蛮歩きという言葉が出来たかも知れないと考えています。

135 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/18 00:00 ID:CSePOLRp
>133
漠然も何も初めて登場した104の短文に対して、何をどう聞けばよいのでしょうかね。
それに104の人は、もう素直に回答してくれてますよ。

>見苦しいは理解に苦しむは言われた方は溜まったモンじゃあない。

あなたの勝手な妄想では?(笑)

136 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/18 00:00 ID:CSePOLRp
134は>>130に向けてです。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 00:05 ID:GlXE0xC/
>133
>残念ながら、コチトラ仕事の都合で相手のイメージを聞いてそれに意見するなんて悠長な真似は好まん。

とか言ってるけどレスアン追って誰がどんな事言ってるのを調べる余裕はあるんだな?
そっちのほうがよっぽど面倒じゃないか?
IDなんか変わるし。

138 :104,109:04/02/18 00:06 ID:nKRDzg5P
まあ、とりあえず便宜上、130で書いたイメージで書かせてもらいますが、
そのように、洋の東西を問わずに、「いわゆるナンバ」が存在したのなら、それは単に文化、土壌、生活、
によるものではないのかもしれない、人間の身体の構造からくるものなのかな?
と思ったものです。

それまでは、「東洋ではナンバ歩きをしていた」、のように言われていたので、
それは、服装等、生活、文化、によるものなのか、と漠然と考えていたのです。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 00:06 ID:FcrM3vxv
>135
>漠然も何も初めて登場した104の短文に対して、何をどう聞けばよいのでしょうかね。
>124を見て理解できないんだったらここで話進めるの止めろ。オマイに合わせてバカに言い含める義理は無い。

>>見苦しいは理解に苦しむは言われた方は溜まったモンじゃあない。
>あなたの勝手な妄想では?(笑)
オマイの質問を受けたオレの率直な感想だが、それが如何なる根拠で「妄想」だと?
とりあえず、オマイは幼稚園の先生に絵本読んで貰う所から国語をやり直したらどうだ?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 00:11 ID:FcrM3vxv
>137
リアルタイムで長い間一つのスレで話し合ってれば自然と流れは頭に入ってるもんだ。
いちいち原点回帰の質問を間に挟むと、そういう流れが絶たれるってリスクもあるし。
厳密な言葉の定義なんてのは論文書く時で沢山だ。

途中からスレに参加するとき?せめて最新レス20とか50とかぐらいは読んでからってのがマナーじゃねーの?

141 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/18 00:13 ID:CSePOLRp
>140
>リアルタイムで長い間一つのスレで話し合ってれば自然と流れは頭に入ってるもんだ。

そういうご本人が、まるでスレの流れが頭に入ってないようで。(笑)

>途中からスレに参加するとき?せめて最新レス20とか50とかぐらいは読んでからってのがマナーじゃねーの?

当たり前ですね。
僕はこのスレ、最初から見てますし。

142 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/18 00:16 ID:CSePOLRp
>138
もし、西洋では普通に歩いていた人たちも、東洋や日本に来ればナンバになる。

としたら、西洋と東洋の違いは何か。
それは道が舗装されているかいないかではないか。

僕はそう考えましたね。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 00:20 ID:GlXE0xC/
>140
>リアルタイムで長い間一つのスレで話し合ってれば自然と流れは頭に入ってるもんだ。
仕事の都合で相手のイメージを聞いてそれに意見するなんて悠長な真似は好まん。
とか言ってるわりに、流れ は頭に入るんだな?
どんな都合なんだよ?


>途中からスレに参加するとき?せめて最新レス20とか50とかぐらいは読んでからってのがマナーじゃねーの?
そんなもん聞いてないし 当たり前のことだろ?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 00:35 ID:GlXE0xC/
ちなみに俺は着物と履物の違いかと思ってます。
でも「ナンバ」の語源は「南蛮」からきてる気もします。
昔はよくそうゆう風に言葉が変わるのあったんですよね?

「タイフーン」が「台風」とか。
これは違うか

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 00:40 ID:FcrM3vxv
>138
「本当のナンバ 常歩」の記述を信用するなら、人間の身体構造、特に股関節の構造によって
理想的な足の進め方が定義されます。具体的には「膝とつま先を外に向け、体重は足の外側にかける。
この状態でそれぞれの足をそれぞれの股関節を中心とした軌道、イメージとしては足をやや開いたままで歩く」
ような動きが理想と言えるようです。この足の運びで、かつ骨盤を捻らないようにして歩くのが理想形ですが、
足の振りに対してバランスをとる時に胸や肩の動きでバランスをとると自然とナンバに近い動きになるようです。
このような動きは5歳ぐらいまでの子供の歩き方に特に顕著に見られ、この子供の歩き方には洋の東西を問いません。
ちっちゃい子供の歩き方を良く観ると、全身のバランスを前に傾けた状態であまり腕を振らずに歩くのが解ります。

146 :md:04/02/18 01:10 ID:wipmx/FA
95だけど

:md :04/02/12 02:15 ID:QxjE+Vlh
ここで提案したい。
ナンバの動き=
    股関節、肩関節の4点を結ぶ線が常時ほぼ同一平面上にある動き
    
と定義したらどうだろうか?

折れの考えるナンバは定義したんだが。95にしても定義みたいな説明だと思うが。
それと、何かの本でナンバの語源は南蛮からと言うのは読んだことがある。
それが本当か嘘かは知らないが、言葉というのは変化するから、当時の
南蛮人のような動きの大きさを協調した動きをナンバと言ったのかも知れないが、今は
上記のような定義で使う人が多いと思う。それと近代になってナンバを言いだした人(
甲野さんの意見の元ネタとなった人)は最初手と足の出し方について言っていたが、
実はよくよく考察すると、本質は手ではないと言うことに落ち着きつつあるのだと思う。
手足の出し方だけなら、陸上の選手も、バスケの選手もナンバを行っていないという風に
結論づけられる
甲野さんにしても、何となくナンバかなと考えていても、元日には手と足が
同じ側を出したみたいな定義しか出していない。
昔の歌舞伎役者が「極めポーズ」としてやっていた同じ側の手足を出し
大げさにポーズってるのを、ナンバと言うようになったんだと推測する。
そして、最近の言い出しっぺが、そこから「大きく見せる」部分を抜いた
体動を古いビデオと最近の人の動きを比較して言い出して、それが
一人歩きしているんだと思う。



147 :md:04/02/18 01:16 ID:wipmx/FA
>骨盤を捻らないようにして歩

骨盤は解剖学的にもひねれないと思う。多少仙腸関節に可動性が
あるのだが、外観的にはそれは判明しない

で、常歩にしても、常歩剣道の人は所謂ナンバとは定義が
ちがう。そもそも剣道や居合い自体ナンバの動きなんだが。
送り足を歩み足にしただけ。常歩剣道と言うより歩み足
剣道というのが最下位だと思う。そもそも送り足自体、
ナンバの動きなのだから。一見ナンバでないように思われがちな
のは、軽い竹刀を振り、かつ飛び込んで面を打つからだよ。

148 :104,109,130:04/02/18 01:21 ID:nKRDzg5P
>>142,145,
ありがとうございます。

>>142
道が舗装されていたから、西洋ではナンバにならなかった。
なるほど。 そうすると、洋の東西で、やはり、違いはあった、ということなのですね。
それとも、元はナンバ(的)であった(かもしれない)が、道路の舗装等、生活環境の変化で、次第にナンバから
脱却していった、ということなのでしょうか。

>>145

子どものころはナンバに近かった、というのは理解できますね。
わたしも幼稚園のころまでは、手足が同時だったことはよくありました。
赤ちゃんの這い這いはどうだったか、フリークライミングはどうだったかと、
今思い返しています。



149 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 01:44 ID:3VY+N1Jq
道路の舗装は、理由にならないんじゃない?
田舎の道が整備されて、生活様式ががらっと変わるのはTVが普及してからかよ
そうだとすると、戦後少したつまで、田舎の人はナンバ歩きしていないと変じゃない?
西洋にしたって、鋪装されてるのは基本的に街道と都市の城郭(街の門内)だけで
その他の、村や町が鋪装されたのはそんなに昔じゃない

150 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/18 01:45 ID:CSePOLRp
>149
あなたの言うナンバ歩きとは?

151 :149:04/02/18 02:04 ID:3VY+N1Jq
ナンバが何かは、概念的にはよく分からない
元治元年生まれの祖父母(故人)がいる祖母に聞いても、今の人と歩きかたは変わってるとは思わない
って言ってるくらいなんだから、見ためにはそう変わらない歩きかたじゃないかな


152 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/18 02:09 ID:CSePOLRp
>151
>元治元年生まれの祖父母(故人)がいる祖母に聞いても、今の人と歩きかたは変わってるとは思わない

僕もそう思いますね。
江戸時代だって、平安時代だって、今の人とほとんど変わらない歩き方と思います。

でも、これからはわかりませんね。
現代の若者や子供たちの歩き方、確実に僕たちと違います。
僕は危機感を覚えてます。

153 :149:04/02/18 02:19 ID:3VY+N1Jq
>でも、これからはわかりませんね。
確かに、そうですね
最近の子供は、アヒル座りでの長時間のゲーム等で
骨盤が異常に変形(開いている)している子供が多いみたいですから…

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 02:32 ID:6TzFlylA
ナンバは右手と右足、左手と左足が同時に出る歩き方、走り方。
今の人が着物を着ると着崩れるから、昔の人と歩き方が異なっているのは明白。
ナンバを、着物が着崩れないような、上半身を下半身に対してねじらないような
歩き方、走り方という意味で「ナンバを意識する」などいう言い方をする例も
最近にはある。

155 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/18 02:37 ID:CSePOLRp
>154
右手と左足、左手と右足でどうして着崩れて、そうじゃなきゃ着崩れないかわかりませんね。
それって単に余計な動きをしてるだけでしょう。
右手と左足、左手と右足でも捻らない歩き方十分出来ます。
というか、普通は捻れませんよ。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 02:51 ID:xDleUlAm
「はるか昔の人類は全員ナンバ歩きだった」って、何を根拠に言ってるか知りたいですね。
少なくてもおサルでナンバ歩きしているのは見たこと無いですから、違うんじゃないかと思います。
大型猿は腰をひねって歩きますし、小型猿は半身で飛びます。
どちらもナンバでは有りません。
ですから人類は昔からナンバではなかったのではと思います。

157 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/18 02:53 ID:CSePOLRp
>156
あなたの言うナンバは?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 03:15 ID:xDleUlAm
>>157
右足と右肩が一緒に前に出る。もしくは左足と左肩が一緒に前に出るというもので考えています。
腰のひねりで進むのではなく、体の回転(?)によって重心を進める方法と理解しているので・・・・。

甲野さんの考えるナンバ歩きをイメージしています。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 06:08 ID:4i7sBksP
検索したら、たくさん出てきた。
ナンバって有名なんだね。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 07:07 ID:AnqMje3A
>>155
普通かどうかが定かでないので議論になっているので、
そこの部分を独断で断言されてもそれは議論の全体が把握できていないと言っているのと同じで・・・

161 :ttdd:04/02/18 08:49 ID:hzLQ4mF4
参考までに。
ナンバは馬で云うところの側対歩です。
普通の馬は斜対歩。対角線ノア氏が同時に動きます。
側対歩の動物はキリン、らくだが有名です。足の長い彼らは
斜対歩だと足がもつれてしまいます。
馬ですが、側対歩は先天的にそのような歩調をとるものと、
親の歩き方をまねて後天的にでるものとがいます。
モンゴルでは側対歩の馬だけのレースがありますが、普通のレースと違って
距離が短い。理由は馬が疲れるのがはげしい。とのことです。
「一般的に」云われることは側対歩の馬は上下の反動が少ないので弓騎射
をするときに良いと云われます。私も側対歩の馬に乗ったことがありますが、
確かにはは無く乗りやすい。

162 :145=二軸マン:04/02/18 09:30 ID:Sq3FOo5x
寝てる間に議論が進んで、捨てハン名乗らないと議論が滞ると判断。とりあえず「二軸マン」と名乗ります。

>147 md氏
「骨盤を捻らないように」というのは、骨盤を変形させるという意味ではなく、
骨盤を剛体として定義した時にその進行方向への軸が角運動しない事を指すつもりでした。
言い換えれば「二つの股関節を結ぶ線が常に揺らがずに真横を向く」とも表現できます。
まあ勿論、厳密には例えナンバだろうがある程度の揺れは生じますが。

ちなみに、この定義の場合「半身の動きは考えない」という条件において、貴方の定義
「>股関節、肩関節の4点を結ぶ線が常時ほぼ同一平面上にある動き」に大分近いものとなります。

>そもそも送り足自体、ナンバの動きなのだから
仰る通り。送り足を安定して進めるためには「股関節は2つある」という事を身体感覚として
捉える必要があると感じます。剣道を始めたばかりの事を思い出すと、股関節の感覚が
送り足に慣れる前と後で随分違った事を思い出します。


>148 >104氏
>赤ちゃんの這い這い
直立四足歩行動物の場合、歩く時に最も効率の良い動作は後足が前足よりも半テンポ先に動く動作だとか。
馬でいうところの正に「常歩」です。赤ちゃんの這い這いを観察した事はあまり無いので良く解りませんが、
ひょっとしたらこの時から既にナンバの動きに通じるテンポは人の体に刻まれているのかもしれません。

>フリークライミング
常に四肢のうち3肢を足場に引っ掛けて1肢のみを移動させる動作が基本となるフリークライミングは
歩くという動作とは根本が異なるのであまり参考にはならないと思います。

163 :万有愛護♪ ◆YNJHAJIMEY :04/02/18 14:10 ID:CSePOLRp
>160
武道の道衣ってのもほとんど和服ですよね。
皆さん、そんなに普段と違う歩き方してますでしょうか。

お正月などの着物の着崩れの原因の多くは、大股で歩きすぎることであると思うのですが。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 15:34 ID:/qnqOnaT
>着物の着崩れの原因の多く

これってナンバ歩きで解決できるの?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 23:23 ID:+9WXo/Ki
>>129
うん、すごく納得できる意見だ。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 01:22 ID:iu1ms/Ec
>>164
単に着付けする人の技術もあるから、一概には言えない。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 07:48 ID:8gorwx8b
昔は〜な歩き方だったとかナンバは〜という漏れは定義するとかって話も
いいんだけど、それがどのような理屈で何かしらいい効果を生むのかって
言える人いる?

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 16:38 ID:YCWWzMP6
>>167
すまん 煽りでもなんでもなく
激しく判りづらい日本語なんだけど。

169 :167:04/02/20 17:34 ID:8OydwTVl
ごめんよ。たしかにわかりにくいね。
ナンバの効果とその理論的な根拠とは?を知りたいって意味。

人によってナンバの定義が違うようだし。
でも何かしら良い効果があると思ってるんでしょ。
「昔の人はやってたからイイッ」とか「着物着たら自然にナン
バになるからイイッ」という観念的なものじゃなくて、もうちょ
っと科学的な根拠があると説得力があるのではないかと思った
わけ。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 17:41 ID:nvNMlJFs
>>169
横レスだけど、
「なんば」というのは、右足が出るときに右手が、
左足が出るときに左足がでるような歩き方、走りかたです。元の意味で。
なんばの場合は、上半身の反動で、例えば右手を振り出しながら
左足を蹴り出す、とかそういうのが無いので、歩幅はどちらかというと
小さくなります。着物が着崩れない、というのもそういう理由です。

最近は陸上でナンバという語は流行していますが、これは上の
「上半身の反動を利用しない」という意味で使われています。
ナンバ的、ナンバを意識した走り、などと使われますが、
意味はそういう意味です。

171 :  :04/02/20 17:59 ID:kSH+Ehyq
我々が普段使っている病気の名前でも、医師のカルテでは記載されている
名前と違うものがあります。これは通称であり正式な医学用語では
無いということです。科学的に考えるなら、きちんとした新語を作るべきでしょう。
運動の形態からいうと
1.最初腰と肩が同じ向きであり、運動の最後で右腰が出ると同時に左肩が出る
2.両方とも同じ
3.最初は肩と腰がひねられており、運動の終末で同じになる。
の3種類に分けられます。通常2,3がナンバと呼ばれているみたいです。
1.逆体動
2.同体動
3.順体動
っていうふうに分類できますね。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 18:03 ID:/jiYwzCo
まああくまで体の動かし方なので、同、順体動がいつもどんな場面でも
逆体動よりすごいというわけではないでしょう。
個人の体質、性格、その場の状況、服等その場において一番いい体動を
取るのがいいでしょう。
絶対的に昔の人の動きがいいというわけではないと思います。
それは、理論家のそうあってほしいという願望でしょう。
少なくとも、かけっこでは、江戸時代の8割以上の人が現代人に負けます。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 22:23 ID:wuBaoXoo
>>170-172
おおっ、勉強になるなあ。
どうもありがとう。

簡単に言えば、「ナンバ歩き」にも二種類に分けることができるということかな?

現代の「行進」や「スプリント走り」に対になる言葉として、「ナンバ」という広い意味での言葉が抽象的に使われてる、と。
で、実はそれに対する意味での「ナンバ」の中にも二種類があると。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 22:23 ID:wuBaoXoo
>>170-172
おおっ、勉強になるなあ。
どうもありがとう。

簡単に言えば、「ナンバ歩き」にも二種類に分けることができるということかな?

現代の「行進」や「スプリント走り」に対になる言葉として、「ナンバ」という広い意味での言葉が抽象的に使われてる、と。
で、実はそれに対する意味での「ナンバ」の中にも二種類があると。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 22:24 ID:GBX+q5NN
おーぃ、ハジメが大道塾に出るそうだぞ。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 22:46 ID:w+GYH6rk
>175
出ないらしいよ。
つーか関係ねーとこでいうなや。

177 :md:04/02/20 22:47 ID:N+70dXBY
http://www.namiashi.com/hihoukan/

ここでは2直線歩法=常歩(なんば)と論じているが、
2直線歩法も1直線歩法もともになんばで行える。
大工さんが木材を持ってハリの上をあるく時は、運ぶ物が不安定になる
逆なんばでもだめだし、2直線でも落ちる。1直線のナンバだ。
逆に俺は、2直線の逆なんばで歩くことが多い。
2×2の4通りの歩き方があるというのが正解だ。まじめな人たちが
わざわざ常歩と名を代えて研究しているところを荒らしてもいけないし、
彼らは自分たちの意見を変えないだろうからここで書き込んでおく。

また、甲野さんたちはなんばを使えれば、有名格闘家より強くなれるみたいな
なんば=秘伝=神秘みたいに言っているが、これも間違い。
ロータリーエンジンはどんな4ストロークエンジンより早いと言っているようなもの。
2ローターのエンジンは、12気筒のターボつきエンジンよりはるかに
弱い。
大事なのは、エンジンの原理より、どこまでその原理のエンジンを
突き詰めるかだと思う。
一番なのは、自分の戦術、個性により、適度に両体動をバランスさせ、
自分の「技」を練り上げるかだと思う。

>>171 俺個人はそれでいいが定着しないだろう。
君がHP立ち上げて研究の成果を発表して広めるしかない。
次から俺もその名称を使おうか?

178 :md:04/02/20 22:53 ID:N+70dXBY
逆体動は筋肉の連動作業による最大加速に向いている。
順体動は重心移動の利用によるすばやい動きに向いている。
同体動は重心の落下の利用による瞬間的な撃力に向いている。

と、俺は思うのだが、皆さんはどう思う?

179 :md:04/02/20 22:56 ID:N+70dXBY
逆体動はその代わり体力を消耗する。
順体動、同体動はその代わり最大加速は得られない。

と、俺は思うのだが、皆さんはどう思う?


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 08:12 ID:BahRn2L+
車のエンジンの例えはなんとなくわかるなあ。
さらに言えば、
平地のゼロヨンに適したエンジン、峠道の登りに適したエンジン、峠道の下りに適したエンジン。
どれも違うからね。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 08:52 ID:BahRn2L+
(逆・同・順)体動×(二直線・一直線)歩法

体動は三種類、
歩法は六種類、になりますね。
実際の歩法はそこまで分けなくていいでしょうけど。
ナンバとそれ以外の二種類に分けられているものの内訳は、
逆体動から同体動未満が現代人の歩きで、同体動から順体動が広義のナンバと言われてるものですね。

182 :*カマツカジン子*:04/02/21 09:42 ID:CyAuI8Ax
「ナンバ歩きで奇跡が起こる!」とか言う本が売ってたよ。
どうみても占い系だった。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 09:52 ID:mR2JfaNJ
181の「広義のナンバ」については下の本に同じ内容が載っています。

「奇跡」のトレーニング
小山 裕史 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062122170/qid=1077324479/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-6134786-1395553

とはいえ、この人の「初動負荷理論」というのは初期のものとは内容が全く変わってしまっています。
「広義のナンバ」をナンバと言う語抜きでもっともよく説明した本が上のものと思われます。
本の中にはナンバ批判も載っています。ナンバファン必読!

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 11:15 ID:tI6BUOAR
>>177
>甲野さんたちはなんばを使えれば、有名格闘家より強くなれるみたいな
>なんば=秘伝=神秘みたいに言っているが、

そこまで言ってたっけ?

185 :md:04/02/21 11:47 ID:r762Ltwc
>>181

>体動は三種類、
>歩法は六種類、になりますね。

あっ!!、そうだね。ウカーリしてた。

>>184
飛脚はナンバで走るから今の人より速いとか、昔の人は凄い体術で
一飛びで屋根の上に上がったとかみないな書き方をしていた。
で甲野さん自体は、同じ年の陸上選手と競争して確認しようとは
考えないんだよね。自分がマスターして、同じ年齢、才能、練習時間
の人と比べるのが理論の一番の説明になると思うのだが。
結局甲野さんのは「感性理論」であり、こうあってほしいという「願望
理論」だと思う。ただ、ここまで「ナンバ」や「古武道の体動」を
普及した実績はあると思う。甲野さん松田さん、実技者としてすごいわけでなく、
理論家ですごいわけではないが、紹介者としては功績大だね。
これからは、後輩の理論をきちんと聞いて、正しい解説をするように
したらいいと思う。


186 :md:04/02/21 12:03 ID:r762Ltwc
筋肉ダルマの小型プロレスラーみたくなるのもアレだが、
体動エクササイズばかりして、ガリオタ、デブオタみたく
なるのも考え物。
適度にインナーマッスルとアウターマッスルを鍛え、
その上で各自の武道に合う体動のエクササイズをするのが、
武道として理想だと思う。そしてその体動の歩法の根元が

>逆体動、順体動、同体動
であり、
それに加えて胴体の前屈後屈や、左右屈、
(捻りはすでに逆体道として出た)それらの混合、
肩胛骨の柔軟な動き(股関節の動きは歩法に付随する)、
四肢の連動、それらの混合や、それらの固定、首の位置の工夫
等により、武道としての体動が完成されると思う。
その基礎の上に、攻防の体系、拍子、陣構え、相対的体勢、
戦術戦略、心の修行、(物事の根本原則の)学習をすることが
武道修行だと思う。


187 :md:04/02/21 12:10 ID:r762Ltwc
それらをきちんと研究し、日常の生活が「武」になれば、
「練習時間」としては一日2時間半以下でも十分に効果が上がると思う。
そして、その余力を、各人この国をよくするようにがんがればいいと思う。
一流の技術者・労働者と2流の役人・政治家、3流のエコノミスト・経済者
が日本の実体だ。(特にエコノミスト、銀行家等にはこの国を「はげたか
ファンド」に荒らされアメリカの経済植民地化傾向の戦犯としての責任が
あるのだが、この件はここで語る問題ではないのでこれ以上は言わない)


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 17:50 ID:u21XgNGt
甲野さんの紹介者として功績大っていうのはわかるんだけど、
普通、紹介者には紹介者としての立場なり、目的って言うのがあるんじゃない。
結果的に紹介者として功績大だったわけだけど、その代わり過去関係のあったところを
語り散らし、伝書を読み散らし、あやふやだけど興味本位な部分だけが先行していく
風潮が生まれたのじゃないかな。「ナンバ」なんてまさしくそうだと思うけど。


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 17:53 ID:UDibpp7u
>>188
甲野さんの一番力が入っている仕事は、「剣の精神史」での
無住心剣流批判とか、いちれんの精神主義批判と思われるよ。

ナンバはたまたまそういうネタがあったのに世間が飛びついたので、
「ナンバとは?」のような著書があるわけではない。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 18:04 ID:u21XgNGt
>179・180

エンジンに点火のタイミングってあるように思うんだけど(詳しく知らないけどね)
最大加速に順体動的な動きを稼動させるには、超多気筒エンジンにして、点火タイミングを
高速に循環させるようなイメージなんだけど・・・。

気筒の大きさ・数を瞬時に変化させて対応するという意味を考えるには、
設計のプログラミングの密度や点火タイミングの時間制御の精度単位を
一定で考えるんじゃなくて、可変的に考えなきゃ無理なような気がするね。
あくまでもイメージだけど。


191 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 18:16 ID:u21XgNGt
>189

ナンバはたまたまそういうネタがあったのに、甲野さんが飛びついたので、
「ナンバとは?」という煽りがなかったわけではない。

甲野さんの無住心剣の一連の著述に一貫性なんかぜんぜんないじゃない。
「ナンバ」の時とある意味似てると思うけどな。


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 18:25 ID:UDibpp7u
>>191
甲野さん以前にナンバがブームになっていたの?

それに無住心剣(剣の精神史)はナンバを紹介した本より前の著作だとおもったけど。
こちらの勘違いかもしれないし調べればすぐに分かるけど。
菊地寛とか文豪と呼ばれる人が「江戸時代、最強の剣客は?」とか
恥かしい論争を繰り広げていて、世のお父さん方がそれを結構間に受けて、
今で言えばヲタの相当恥かしい部類なんだけど、そういう事実を
資料をもとに、いくらなんでもそんなことはありえないと示したのは
それなりに意味というか、一貫性があるような気がするけど。


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 18:41 ID:u21XgNGt
ずーと前なんじゃないですか。
ずーと前から同じような話題の作り方をされてきたのだと思いますけど。

そんな感じでで一貫性を言われるのなら、なにも申し上げることはありません。
精神主義批判について書かれていたので、率直な感想を書かせていただいただけです。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 18:44 ID:UDibpp7u
めんどくさいが調べたよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/ix=books-jp&rank=%2Bdaterank&fqp=author%01%E5%96%84%E7%B4%80%2C%20%E7%94%B2%E9%87%8E&nsp=fpn%011&sz=10&pg=3/249-8429533-3701930

●こいつが剣豪談義に終止符を打った奴。

剣の精神誌―無住心剣術の系譜と思想 ノマド叢書
甲野 善紀 (著) 単行本 (1991/05) 新曜社

●これが確かナンバブームのきっかけになった奴。

古武術の発見―日本人にとって「身体」とは何か カッパ・サイエンス
養老 孟司 (著), 甲野 善紀 (著) 新書 (1993/01) 光文社



195 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 18:49 ID:UDibpp7u
>>193
何がずーとなのか分からんが、今はかつての共著者の養老孟司先生の方がブームだな。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 19:08 ID:ebXqh3iM
甲野さん以前にナンバ関係のことを言い出したのってだれ?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 19:10 ID:UDibpp7u
>>196
いねーよ。「古武術の発見―日本人にとって「身体」とは何か カッパ・サイエンス」
は新書で、1000円もしない安い本で結構売れたんだよ。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 19:17 ID:UDibpp7u
「古武術の発見」はナンバの本じゃない。日本に西洋式の軍事訓練が導入されて、
それ以前の日本人の生活習慣が失われてしまった。それを古武術として発見していく、
という内容の本だ。司馬遼太郎が、イギリス海軍の教官で、生活習慣からなにから
全部イギリス式にして教える人が現れて初めて、日本海軍が強くなったという事を
書いている。その話題が下敷きだ。司馬遼太郎は、坂本竜馬を題材に小説を書いた作家だ。
坂本竜馬は船乗りで、薩摩藩に招聘された技術者だ。小説の名前は確か、「坂の上の雲」。


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 19:33 ID:u21XgNGt
>197

いるよ。面倒だけど書くよ。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 19:36 ID:UDibpp7u
>>199
じゃ書いてよ。ナンバブームのきっかけが甲野氏の対談だというのと、
ブームのきっかけになった本が別にナンバだけの本じゃないというのが確認できれば
こちらは十分だよ。資料追加してくれ。間違いを直してもらえてサンクス。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 23:22 ID:tbWlqiUU
司馬遼太郎と言えば、自分の父親に言及したエッセイかなんかで
父親は学校に行かなかったので歩き方がぎこちなかったとか書いてたね。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 11:05 ID:Nen7zh3s
>>196-200
「伝統と断絶」では?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 19:22 ID:Mz7Kg54C
>200

甲野さんみたく営業しないから、その人がブームを作ったかどうかは
知りませんが、「演出家の武智鉄二氏が唱えた」と言われているのを
いろんなところで聞きますよ。


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 19:26 ID:Mz7Kg54C
そう言えば、長野さんもどこかで同じようなことを書いてたように思うけど。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 19:28 ID:ou5og0vJ
>>203
営業しないものはブームにならない。甲野さん以前にナンバがなかった訳じゃない。
ブームになったのがよいということでもない。甲野さんみたく渦中の人になりたいのか、
なりたくないのかがよくわからない書き込みだ。どっちやねん。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 20:50 ID:Tot73EIH
武智鉄二の「伝統と断絶」が1969年出版だから、この本が元ネタっぽい気はするが。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 20:51 ID:Tot73EIH
>>197
甲野さんも「古武術の発見」以前から、ナンバについてはいろいろ書いてるよ

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 21:02 ID:ou5og0vJ
うーん。それは不勉強だった。ナンバを発掘したのは武智鉄二さんで、著書は「伝統と断絶」(1969年)。
甲野さんはそれを元ネタにナンバという語が流行するきっかけになった新書を1993年に出版。
ただし流行の中心は、剣豪小説や歴史小説の愛読者などが中心。
ただし陸上でナンバが流行するきっかけになったのは、伊藤が高岡からコーチを受け、その伊藤が小山に
コーチを変え、小山にコーチを受けていた末続が「ナンバ」という語を使ったため。高岡は甲野より語彙を
収集したと推測する。
その後「ナンバ」の語を流行させた甲野がコーチとして再評価され、高校バスケ部のコーチの実績が
世に紹介され、「武術系スポーツコーチ」の代表者として扱われるようになった。

という感じ?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 21:53 ID:7xmleH0W
というか、壮神社の本読んでないの?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 21:57 ID:ou5og0vJ
>>209
「表の体育・裏の体育」の事?昔読んだけど肥田式の本としか覚えてない。
それに書いてあったのなら完全に忘れてた。スマソ。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 22:17 ID:MlFpN8cS
状況に応じてあらゆる体動を使い分けするのが最良な訳ですね。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/22 22:18 ID:ou5og0vJ
>>211
レパートリーは広く、配分は最適に、という事ですね。

213 :210:04/02/23 01:54 ID:jIK6jqO+
>>210
確か「表の体育・裏の体育」ではナンバについては触れられてない。
ナンバについて甲野さんがまとまった文章を書いたのは、多分次の「武術を語る」が最初。

214 :210:04/02/23 01:56 ID:jIK6jqO+
ほぼ同時期だったと思うが、骨法の堀辺正史も「骨法の秘密」で「伝統と断絶」を引用して
日本人の体の使い方についていろいろと書いていた。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/23 02:23 ID:r6fNienO
>>159
japan  namba  walk  budo でググッたら・・・
大相撲・大阪場所の案内がいくつか出てきた。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/23 02:56 ID:r6fNienO
>>161
馬ではないけど・・ モンゴルの男の人達。
歩くとき若干背中を丸めた前かがみで歩いてた。
手は下にダランと垂らしてたけど、微妙に足に連動して
揺れていた。
右足が出て、遅れて右手が前にユラ〜
次に左足が出て、遅れて左手が前にユラ〜
甲野氏の本は読んでたんで注意して見てたら、目にする
男性は殆どそうだったような・・・
まぁ 観察させてもらった人の人数は少なかったけどね。
乗馬トレッキングの最中に会った数少ない人達だったから・・
女性はわからない。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/23 06:56 ID:X8H1lcYa
>>161
>ナンバは馬で云うところの側対歩です。
確かにナンバは馬で言うところの並足だ。モンゴル人は並足で馬を一日中ゆっくり走らせて、
東は中国から西はヨーロッパまでを、驚くほど短時間で移動したそうだ。

>>216
>歩くとき若干背中を丸めた前かがみで歩いてた。
>手は下にダランと垂らしてたけど、微妙に足に連動して
>揺れていた。

小山さんという人が、走り始めるのに推奨しているポーズにそっくりだ。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/23 19:50 ID:pQiCBwDY
>右足が出て、遅れて右手が前にユラ〜

上の分類では順体動ですね。
たぶん2軸歩行だったんでしょうね。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 09:49 ID:kz/Mn8bT
茶道の歩き方は、流派や男女によって異なりはありますが、
手は体に付ける感じで動かしません。
肩や肘も動かしません。
女性の場合は、着物の上から腿に手のひらをそえて歩く感じですね。
姿勢を保ったまま、足を運びます。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 12:12 ID:9Ihht0kE
同体動

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 21:58 ID:Ux1/4ylu
人ごみの中を歩く時はナンバ歩きが便利なんだよね。
障害物を楽によけることができる。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 22:12 ID:Ux1/4ylu
>>215
ワラタ

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 21:23 ID:WYcCcqHd
向きを変える時はナンバ。
障害物を避けたり、山道で曲がったりするときはナンバが一番。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 15:37 ID:siOBEPoR
あんまり関係ない話だけど、ナンバの定義って、「きつね」「たぬき」の定義に似てるね。
「きつね」と「たぬき」の二種類だけで分類するから、東京と大阪では定義が異なることになる。
正確に言うならば、きつねは「きつねうどん」「きつねそば」、
たぬきは「たぬきうどん」「たぬきそば」「てんぷらうどん」「てんぷらそば」に分類しなきゃね。

ナンバにも「広義のナンバ」の中にも異なる動き(体動や軸)があるから、
ひとくちに「ナンバ」と言っても、ちょっとややこしい。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 22:28 ID:jZAw95nG
能、狂言と同じだな

226 :225:04/02/27 22:29 ID:jZAw95nG
>>225>>219に対するレス

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 23:42 ID:CW8K2PgA
>>225
なるほど。
能、狂言の歩き方もナンバなんですね。
よく考えたらそれが伝統なんだからあたりまえか。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 07:21 ID:5aUYhB0G
>>224
あー、よくわかるそれ。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 07:54 ID:F1TTY9++
運動生理学的に理にかなっているナンバに自然となるのか
見た目に美しいからわざわざナンバにするのか

運動選手(武道家含む)の場合は前者の域に達しないと意味ないよね。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 09:03 ID:frt012oC
能、狂言、歌舞伎に詳しい人、良かったら解説pls

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 21:00 ID:9zCJxKO1
陸上で言われてるナンバってのはどんなの?

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 23:48 ID:+2Jo5m3a
>>231
そういや、具体的にはどうなんだろう?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 04:08 ID:fmSXPxdP
>>232 上のほうのロボット学会だかの文献を解読シル

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 05:54 ID:Ruo3GVzO
最近は陸上の世界でも流行ってるらしいね

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 00:58 ID:ASm0zfha
このスレには武道家はいないもよう(w

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 15:33 ID:Yc0PufP8
>>235
ん?
意味がわからない。
じゃ、あなたが語ってみれw

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 23:24 ID:SpXfic1T
えーと、順突きってナンバってこと?

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 00:43 ID:vD6rR+u3
   Λ_Λ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`) <    ナンバ歩き!
   つ  )    \________
  人 γヽ
〃(__人__ノ



239 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 09:15 ID:cYCi1gIi
盆踊りはナンバ

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 12:52 ID:Z8Oi8qRk
>>237
えーと、ナンバの中に含まれる、ってことになるのかな?

241 :黙嘆:04/03/03 14:55 ID:zyCh15J7
>>233
上の文献、最大の難点は「ナンバ歩きの出来ない人」を比較対象に
していない点だな…

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 20:43 ID:ValZanLK
ロボットの文献って内容が濃いね。
ググってみたら沢山出て来るけど、その中でも濃い文献は貴重だ。

243 :黙嘆:04/03/03 21:06 ID:zyCh15J7
股関節の外旋モーメントを利用した歩行及び運動の解析

1:股関節を多用し体幹を捻らない歩き方を「常足」と呼ぶこととする
 ただし、癖歩きではなく訓練により身につけたものとする。
 後ろ足が地面から離れている間、支持脚が「外旋モーメント」を
 発生していること、及びその時の進行方向への加速度が通常歩行と
 著しく異なった。
 測定は左右腰部につけたセンサによる3Dモーションキャプチャ、
 足裏圧力分布計測装置を用いる。

244 :黙嘆:04/03/03 21:12 ID:zyCh15J7
3:外見上の特徴
 常足は通常歩行より、進行方向に対する横方向(論文中はZ軸と
 定めている)への加速度(腰部)が大きい。
 つまり横に揺れながら歩いている。
 大小比較は全体の二乗平均とってるが、加速ピーク時(足ついたときね)
 の振幅も常足は大きい。

245 :黙嘆:04/03/03 21:22 ID:zyCh15J7
体幹のねじれ角度定義
左右鎖骨と左右腰骨につけたマーカの絶対座標を測定し、
捻れ角を算出する。

結果、常足の体幹捻れ角度は通常歩行の約半分であった。
 通常歩行の場合、肩と腰の捻りタイミングは常に対称(位相が180°)
でそのピークは支持脚の切り替え時だが、
常足はタイミングのずれが90度程度。
腰の捻りに肩がついてくる、といった感じ。

246 :黙嘆:04/03/03 21:38 ID:zyCh15J7
足裏圧力分布:
圧力のかかりかた。通常歩行は踵、母指丘、親指、といった内側の
直線ラインを通るが、常足は踵から足刀部、母指丘、というふうに
足の外側をとおって曲線状に力がかかっている。また常足は
親指に力がかかっていない。

この力の掛かり方を、著者は後ろ足が浮いている時支持脚が
外旋モーメントを発生しているためと推測。
同実験結果の図からも確認できるが、常足は歩隔(歩幅じゃないよ)
が広い。足だけ見ればジグザグに動いている。





247 :黙嘆:04/03/03 21:58 ID:zyCh15J7
進行方向への加速度:
上記横方向の加速度と同様に測定。
加速度のピークは、通常前足が地面につき始める時(後ろ足で蹴ってる時)
と思われ、実際測定結果もそうなのだが、
常足は支持脚に乗ってしばらくしてからも加速のピークが確認された。
つまり、後ろ足でなく前足で加速しているかのような瞬間が存在する。
この、通常歩行にはない加速区間は、支持脚股関節の凱旋モーメント
によるものであると著者は説明。

248 :黙嘆:04/03/03 22:12 ID:zyCh15J7
著者考察:
 常足が腕を振らなくてよい(体幹を捻らなくてもよい)理由は、
この股関節の外旋モーメントにある。
 加速時間を長時間維持できるということから、より高い瞬発力
を要求される運動への有利性、また同じ運動ならば、
加速を分散させることで疲労度の低減に役立てることができる。


249 :黙嘆:04/03/03 22:12 ID:zyCh15J7
以下、そのまま抜粋
4. おわりに
本稿では,「常足」歩行の運動特性を被験者の計測を
通じて定量的に評価した.正常歩行と比較した常足歩
行の特徴として以下のことを明らかにした.
1. 進行方向横方向の加速度が大きい
2. 股関節外旋位であり歩隔が大きい
3. 体幹の捩れが少ない
4. 足指にほとんど荷重が加わらない
5. 支持脚の股関節で外旋モーメントを発生する
6. 立脚相の後半に進行方向の加速度ピークをもつ

以上。

250 :黙嘆:04/03/03 22:21 ID:zyCh15J7
つうことらしい。

加速時間が長く取れる、ていうのは俺も実感としてある。
もちろん自分のがなんばかどうか知らんけど。
移動中ふいに方向転換できるかどうか、なんてのは
加速できる時間がなきゃできないもんね。

瞬発力については、100m走なら最初の10mぐらいになら応用可能なんかな?
加圧計の連続写真みると、常足のほうは移動が滑らかなのがわかる。
通常歩行は踵、母指丘、親指、というふうに点、点、点て感じ。
しかも加速可能時間も短い、ということは、所謂「居つく」時間が
長い、てことだわね。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 12:01 ID:34ehJLuf
>>243-249
乙。
うーむ凄いな。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 12:37 ID:5UGwztGU
武道には役立つが、飛脚は、マラソンで今のマラソンランナーより早いということではないんだね。


253 :黙嘆:04/03/04 12:38 ID:mnXEICQr
ちなみに着物の女の人みたいに歩隔が狭い場合、常足にならないのか?
と考えたが、足裏の圧力のかかり方に着目すれば、内側に弧を描くような
歩き方も説明できるんじゃなかろうか。

後足で蹴らずに、足裏をまんべんなく使って、加速時間を長く取れる歩き方。
ナンバの定義はこういう風に言う事もできるんじゃなかろうか。

254 :黙嘆:04/03/04 12:42 ID:mnXEICQr
>>252 飛脚がマラソンシューズ履いてアスファルト走ったら間違いなく負けると思う。
     マラソン選手が草鞋履いて荷物持って未舗装の道走ったら間違いなく負けると思う。

     

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 12:42 ID:4gBc1dQD
(~ヘ~;)ん〜
狂言師、最強ということか。。。。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:17 ID:VWzxL6Y6
>>250
>移動中ふいに方向転換できる

これはナンバ歩きの利点だよなあ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 20:56 ID:v5Tldjq2
個人的な興味だが、
甲野氏はウォーキングのデューク更家との対談とかして欲しい。
多分、歩行に関する身体運用については、お互いに対極の意見だと思うので。
デュークのナンバに対する評価も気になる。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 21:02 ID:o+n4AFWk
>>254
アフリカの選手なら未舗装の山道をはだしで走って育っているから飛脚相手でも楽勝で勝つよ。
アベベなんか最強だろW

259 :黙嘆:04/03/04 21:13 ID:Nqzov1I6
>>258 いやいや、勝ち負けは条件設定できまる、と言いたかったのさ。
   それに、飛脚がどういう類の「ナンバ」か知らないし。

   案外そう見えないだけでアベベは隠れナンバかもしれんぞ(w

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 21:15 ID:o+n4AFWk
なるほど、失礼した。

あんまりアベベの話するのはよくないな。
なぜなら、黒人の話をいすると必ず尺八の馬鹿がくるからなW



261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 21:21 ID:sxbbze4K
>246
> 直線ラインを通るが、常足は踵から足刀部、母指丘、というふうに
> 足の外側をとおって曲線状に力がかかっている。また常足は
> 親指に力がかかっていない。

漏れの前の歩き方がそうだった。
もちろん「ナンバ」なんて知らなかったし、歩き方に注意もしてなかった。
長年の癖で自然にそういう歩き方になってたんだ。
結果どういうことになったかというと、腰痛、肩凝り、側湾症、O脚、偏平足からくる土踏まずの腱鞘炎、
親指の巻爪、魚の目など。足腰の負担が軽い、楽な歩き方ということは、逆に言えばそれだけだらしない、
足腰の弱りやすい歩き方なんじゃないだろうか?そのせいで筋肉や靭帯が弱まり、骨盤が緩みずれて
体のあちこちに狂いが生じてくる。そういう危険性がありはしないだろうか?

262 :黙嘆:04/03/04 21:47 ID:zGOEuHRo
>>261 論文の前書きにもあるけど、従来の認識では体幹を捻らない歩き方
   は「癖歩き」とされていたようだ。
   それら先天的(?)なものでなく、あくまで何らかの訓練によって
   身につけたものを常足(ナンバ)と定義してるようだ。

   ここで重大なんだが、「楽な」というものの捉え方じゃないかな。
   「効率的」と「ラク」は、徹底的に区別せにゃならんとおもふ。
   誰しも、自分がラクだなと思う歩き方を選択しているうちにそうなった
   わけで。実際自分か感知できなかった偏負荷が生じてるからあちこち
   故障するわけで。感知できてたら即やめるもんね。

   ナンバはナンバで、始めはナンバ用の筋肉(使ってなかったらだけど)
   酷使すると思うよ。歩法習う時はみんなそうじゃね?
   

263 :  :04/03/05 18:26 ID:vaSovrUA
桑田はナンバ的投法、野茂は逆ナンバ的投法。
(年齢による衰えを換算すれば)どっちも一流。
本人の向き不向きでしょう。また、格闘の状況次第でしょう。
適宜に使い分けるのが一番かと。
それと昔の人が体を使えていたのは、1日中動いていたから。
ナンバでもひねりでも、毎日体を長時間動かしていたら、
一流の動きになると思う。昔の人はナンバに向く生活スタイルだった
からナンバが多いし武術もナンバ。現代は自由に生活を選べるから、
体動も自分で選ぶべし。ナンバとひねりは陰と陽。和合して太極に
なろう。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 20:17 ID:CporXR44
つまりは、自分の選んだ体動をきちんとマスターしろって事ですね。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 22:45 ID:WaXp4Hus
>>264
ん〜、状況に応じた使い分けをするのが理想だけど、
その前に自分の基本となる体動を身につけることが要る、ということになるのかな。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 22:47 ID:zICWjDmq
>状況に応じた使い分け

オタ臭がプンプンするな。状況に応じて比率を変えて使うのならOKだが。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 23:00 ID:zICWjDmq
まぁ、武道も記録競技化が必要な時代だってことだな。で、使い分けかハハハ

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 08:11 ID:m3Zj78m6
例の論文の話からして
足を前方に横からぶん回して勢い(遠心力)を発生させて、その勢いに
体が引っ張られるようについていくという歩き方ということか。

で、やってみた。
体幹をひねらないように歩こうとすると結構腹筋を使ってる気がする。
ただその代わり、大腰筋の負担が減るような気もする。
骨盤の使い方がローキックの蹴り始めみたい。

みなさんはどうよ?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 17:53 ID:trsW6kOh
>>263
桑田ってそうだったのか。
結構有名なの?これって。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 18:10 ID:ntlmlx3C
そうですね。ただ彼の場合マニアックに投法を追求するので、
今年は、ひねりを加えて失敗したと聞きました。

271 :黙嘆:04/03/07 14:30 ID:kcrPO2Ix
>>268 「ぶんまわして」はちと引っかかるけど、
    腹筋を使う、ローキックの蹴り始め、ていうのは分かるね。


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 14:54 ID:+MbYoO86
大腿四頭筋を脱力して、土踏まずから内股を意識して前下方に滑落するようにしたら止まらなくなるぐらい加速していくよ。
重力を生かすこと。倒れまいとする姿勢制御で自然に勝手に足が前に出ていくよ。

273 : :04/03/07 20:31 ID:wH2ZMKoJ
最近、ナンバ系の本が多いね。しかしだ、ナンバなんて各人やり方が
違うものを「感性的に」定義して「科学」なんていうのは止めたほうが
いいかも。2ちゃんで出たように動きの法則で分類すべきだろう。
【再整理】
軸:
1.一軸歩法
2.二軸歩法
動き:
1.順体動
2.同体動
3.逆体動
それに加えて
出力:
1.前足脱力による重力利用
2.後ろ足踏ん張りによる出力
ただ、2ちゃんで出た用語なんか使わねーか(w。


274 :汎用式半歩打ち:04/03/07 20:39 ID:IMf+iks4
>状況に応じた使い分けをするのが理想だけど、

まさに理想ですね。実際には多種類の方法を習得するのは無理でしょう。
一つの方法を極める方向で稽古した方が現実的だと思う。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 23:15 ID:zDBYDIRn
>>273
まさに今の「ナンバ」って言葉は「きつね」「たぬき」みたいなあいまいな言葉だねえ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 02:40 ID:JbqgSF/n
>桑田はナンバ的投法、野茂は逆ナンバ的投法。
>(年齢による衰えを換算すれば)どっちも一流。
>本人の向き不向きでしょう。また、格闘の状況次第でしょう。

そうだったのか。
なるほどねえ。


277 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 09:24 ID:1abya43o
>>272
>重力を生かすこと
下りの道を歩く時はこれを意識すれば楽に歩けれるよ

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 10:34 ID:RyfgdFb2
変な日本語使うな。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 11:14 ID:KRMzjQiv
>>277
>下りの道を歩く時はこれを意識すれば楽に歩けれるよ

この方法でなら、どのくらいまで速く走れるかな?
この前、NHKでキナバル・クライマソンって山岳マラソンの特集やってたんだけど、
トップの選手はみんな、きつい登りは手を膝の近くに添えて(つまり同じ方の手と足が出る)
走ってるんだけど、下りになると、普通に走ってたんですよ。
#で、やっぱ、勢いがあるときは普通の走り方じゃないとつらいのかなぁと。

だから、勢いがついてもこの走り方で対応できるなら、
ひねらない(ひねりによる内臓への負担が減る:陸上の末續がナンバ的な
走りを取り入れたのはこの理由ですよね)
加速時間が長い(山道はまっすぐな道でも、足場の問題でジグザグに走らざるを
得ないことが多い)
と、山道を走るには理想的ではあるんですが。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 22:56 ID:zczbn+Wt
う〜ん、
早く走る為としてはどうなんだろう。
加速がついた後なら、捻ったほうが良いような。

281 :黙嘆:04/03/10 11:49 ID:lFaMMP44
2足歩行故に、片足を出すと必ず体が回ろうとするモーメントが発生してしまう。
それを何で相殺していくか?というのがそもそもの問題だよね。



282 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 23:05 ID:XqJOEajC
スケートにおける考察
スケートは足場が不安定だから、踏み込み方地面とは異なる。

スピードスケートはスプリントの世界だから、腕を大きく振って運動させる。

フィギュアスケートは安定を保つ為に、体はできるだけ固定させる。

フィギュアスケートで、お尻を後ろに突き出すようなあの動きは、ナンバなんですかね?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 07:39 ID:47DjZXXO
姿勢を崩さないのなら同体動ということになるね。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 08:39 ID:rKNZUhTR
バスケやってたら自然とナンバを多用している事に気付く

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 18:08 ID:f4SpWwht
運動が変化する競技は、二軸歩法がいいんでないの?
で体の向きが変わらない同体動も。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 23:28 ID:H4FeE9j9
バスケなどで横に動くのってナンバだよな。
スクリーンアウトする時とかの移動とか。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 08:05 ID:wrjTpPrM
バスケのパスカットの動きはナンバ

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 08:56 ID:KD1LZPH+
はじめまして、伝芸板ナンバ歩きスレ住人です。
興味深く読ませていただきました。
改造したナンバ歩きAAも使っていただいたようでw

伝統芸能の世界にもナンバよく取り入れられています。
日本舞踊では動きの1つとして、ナンバもしくは南蛮と呼ばれています。
歌舞伎の世界では、六法という派手な引っ込み方(手を前に出してケンケンやツーステップ
のようなパフォーマンス)。
浮世絵や歌舞伎の写真などで目にしたことはありませんか?
より注目させるという効果を狙っているようです。

事後報告ですが、このスレを紹介させていただきました。
         ナンバ歩き         
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/rakugo/1075907326/

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 09:36 ID:J6G/4TY4
フランケンシュタインはナンバ

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 11:23 ID:gAJmZ4K3
アホの坂田もナンバ

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 11:27 ID:gAJmZ4K3
あややの突っ張りもナンバ

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 14:15 ID:R4AWlC/l
なんばナンバーワン

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 14:32 ID:oCxjsLST
なんば云うたら千日前

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 00:41 ID:grtMLovX
もしかして、赤チャソのよちよち歩きはナンバ?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/15 22:41 ID:6Ie+LFva
>>285
変化しやすいよね

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 19:18 ID:MsgJJivj
>>294
どうなんだろ?

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 23:22 ID:4VQ1Y7dw
>より注目させるという効果を狙っているようです
六法ってそうだったのか

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 23:26 ID:5py79Lxg
結局、突っ張りしながら歩けば良いんだろ?



299 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 02:09 ID:sMVm0AYH
>>298
相撲の突っ張り歩きはナンバ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 07:16 ID:5xRF3yKb
相撲は基本のすり足の稽古がナンバじゃん。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:01 ID:QcOhJt9T
デューク更家氏のウォーキングはナンバ?今日の夜9時半からNHK教育に出るけど。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 23:42 ID:4yubODjN
相撲のナンバには訳がある

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 06:50 ID:VcMjHFCZ
突っ張りはナンバ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 06:58 ID:oGEAIiLy
#3821

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 07:00 ID:oGEAIiLy
♯3821

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 07:02 ID:oGEAIiLy
#3821

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 21:25 ID:wCaucBPg
相撲がナンバということは、古武道の基本もナンバということですか?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 21:46 ID:a2I4hoVM
震脚突きはナンバ

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 23:26 ID:tSez/As7
>>307
古武道は後足を引くけどね。でもナンバ。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/19 23:41 ID:ybPtX2AS
要するにナンバは右半身、左半身の動きで
   非ナンバは上半身、下半身の動きですか?

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 23:55 ID:BahRn2L+
ナンバは動く時便利だよ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 08:17 ID:5DqqLZKi
>>310
非ナンバは「捻り」と「溜め」ということになるのかな。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 10:35 ID:euO0VBCa
http://8513.teacup.com/personalaikido/bbs

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 21:11 ID:MlFpN8cS
>>309
古武道での詳細キボン

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 21:15 ID:8DIHsR8Z
>>314
宮本武蔵が扉(とぼそ)という事をいっていて、扉のようにぎっこんばったんうごけとさ。
相手の剣筋から身体をそらすためとおもわれるよ。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 16:39 ID:1uEveiQx
>>315
どうもありがとうございます。
扉(とぼそ)という言葉をはじめて聞きました。
その道では有名な言葉なんですか?

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 20:28 ID:Ux1/4ylu
>>315
相手の剣をかわすことも考えてるのか。なるほど。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 20:35 ID:nvG1JWRT
お前ら仲間になったモンスターどれだけ?
俺は・・・
スライム(スラりん)、ブラウニー(ブラウン)、スライムナイト(ピエール)、腐った死体(スミス)、
ドラゴンキッズ(キッズ)、ホイミスライム(ホイミン)、キメラ(メッキー)、爆弾岩(ロッキー)、
ミニデーモン(ミニモン)、アームライオン(アムール)、ゴーレム(ゴレムス)、
アンクルホーン(アンクル)、グレイトドラゴン(グレイト)、キラーマシン(ロビン・キラーマ)、
あとはキラーパンサー(ボロンゴ)だけ。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 23:00 ID:CgqMWXXp
交差法はナンバが多いか

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 09:05 ID:bxuEIsO8
剣道は両手持ちだが、相手の剣筋から身体をそらすのも重要だね。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 23:40 ID:WYcCcqHd
俺たちはまずナンバ歩きから始めたら良いのか?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 01:25 ID:aMFKBYbz
かわす動きがそのまま斬る(打つ)動きになってる
ひとつの動作の中に「かわす」と「斬る(打つ)」が同時に存在する
攻防合致

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 11:09 ID:RgSY3joZ
>>321
やめとけば。
みっともないしw

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 15:19 ID:CW8K2PgA
>>322
それを意識的にするのがナンバになるのですな

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 15:38 ID:NMdcVsCD
>>321
普通にあるいて、両足が揃った瞬間にちょっとだけ地面を蹴るといい。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 23:34 ID:Qxt8t6Ts
>>325
詳しく教えてください

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 01:10 ID:vhbkcrT2
手を動かさない(振らない)ことで、動くものがあるということなのかどうか…

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 03:08 ID:OLQNT0St
動きというのは結果的なものだと思うのだが、どうか?
手の振りだとか、動作的な端々を気にする必要はないと思う。

これは俺の場合だけど、重心の扱いによって動こうとした時、
身体がその原理で動くための最適化みたいなマネをしてくれる。
それが結果としてナンバ系の動きになっている、と思ってる。

少し具体的に言うと、動き出す際に、腰を骨盤の上に乗せ直す。
すると、重心が前方に向けて滑り落ち始める。
あとは、倒れていく角度を、移動する距離に合せたペースで、徐々に
開放していく。

この時に自分(意識)がすることは、身体の中の習慣的なブレーキ的
要素を取り除いていくことくらい。

結果として現れる動作については、肩は動くが肘は固定された感じ。
腕は、肘が固定的であることによる作用によって、勝手に動いている。
胴と脚は、始めの内は半身の「捻らない動き」を執るが、中盤以降は
そういうのが関係なくなってくる。
後は、内蔵を上げたり落としたり引っ込めたりすることで、落ち行く
重心に適宜エネルギーを補給してやる。

長くなったけど、こんな感じ。
自分でも何言ってるかよく判らんが。(ニガワラ

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 07:47 ID:1NBCn1p+
ポケットに手を突っ込んで歩くとナンバになるよ。と言うか
意識して歩こうとしてるんだけどね。
普段ナンバで歩こうとすると恥ずかしいでしょ?
だからポケットに手を突っ込んで、周りの人から余り不自然に見えないように
している。
壁づたいの道で角を曲がる時、たとえば右に曲がる時に角の先端に右足が着地するように
してナンバで曲がると、壁に張り付いたような感じで曲がれる。
でも、友達からは不気味な曲がり方〜って言われる。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 15:30 ID:K7/Z/mO5
曲がる時はナンバの動きが便利だね
ちょっと人形の動きっぽくなるけど

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 19:30 ID:YykijdSq
>>323の対策として、
>>329の方法があったか!

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 21:10 ID:msldLUju
私は普段から意識してナンバで歩いています。
大げさに手を振らない自然なナンバの歩きなら、
素人目にはナンバで歩いているかどうか分からないと思いますよ。

映画「ラスト・サムライ」でトムクルーズがナンバ的な歩きを演技
していましたね。
気づかれた人はどれぐらいいるのかな?


333 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:44 ID:1WaD8WYN
今日本屋で「ナンバ走り」の本を見つけました。
さっそく買ってしまった。

まだ読んでないけど、本に書かれていることが正しいわけではないという前提で、
話半分として読んでみます。

ナンバの定義もあやふやだしね。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 01:55 ID:qOTYELf7
>>332
>映画「ラスト・サムライ」でトムクルーズがナンバ的な歩きを演技
>していましたね。

気づかなかった!

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 11:25 ID:8+OaSEf+
>>332

もしかして、トムクルーズが目付役の侍を従えて、村の中を散策する
シーンのことを言っているのでしょうか?
ナンバかどうかは分かりませんが、着物姿のトムクルーズが、
洋服姿のときとは違って、侍らしい物腰になったという感じは持ちました。
あれがナンバなの?


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 15:45 ID:iv0SOUBM
>>328
言いたいことはわかりますよ。
ラスト・サムライは見てないや。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 00:33 ID:ZloNy9Xt
>私は普段から意識してナンバで歩いています。
>大げさに手を振らない自然なナンバの歩きなら、
>素人目にはナンバで歩いているかどうか分からないと思いますよ。

そうなのか。
俺も普段からやってみようw

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 16:48 ID:PQCW87rj
ナンバ歩きをばれにくくするために、
ポケットに手を入れるのも一つの方法ですね。
それをしなくても、手を振らなければなんとかばれなさそう。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 17:05 ID:SqkTvjCF
一武先生の説は正しかった!!!

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 17:07 ID:ln0AYJvA
手を振らずに歩くとフランケン・シュタインっぽくなる。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 17:11 ID:SqkTvjCF
ちなみにこの前歩き出したばかりの甥は
なんばで歩いてます。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 17:15 ID:PZQk8Vxl
>>338
ナンバ歩きをばれにくくするために

ずいぶんと必死に隠してますなw

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/05 23:25 ID:WaXp4Hus
>>341
本当なのですか。
やはりなんば歩きは自然な動きなのですかね。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/05 23:57 ID:o8uLK0/S
>>343
本当です。
ナンバと言うよりは手を振らない歩き方ですが。
学校で習う行進とは全く違います。

345 :ttdd:04/04/06 01:07 ID:BoWDvDeQ
フェンシングもナンバ。剣と同じ側の足がでます。大型の剣もナンバ。
盾&ソードもナンバ。盾を持つ左側を向けているので攻撃のときは右足で踏み込んで
右の剣を振り下ろします。西洋でもナンバは普通に使います。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/06 12:58 ID:stGxRQnF
>>344
なるほどねえ。
何も教わらないまま歩くと、普通は手なんか振らないんだろうなあ。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/06 18:46 ID:XykYj86Z
リズム感がなくなる気がするんだが

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 18:30 ID:PH7/dYLC
>>339
その先生はナンバについて何か言ってたのですか?

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 14:31 ID:pYdG3/em
モデルウォークともまた違うね

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 16:46 ID:0s18ZTjM
後ろ向きで歩くと大抵の人はナンバ

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 16:54 ID:RyfgdFb2
ナミアシとどう違うの?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 19:55 ID:eyhkxDiC
難波でナンバ   どうえ?

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/10 16:23 ID:XqJOEajC
>>350
そういやフィギュアスケート後ろ向きに進むなあ

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 14:53 ID:qkzMGJca
難波でナンバでナンパ   どうえ?

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 15:49 ID:JiSs6lB2
つまらん。死ね。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/13 04:30 ID:ilu3Bt13
>>351
ナミアシって何?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/14 18:54 ID:unhDcxC2
ナンバは普段からの慣れが要るね

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/15 19:50 ID:Ap8Xs9tW
そしてなんばで歩き出す

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 00:33 ID:cLfmcrCj
何十年(20〜30年)も前に読んだ野球漫画に、
元は忍者だったとかいう選手が出てきて、これが盗塁するときに独特の走り方をする。
非常に速い。

という話があった。
うろ覚えだが、多分なんばではないと思うが、なんば歩きが話題になり始めた頃、
真っ先にこの漫画を思い出した。この走法、元ネタはなんだったんだろうな。



360 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 00:50 ID:loqyNjyq
>351
各人が勝手に定義しているという意味では、ナンバもナミアシも全く同じです。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 23:34 ID:MsgJJivj
ナミアシっていうのも一概に言えないいろんな形があるんですか

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 13:04 ID:tU72YDB5
>>359
歩幅が大きくない、音を立てない古武術の走りのことかな。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 18:26 ID:oCthZat4
普段からナンバを心がけてないと
いきなりのナンバはぎこちない

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 23:11 ID:an9uO+sV
振り向く時はナンバが一番

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 23:37 ID:UCEQxnTm
>>359
>多分なんばではないと思うが

忍者って、時代劇では陸上の走り方と違う、歩幅が狭い走り方するでしょう。
あれってナンバの走り方だけど

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 01:19 ID:vBwPDc7e
>>365
前傾姿勢のあの走りですね。
あれもナンバなのかー!

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 19:10 ID:XjQ6aIbu
手を振らないからナンバになるのかな?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 22:05 ID:FUBImUre
>>362>>365
いや、なんかね、俺の記憶では、
歩幅を広く取って交差させるような感じだったよ。
で、なんかもっともらしい解説がついてたような・・・。

なにぶん子供の頃に読んだ、たぶん魔球系のやつだから、
単なる作者の創作の可能性が高い気がしてきた。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 22:08 ID:Fqk+KDDt
>>367
なんか甲野氏の解説を読んだ人は、ナンバを狭く考えすぎるきらいがあるね。
一度「伝統と断絶」を読んでみるといいよ。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 22:16 ID:stx5zLVs
>368
読んだ限りでは黒田鉄山氏のやってる柔術の型に出てくる歩き方みたい。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 22:28 ID:wsvI+wYz
個人的には木寺英史氏の『常足(なみあし)』は、分かり易かった。
他の人が多用している『ナンバ』という呼称と区別するために『なみあし』と
いう呼称を用いたのが何より良かったことではないかな。



372 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/19 00:12 ID:r3FLqjeM
>>369
ナンバっていろんなことを指すから範囲が広いよねえ。

「伝統と断絶」にはどんなことを書いているの?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/19 11:14 ID:rjg7YcXa
柔道ってナンバだよなそういえば

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/19 23:14 ID:sMxSPlSP
>>371
>個人的には木寺英史氏の『常足(なみあし)』は、分かり易かった。

それって、書名?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 16:27 ID:WhjeJsa1
相撲もナンバですね

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 19:50 ID:my+wQqzZ
ナンバナンバうるせー

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 22:57 ID:EUbn29ne
常足(なみあし)って何ですか?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 23:32 ID:iEtJhCCJ

まずググってみろよ。


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/21 00:01 ID:AcpJJzj/
ナミアシのほうがよくわからない

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/21 22:46 ID:BahRn2L+
ナミアシとナンバの違いは何?

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/21 22:53 ID:DlmOXglC
波平ですが。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/23 07:26 ID:YOu9+dct
体重移動とか便利だね

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/24 22:20 ID:kz/Mn8bT
捌きはナンバが一番

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 09:23 ID:4kZJcwfN
回転体のサバキはナンバですね。
これ、普段からナンバを気をつけてれば上達しそう。

385 :365=369 :04/04/25 12:08 ID:T07N5AeH
>>372
甲野氏が書いてることは、元々あったナンバ論を丹田をキーワードに体の使い方を分析したものだと思う。
あの人が言ってることも非常に重要だと思うけど、その元となったと思われる武智氏の説を読んだ
ことがないと、視野が狭くなってしまうんじゃないかな、という意味です。
本の内容の要約はちょっときついので、同書のナンバで走ることについて述べた箇所を書いときます。

農耕生産にとって駆け足は副次的な身体行動でしかない。
能や狂言、あるいは歌舞伎を見ても分かるように、走るときは、小股になってしまうのである。
   --中略--
そのとびちるような白足袋の眩惑感は、すがるくはあるけれども、小さく刻まれた運歩の連続から
生まれるもので、ストライドを延ばした近代的なスポーツの走法とは、まったく異質のものであった。
それは、単なる歩行の、間のつまって速くなったものと、言ったほうが正しいのであろう。
   --中略--
歌舞伎の走行は、バッテンバッテンという、のびやかなツケの音に乗って、大股だがゆっくりとした
歩様で示される。
団十郎系の跳躍芸の影響を多少とも混入した歌舞伎ではあるが、その跳ぶような走りぶりも、実は
逆ナンバの歩様の様式性を強めた表現であるにすぎない。
また速い駆け足は、バタバタというツケの早い連打に乗ってなされるが、その場合は、能と同じく、
歩幅は縮小され、こきざみに走られるのである。
それはやはり、走るというよりは、早いこきざみな歩行と言いあらわしたほうが正確である。
つまり、日本の伝統的な駆け足には、ストライドもなく、遠心力の利用もなく、また加速のために
手をふるような補助行為もない。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 13:59 ID:q4ChXSnd
武智氏の説を読んだ後で、木寺英志の常足説を読むと違いが分かるよ。
頭の中だけだけど。



387 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 16:58 ID:FvNMBrlT
>>386
>木寺英志の常足説

なんという本を読めばいいですか?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 17:00 ID:q4ChXSnd
>>387
ホームページです。
http://www.namiashi.com/hihoukan/

本の紹介も出ていた気がする。
ナンバに詳しい人、解説&感想をお願いします。



389 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 17:22 ID:tBd9jmQf
競歩の動画と解説は参考になったよ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 22:27 ID:Ux1/4ylu
本来は加速の為に手を振ることはない

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 21:23 ID:WYcCcqHd
>>388
乙です。
参考になります。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 01:14 ID:AO3pp73x
ナンバ走りの本が新聞広告に載っていた

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 10:08 ID:7K29yon7
数日前、NHKの衛星かハイビジョンのどちらかで
『猿から人へ』と言う主旨の番組がありました。
その中で、野生のチンパンジーが直立二足歩行で浅い湿地を渡る場面があったのですが、
チンパンジーはナンバで歩いてました。


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/01 18:48 ID:Ky8XIJb1
やっぱり本来は手は振らずに歩くのね

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/02 11:06 ID:+B4T8ERD
あほの坂田みたいだね

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/02 21:06 ID:WNcOakaY
歌手の踊りの振り付けの基本はナンバ

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 21:45 ID:ValZanLK
>>396
女性の歌手の振り付けなんてそうですね
腕や手と体や足の動きなど

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 00:48 ID:FZl3CQ37
皆さん勘違いしないでね。
後足の蹴りによって、重心を持ち上げて前進するのが現代歩行。
前足の弛みによって、重心を滑落させて前進するのがナンバと言われる歩行。
手と足が逆方向に動くか同方向に動くかは、その結果現れる現象でしかない。

手と足が同方向に動いているからナンバとは一概に言えないのです。

ちなみに、「ため」を必要としないナンバは、武道的動作には向いていますが、
ナンバで歩くと腹側筋が鍛えられないので、おなかが出てきます。
現代的プロポーションを保ちたいのなら、きちんと腰を回転させる現代歩行を
した方が良いと思います。



399 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 22:51 ID:34ehJLuf
歌舞伎では「なんばん」と言ってました

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 15:54 ID:ul6Sa95h
>>18  が良い事言った。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 16:29 ID:cq/XI/h1
下り坂を歩くと自然とナンバにならないか

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 19:54 ID:zFStgtZX
ねじらない、ふんばらない、けらない

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 21:04 ID:LfHdMJbd
スーパーテレビ情報最前線の市川海老蔵特集で
ナンバンという言葉が出ていた

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 07:58 ID:TZEd+mzi
>>398
お前が勘違いするなってw
思い込みで適当な定義をでっち上げるんじゃねえよ。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 08:58 ID:6yRF9cLa
>>404
ナンバが分かってない人って、
こういうカキコになるんだろうね。(´ヘ`;)ハァ



406 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 10:26 ID:Zor82GrB
>>398は良いこと言っていると思ったんだけどちがうの?

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 11:15 ID:d4Aq406N
歩き方に名前がついてるぐらいなんだから
特別な歩き方だと察しがつかないのかねぇ?
現代人の歩き方に名前があるか?

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 16:34 ID:XjQ2T4/O
>>406
もともとの「ナンバ」は
「同側の手足を同時に振り出す、もしくはそれに類似した歩行、動作」
とでも定義するのがまー良いんじゃないか?
蹴り足とか重心の移動とか関係ない。

対側の手足が同時に出ていても地面蹴らなければ「ナンバ」って、
どう考えてもおかしいだろw

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 18:18 ID:tbC5vsE0
>>408
確かに貴方のおっしゃる通りだが、
身体運用との関係で興味を持たれているのは
398 のあげた歩き方のことだと思うが。


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 20:02 ID:aC0uNQ8U
そもそも運動しないのに、その上消耗の少ない動作を
求めたら運動不足になるのは自明だね…
お腹、出てきちゃった。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 21:07 ID:juShJQBY
そもそも普段から体を動かしてたり運動をしていたら、
ナンバ歩きをしていても腹は出ないよw

腹が出るのをナンバ歩きのせいにするのは間違いです。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 21:11 ID:rdTzgWy8
>>408
確かにナンバの元の意味(?)からすると、同手足が出る=ナンバ、かもしれない。
そこに重心云々の視点は無い。

そういう意味で『常足(なみあし)』という言葉を用いた人(誰だっけ?)は
偉いと思うな。
ナンバだと長きに渡っていろんな人がいろんな論を述べているから混乱する。


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 21:38 ID:Mepwlq6W
後足で蹴るという動作は、腰の回転によって行われる。
腰が回転すれば、体のバランスを保つために、
肩は腰と逆方向に回転する。
その結果、蹴った足側の手が前に振られる。
これが一般的な歩行動作。

一方、俗にナンバといわれる歩行動作の場合は、
前足の膝を緩めることによって重心の前方への滑落を誘うため、
腰の回転を伴わない。
むしろ腰が回転してしまうとバランスが保てなくなるために、
緩めた足の反対側の腰を前に押し出すようにする必要がある。
その結果、上記の一般歩行の場合とは逆方向に腰が回転するような
動作になる。
そのため肩は、その腰の回転とは反対方向に回転しようとするため、
結果的に緩めた足側と同じ側の手が前に振られる。
それによって、手と足が同方向に動くように見える。


414 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 08:55 ID:bDuYwEPS
>>409

>>398の書込みについては、
「皆さん勘違いしないでね」などとえらそうに間違った説を垂れ流しているので
突っ込んだまでに過ぎないよ。

これが「ナンバ」とは? という講釈ではなく、
たとえば限定的に「一般的なナンバから発展させた武術的ナンバ」
とでもすれば当たらずとも遠からずだがな。

このスレの前のほうにナンバを数種類に分けた人がいたけど(詳しいことは忘れた)、
確たる身体運用法としてある言葉じゃないから、あれぐらいの定義づけを行わないと
話にならんだろ。

>>413のように「俗にナンバといわれる歩行動作」なんて
いったい何のことを言っているのか理解不能w
ただの「ナンバ」とするなら>>408以上の定義は難しいと思うね。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 09:02 ID:bDuYwEPS
>>412
もともと「ナンバ」を流行らせた人は
ただナンバナンバ言いたかっただけなんだと思うw
そこが混乱する原因だったんだろう(多分w)

もともと「ナンバ」自体がはっきりとした言葉じゃなかったから
おのおのが自分に都合のいいように言いたい放題なわけで、
なんか邪馬台国がどこにあったかっていうのと似てるなーと、ふと思ったw

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 10:56 ID:sc4Ni4bY
>>415
>もともと「ナンバ」を流行らせた人は
>ただナンバナンバ言いたかっただけなんだと思うw

誰のこと?

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 16:13 ID:9XyyNz8x
ナンバを理解する上で、必読文献は「伝統と断絶」、甲野氏の著作、『常足(なみあし)』のサイト
あと何かお薦めありますか?

418 :少しでも楽したいと思ったら その時は死ね!!:04/05/08 17:29 ID:fPQm14M7
ナンバいいよっとね

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 01:32 ID:Y+/I9Xpu
>>414

>いったい何のことを言っているのか理解不能w

結局、あんたはナンバがなんたるかを全く理解していないわけだ(笑)


420 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 07:47 ID:Sc+ToQNi
>>416
甲野先生。

>>419
そんなもん理解する必要ねえよw
そんな考え方自体害悪にしかならん。

適当にでっち上げた「ナンバ」を、理解した気になって
悦に入ってるヲタにはわからないかもしれないがねw

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 12:21 ID:xbMoqIrJ
>>417
甲野氏の著作で、ナンバについての重要文献というと、どの本になりますか?

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 12:36 ID:Fp1IoHRc
大河の山南がやってるようなやつ?

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 12:52 ID:vMKWOZQa
ナバンババンバンバン

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 17:38 ID:BZ7B+yK9
ナンバ歩きの難波のナンバーは何番だ?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 07:53 ID:yXCGBguH
ナナバン

115 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)