5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【纏糸勁】八卦掌総合スレ 走圏3【螺旋勁】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 11:31 ID:xpG4S/il
【前スレ】
【站如釘】八卦掌 総合スレッド2【行如風】
http://sports6.2ch.net/test/read.cgi/budou/1063211464/
【適当に関連スレっぽいもの】
八卦掌
http://sports.2ch.net/budou/kako/993/993894114.html
八卦掌2代目
http://sports.2ch.net/budou/kako/1027/10278/1027872752.html
八卦掌総合スレッド1
http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1040578462/
八卦、形意、太極どれが一番威力ある?
http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1051191816/
八卦掌を習いたいのですが
http://sports.2ch.net/budou/kako/1035/10352/1035210217.html
八卦掌実戦上の達人高義盛について語ろう
http://sports.2ch.net/budou/kako/1043/10433/1043319239.html
八卦掌は本当に高級なのか?
http://yasai.2ch.net/budou/kako/973/973080229.html


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 11:32 ID:xpG4S/il
大柳勝   老師 豊島区         尹派宮式八卦掌(宮宝田の伝)【武壇】
伊与久大吾 老師 千葉県         張派姜式八卦掌(張占魁の弟子、姜容樵の伝)
本田唯人  老師 横浜市         程派八卦掌 (程廷華の次男、程有信の伝)
賀川雅好  老師 東京、さいたま、船橋  梁派八卦掌(梁振蒲の伝)/尹派八卦掌(賀普仁の伝)/                       程派八卦掌(不明)
高小飛   老師 新宿区、横浜市     尹派馬式八卦掌(馬世卿の伝)/程派八卦掌(不明)/劉派                        八卦掌(劉徳寛派八卦掌)
河田秀志  老師 目黒区         程派高式八卦掌(高義盛の伝)【易宗門】
清水豊   老師 東京都         尹派宮式八卦拳(宮宝田の伝)
地曳秀峰  老師 渋谷区         程派陳式八卦掌(陳伴嶺の伝)、蕭派八卦掌(蕭海波の伝)                      【終南門】
河野義勝  老師 不明          張派王式八卦掌(張占魁の弟子、王樹金の伝)
馮正宝   老師 北区、中央区      尹派八卦掌、劉派八卦掌(劉鳳春派八卦掌)
趙玉祥   老師 茨城県         史派八卦掌
後藤英二  老師 渋谷区         程派孫式八卦掌(孫剣雲の伝)
佐藤千鶴子 老師 東京都板橋区滝野川   梁派李式八卦掌(梁振蒲の弟子、李子鳴の伝)

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 11:33 ID:xpG4S/il
臼井真琴  老師 板橋区         梁派八卦掌(李子鳴の伝)/程派陳式八卦掌(陳シ半嶺,王樹金の伝)
                     尹氏八卦掌(尹玉璋、輩錫栄の伝)
山碕敬   老師 不明          尹派馬式八卦掌(誰の伝かは不明)
野田久貴  老師 東京都杉並区荻窪    尹派宮式八卦掌(尹福の弟子、宮宝田の伝)
                     【八極蟷螂武芸館・日本分館】
鳴海省吾  老師 東京都         尹派宮式八卦掌(尹福の弟子、宮宝田の伝)
                    【八極劈掛武芸館・日本支部】
楊進    老師 東京都杉並区阿佐ヶ谷  程派孫式八卦掌(程廷華の弟子、孫禄堂の伝)
遠藤靖彦  老師 東京都         尹派馬式八卦掌(馬貴(世卿)の伝)
沈再文   老師 兵庫県         尹派宮式八卦掌(尹福の弟子、宮宝田の伝)


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 11:34 ID:xpG4S/il
Q 套路の反復練習で強くなるつもりなの?
A ピッチング練習のように自分のフォームを作り、投球の威力アップを図る。
套路で勁道をつくり、その勁を更に練り上げます(威力アップ)。

Q 対人練習は必要か?
A 対人練習なかったら、ちよっとくるしいです。

Q ○○派っておかしくないか?
A 八卦掌は流派によって教えや要訣が異なります。

Q 走圏ってなによ?
A 八卦掌の練功法で下半身の強化や歩法を学びます。沈墜勁を維持した移動法や動き回る三体式という意見もあり。
  走圏も流派によって姿勢や要訣が異なるようです。

Q 八卦掌で強くなれるの?
A 強くなれるけど時間がかかるの意見が多数です。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 13:21 ID:BkBygKkp
>1
新スレおつかれです

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 15:06 ID:6Vx3Wc3X
大柳勝   老師 豊島区         尹派宮式八卦掌(宮宝田の伝)【武壇門】
      董海川-尹福-宮宝田-劉雲樵-徐紀-大柳勝

伊与久大吾 老師 千葉県         張派姜式八卦掌(張占魁の弟子、姜容樵の伝)
      董海川-張占魁-姜容樵-鄒淑嫻-伊与久大吾

本田唯人  老師 横浜市         程派八卦掌 (程廷華の次男、程有信の伝)
      董海川-程廷華-程有信-孫志君-本田唯人

賀川雅好  老師 東京、さいたま、船橋  梁派八卦掌(梁振蒲の伝)/尹派八卦掌(賀普仁の伝)/程派八卦掌(不明)
      董海川-梁振蒲-李子鳴-馬伝旭-賀川雅好
         尹福---曹鐘聲-賀普仁-賀川雅好
         程廷華-(不明)

高小飛   老師 新宿区、横浜市     尹派馬式八卦掌(馬貴の伝)/劉派八卦掌(劉徳寛派八卦掌)/程派八卦掌(不明)
      董海川-尹福---馬貴---王培生-王○○-高小飛
         劉徳寛-王培生-王○○-高小飛
         程廷華-(不明)
   
河田秀志  老師 目黒区         程派高式八卦掌(高義盛の伝)【易宗門】
      董海川-程廷華-周玉祥-高義盛-張俊峰-洪懿祥-蘇東成-河田秀志

清水豊   老師 東京都         尹派宮式八卦拳(宮宝田の伝)
      董海川-尹福---宮宝田-宮宝斎-何寒静-清水豊

臼井真琴  老師 板橋区         梁派八卦掌(李子鳴の伝)/程派陳式八卦掌(陳伴嶺の伝)
                     尹氏八卦掌(尹玉璋の伝)/張派姜式八卦掌(姜容樵の伝)
      董海川-梁振蒲-李子鳴-佐藤金兵衛-臼井真琴
         程有龍-陳伴嶺-王樹金-----佐藤金兵衛-臼井真琴
張占魁-姜容樵-沙国政-臼井真琴
         尹福---尹玉璋-裴錫栄-佐藤金兵衛-臼井真琴

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 16:08 ID:6VW9tHa9
ドキドキ・・・・今度は落ちないかな。。。。。

8 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/03/22 17:13 ID:1j99kliD
新スレ、おめでとうございます。しかも、【纏絲勁】!!わかってますねぇ〜。
久しぶりの八卦剣です。ショウ泥歩、平起平落中心の話題ですか。
発言では、先を越されたか(笑)

くるくるさんが、おっしゃるようにただ「平起平落」をして
その動作を追求すればよい、というものではありません。
平起平落の理由をキチンと理解し、そのいくつかの要訣を満たすことをしなくては
八卦独特といわれる「歩法」のよいところを習熟できません。

試した方で、しっくり来てない方、お見えじゃないですか?
「どんな結果につながる要訣なの、コレ?」と感じている方、

おそらく、上の部分についての要訣が不足している方で、ある程度の八卦習熟者ならば、くるくるさんの
おっしゃられた部分を付加することで、あること気がつかれた方がおられるかもしませんね。
前述のとおり、ただ「ショウ泥歩、平起平落」すればよいのではなく、また、
くるくるさんのおっしゃったことを、意識してただ実行するだけでは、ひとつの要訣を
満たすことに至ることは、大変難しいことです。

もうひとつ、ヒントです。
大切なことは、「そうする」ことではなく、「そうなること」です。

初心者の方も、熟練の方もぜひ、発言・投稿してください。
皆さんで、八卦交流しましょう。

マジで(笑)
※「纏絲勁」差し入れです。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 20:32 ID:UxHcSyvC
989 :くるくる :04/03/19 18:23 ID:spjZ9TYz

平起平落は大きく2つに分けると、招法の一環で使う要素と身体を成すという要素がある。
前者は門派の核心にあたる部分なので割合。後者のほうを少々語ります。

皆さんは湧泉という足の裏にあるツボをご存知でしょうか。
足の指と踵で地面を掴むようにしてこの湧泉に重心を置くことで安定した状態を創る事が可能となります。

湧泉を意識する武術は数多く存在しますが、八卦掌の平起平落では常に湧泉を
意識した状態で、それを維持した自由自在な歩法が可能です。
歩法の際、足を前にだして接地する時、虚実の逆転、いかなる時でも湧泉を
凹ませておくことが大事です。
また、これが「身体を成す」の第1歩になるでしょう。常に「身体を成す」
ことができれば移動中、転身中、逃走中(ワラ)いかなる時でも安定し、
発することができるでしょう。




10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 20:33 ID:UxHcSyvC
997 :くるくる :04/03/20 09:04 ID:YZAjLCg4
989に書いたことがヒントってゆーか殆ど答えなんだけど。
足を湧泉からあげて湧泉から接地しようとすればおのずと平起平落になる。

また、平起平落を検証するには他の拳法の歩法と比較すると理解しやすいです。
強く震脚して相手に強烈な一撃をおみまいするようならば平起平落は必要ないのです。
八卦掌の特徴は「途切れない」ことであり断続しまっては八卦掌でなくなります。

平起平落の有利な点をあげると、歩法の際、既に足を上げた状態からでも瞬時に歩幅の調節が可能で、すきなところで接地できること。
大きく踏み込む動作と違い、相手から未然に歩行をじゃまされても安定して接地できる点があげられます。
このへんが平起平落の要点の1つであり、八卦掌の自由自在な歩法の秘密の一角でもあります。

八卦掌の歩法は「途切れない」「居いつかない」「安定している」が重要なんで平起平落の目指すところはそこらへんにあると思います。


11 :ヨチヨチ:04/03/22 21:52 ID:vogIh+kD
たまにビデオとかで見る走圏は、重心を後ろに残して、平らに足を滑らせるように前方に送る、
そんな風にみえます。

でも自分がやっているのは、腹(丹田)をくるくる転がすようなイメージで、
自然に重心が前方に移動する感じなんです。
腹がドンドン前に進むから、足が前に踏み込まざるを得なくなるというか。

ですので、前に出る足は地面と水平ではないです。
普通に歩くよりは水平に近いかもしれないけど、やっぱり踵から降りています。

自分は前スレで、水平派も踵派も、共に達人を輩出している、平起平落の意味はもっと別なところにあるのでは?
みたいな発言をしたものですが、平起平落についてもう少し、皆さんのご講釈をお聞きしたいです。


12 :ヨチヨチ:04/03/22 21:57 ID:vogIh+kD
ほんとに、歩き始めたばかりですので、なるべく平易な文章でお願いします。

>八卦剣さま

しばらく、お姿を拝見できなかったので寂しかったですよ。
また色々、勉強させてくださいませ。

今までROM専でしたが、これからなるべく参加したいと思います。
ただし、ヨチヨチ程度なんで、限界もありますが。

13 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/03/22 22:34 ID:1j99kliD
ヨチヨチさん、はじめまして。

>でも自分がやっているのは、腹(丹田)をくるくる転がすようなイメージで、
>自然に重心が前方に移動する感じなんです。
これは、「走圏」または、八卦的な歩法で考えた場合、大変すばらしいことだと思います。
ヨチヨチさんのクンフーを直接拝見したわけではないのですが、その感覚を自分の経験と沿わせてみると
重心が前方にきて引かれる感覚は、「沈墜勁」が正しく発生した状態の表現として、近いものがあります。
おっしゃるとおり、今の段階では、「踵を上げる」こと「平起平落」に何ら差はありません。
それは、前方に「沈墜勁」かけるということに、平起平落は必要ではないからです。

ただし、今、感じておられる感覚は、平起平落とリンクすることで、変化した技術となることが可能だといえます。

今回、ヨチヨチさんコテハンデビュー(笑)の祝詞の意味で、ひとつあまり表にでないというか、
出されることのない、技術的なお話させていただきたいと思います。

お話の沈墜勁の方向操作という焦点です。

「前方に重心を感じる」というこの感覚、走圏する時点で、円の真中に持ってこられますか?
本当に正確に表現すると、相対する相手がいたとして自分と相手の間にひとつの「渦」が有るとします。
この渦を自分に近く持つこと。さらに細かく言うなら、丹田付近、進行方向に少し前方に沈墜勁勁を発生すること。
これをすることができる手段のひとつが「平起平落」という身体操作であり、結果「進化した変化型沈墜勁」です。
これをさして螺旋勁と呼ばれる方もおられますが、私はこれは「沈墜勁の操作」であると思っています。

八卦剣が教えを頂いた、螺旋勁についてはまた別に機会に。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 08:53 ID:rjOou6Rx
馬貴は内功を練ったりはしなかったのだろうか?
王樹金みたいに体に気を溜めたり。

15 :ヨチヨチ:04/03/23 09:04 ID:H352K+2b
八卦剣さま、おはようございます。

>円の真中

というのは、例えば反時計回りに廻っているとすると、左側に感覚を持っていくという事ですか?

>丹田付近、進行方向に少し前方

と位置が違うような気がするのですが・・・。


また、「平起平落」= 螺旋勁 なのですか?

勘違いばかりな質問の気がしないでもないなぁ・・・(汗;汗;



16 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/03/23 13:18 ID:wIg9+yQN
>>15 ヨチヨチさん、こんにちは。

>>円の真中
>>丹田付近、進行方向に少し前方
>というのは、例えば反時計回りに廻っているとすると、左側に感覚を持っていくという事ですか?
まずは、もう少し細かくお話をすればよかったですね。混乱ざせてしまってすいません。
ヨチヨチさんの習熟度について、私の認知度が低いのであえて、ああいう言い方をいたしました。
上の二つは、同じ話してるんですよ。大まかにと、細かに。という感じ。
ヨチヨチさんは、すごく狭い範囲のポイントに「勁」を感じたり集中させることができますか?
もしできるならば、後者を。漠然と「前方に重み」と感じる程度ならば前者をとって、お考えください・・・
ということです。前者について、もう少し細かく申し上げると、「丹田付近、進行方向に少し前方」に
付け加え、円の中心側の骨盤端の前あたりです。

>また、「平起平落」= 螺旋勁 なのですか?
ご質問のお答えは、前述のとおりです(笑)
「>>これをさして螺旋勁と呼ばれる方もおられますが、私はこれは「沈墜勁の操作」であると思っています。」
門派によって、詳細が異なり発生している勁の分類も酷似している場合、分類が異なることがあります。
また、これを勁とは呼ばない門派もあり一概に言い切れる部分ではないのです。

と、前スレッドでもお話しましたが、中国武術というとどうしても「勁力」に話が集中しますが、
平起平落やショウ(足尚)泥歩であるような八卦掌独特の歩法、そして走圏などにおいては、
発勁と双璧を成す部分の方が大切ですよ。

他門徒さんたちに、非難食らうの覚悟で言うならば、発勁するだけなら八卦掌じゃなくてもいいでしょう。
八卦掌が「八卦掌」として求めたものは、チェスの詰めのような緻密な身体操作の中で、体を成し、勁を生み、
複数のコマを同時に、有効に行使できる部分だと、私は考えます。

17 :ヨチヨチ:04/03/23 14:54 ID:H352K+2b
>八卦剣さま

頭の中もヨチヨチですので・・・・

>「丹田付近、進行方向に少し前方」に付け加え、円の中心側の骨盤端の前あたり
ぶっちゃけ、反時計回りでいうと、左斜め前ってことでつか?

>「勁」を感じたり集中させること
実際に作用しているのかはわかりませんが、意識させる事は出来ると思います。
妄想とも言いますが・・・(汗;


「螺旋勁」とは、八卦掌の身法(螺旋状の動き)で発生する勁の種類、
「平起平落」とは、歩を進めるに当たっての要訣、
だと思ってました。



18 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/03/23 15:51 ID:wIg9+yQN
ヨチヨチさん

>>「勁」を感じたり集中させること
>実際に作用しているのかはわかりませんが、意識させる事は出来ると思います。妄想とも言いますが・・・(汗;
対人練習はされていますか?
今回の話の焦点となっていいる勁については、相手があって、作用させることを「体感する段階」を
経て、相手がいない状態でも、相手がいるとイメージしそこに発生させるというステップを踏むこと
で体得することが望ましいものです。
もし、ヨチヨチさんが上の段階を通過することなく、沈墜勁を体感するに至っておられるならば
よいのですが、お話の端々を伺いかさねるに、失礼ながらどうもその段階ではないように思います。
勁というのは、確かな、力を感じます。それは、超能力や魔法、仙道、道教、そういう類のものではなく、
科学的な言い方に変えると、単純に「力学」と「力点操作」であります。
「意識させる」や、「妄想かも?」という自分でも半信半疑の状態ではありません。
ぜひ、対人練習で力感を確かなものに昇華してみてください。

前のスレッドで誰かが言っておられました勘違いの部分ですが、「走圏」しながら沈墜勁なんて
面倒な練習ではなくても大丈夫ですよ。先に、「勁」の力感を確実にするための練習ですから。

>>「丹田付近、進行方向に少し前方」に付け加え、円の中心側の骨盤端の前あたり
上の感じを体現するには、もう少し練功が必要なようです。m( . . )m
私から振っておきながら失礼な申し上げ、ごめんなさい。

螺旋勁については、簡単に言うと全身で纏絲勁を使う状態・・・とでも、簡単にふっておきましょう(笑)


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 16:29 ID:p0yzG/5A
お、新スレ建ってますね

20 :ヨチヨチ:04/03/23 16:37 ID:H352K+2b

ですから、ヨチヨチなんですって(笑。
沈墜勁らしきもの(特に名称に拘ってなかったので。でも多分そうだと思われ)は他派で多少、実感しているつもりなんで、

>意識させる事は出来ると思います

と書きました。

ただそれも八卦剣さまの要求に見合うレベルを体現しているかは、? ですので、
自虐的な書き方に・・・。

また八卦の勁道は当然、自覚できていませんので、「八卦の身法から発生する沈墜勁」が出来ているとも思えません。
とにかく、対人ですね。・・・でも、ウチにそのメソッドがない。。


21 :ヨチヨチ:04/03/23 16:52 ID:H352K+2b
>八卦剣さま&ALL

こんな八卦掌初心者相手で、書き込み方に困ることも多いかと思いますが、どうぞ入門編と思って頂き、色々とアドバイスをお願い致します。



22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 16:55 ID:p0yzG/5A
誰でも最初は初心者だ
ヨチヨチさんがんがれ!


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 17:19 ID:9AhVpJjf
全日本柔拳連盟や全日本中国拳法連盟でがんばったら、
地曳秀峰や佐藤柔心斎に
”八卦掌第5世伝人”
の称号ももらえるんでしょうか?

24 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/03/23 17:52 ID:wIg9+yQN
あああ〜すいません。
ちょっと、言い方が無礼極まりなかったです。申し訳ありません。
こころからお詫びします。と、参加に感謝したいぐらいです。

ヨチヨチさんのフリがなかったら、この話題にならなかったからです。

私が八卦初心者であったころ、老師や兄弟子からのチビチビとだされる情報だけで、
情報がまったくなくて不安だったり、知識がほしくてあせったりしたものです。
でも、私なんか手が届かないほど、習熟された方もここを見られている方も見えますし
その方からすると、私なんて、「程度が低い」のでしょう。

私もその方からみれば、まだまだ初心者です。

もっと、熱く情報交換しましょう!!
ということで、あらためて、よろしく > ヨチヨチさん

25 :ヨチヨチ:04/03/23 21:53 ID:Hu1sCRXf
>22さん
かたじけない。応援多謝!

>八卦剣さま
よろしくお願いします。
情報交換もなにも私から出せるのは、
「腹=丹田 を前進ローリングして、それに乗るように歩く」
という自分の現状報告だけです。

下沈掌・托天掌の手形でただ歩く。歩く速度は一定に。

これだけw  

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 22:27 ID:woMJ0ZEo
形意拳は?

27 :ヨチヨチ:04/03/23 23:01 ID:Hu1sCRXf
形意拳もやってます。こちらの方は、多少(八卦に比べてという程度)経験あり。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 23:59 ID:FC3Cc0Aj
>ID:xpG4S/ilさん
新スレ立ち上げ、お疲れさまです。
八卦剣さんも戻ってきましたので、話題の展開を楽しみにしています。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 00:38 ID:RB28EVG5
前スレではツウヒと八卦やってた人がいたなぁ
彼も消えちゃったね

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 01:12 ID:pswR9QDh
腕打ってラリアットでしょ?

31 :八卦刀:04/03/24 03:12 ID:LfnVu10o
螺旋について
螺旋勁の表現もありますが、螺旋自体が八卦掌を体現している大きな要素であると私は思います。
纏糸とはまた微妙にちがった螺旋。
これは八卦掌の歩法、身法、手法の全てに一貫して要求される行動原理だと思われます。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 04:28 ID:oECPlUFZ
過去に纏絲勁と螺旋勁の違いを本屋さんも聞いていたね

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 10:13 ID:o2tMA6Mz
八卦剣氏へ

もうそろそろ、やめておいたほうがいい。あなたは踊らされている。それとも、自ら踊っているのか?
書き込みの数々をよく見てほしい。
あなたとくるくる氏、そして武術板で有名なコテハン以外の方が、具体的な話をしているだろうか。
特に、上の「八卦刀」氏の書き込みを見てほしい。螺旋勁とは・・の書き込み
「螺旋自体が八卦掌を体現している」こんな発言は、憶測だけでできる。
「纏糸とはまた微妙にちがった螺旋」
「これは八卦掌の歩法、身法、手法の全てに一貫して要求される行動原理だと思われます。」
一見すると、螺旋系に言及しているようだが、内容はあってないもの。
「キャベツという野菜があるよ。レタスではないよ。それはどんな料理にもよく合う素材だよ」
といっているのと同じである。
結局、キャベツがどんな形をしてどんな育成をされどんな味であるか、どんな料理ができるのか。まったく語ってない。
次は、語らされるのだよ。君からなにかを引き出そうとしているのだよ。あたかも、「私は十分理解しているから、
語ってくれたまえ」といわんばかりに。

とどのつまり、この板で八卦掌を理解している人など、いないのだよ。
と、あまり八卦については露出しないほうがいい。快く思わない者もいる。

34 :ヨチヨチ:04/03/24 13:51 ID:d13oL07n
来たばっかりなのに、そんなこと言わないで下さいよ(泣。

ここで出されている情報は他門が聞いても、そんなに八卦門にとって不利にはならないんじゃないでしょうか。
それともかなりヤバイとこまで突っ込んであるんですか?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 13:55 ID:sEALBlwi
>>23
称号なんかほしいか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 15:30 ID:8tnkeiUv
33は二次会に誘われないタイプ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 15:36 ID:FQwO0X4e
八卦なんかばかのするもんだよ。
早くきずきなさいよ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 17:13 ID:GUI4FpT3
八卦掌は意念なく
はっきり形で考える、
みたいな話しこないだ読んだけど、
どういう事?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 22:09 ID:zTEmFBEJ
>>30
中国語では腕=手首
つう事で手首で打つ技はラリアットたあいわんだろうと

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/24 22:19 ID:+AiaQkKG
随分前に雑誌で車氏形意拳の趙老師が、蟷螂八卦掌の老師が凄い震脚をしたと
言っていましたが八卦掌に震脚はあるんですか?

41 :厨拳死ね!!!:04/03/25 01:41 ID:tAYHbz/N
>>39
手首で打って相手に効くわけねーだろ!厨拳妄想信者くん!
ギャハww

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 03:04 ID:LUzBxfd3
馬鹿海鮮がこっそり書き込んでいるウンコ掌スレはこちらですね?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 11:19 ID:Rd/axnsQ
>41>41
スレの保守には役に立つから適度にガンガレ

44 :丹毒:04/03/27 04:47 ID:WUB+wxJH
>>41
空手の弧拳とか、知らない?
>>40
梁派の64掌の中にもあるよ。
>>螺旋と纏絲
纏絲は外見上に表すよね。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 11:55 ID:lL3r4voq
>>41
手首で打つ技は割りとメジャーだよ。
空手もそうだし、中国拳法では蟷螂拳もそういううち方をする。
大東流佐川道場もそうらしい。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 12:05 ID:gAxuQheG
>42
馬鹿海鮮って誰?
以前大東流スレで荒らし嘘が暴露され逃げ去った陶海鮮のこと???

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 14:37 ID:Q95ZtMS+
こっちに本部御殿手の源流が八卦掌の源流と同じだと言い張ってる人がいるんですけどどう思いますか?

【歴史】中国拳法と琉球古武術と空手の関係【源流】
http://sports6.2ch.net/test/read.cgi/budou/1078573907/

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 07:21 ID:TU//NDXK
まったく読む価値なし

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 09:11 ID:wgWwN8yw
>33のせいで、またスレの流れが止まってしまった。また脱兎落ちするのだろうか。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 22:08 ID:HliDrFEF
ホッシュホッシュ

51 :ヨチヨチ:04/03/30 09:33 ID:6NgIctCq
八卦剣さんの仰る通りには到底出来ませんが、それでも何とか色々試しております。
その中で、進行方向斜め前方下に意識を落として歩いていると、とても肚がズッシリとなり、気持ちよく歩ける事に気付きました。

方向性として間違ってはないですか?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 10:43 ID:6It4Vwxr
>方向性として間違ってはないですか?


そういうのは自分の先生に聞いた方がいいのでは?先生の前で動作を行い確認してもらうのです。
一体何のために師匠がいるのでしょうか。

53 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/03/30 11:14 ID:wjC5wU6V
>>33さんにビビって、雲隠れしておりました(笑)
踊らされてるとしても、いいじゃないですか。
>あまり八卦については露出しないほうがいい。快く思わない者もいる。
おられるでしょう。無礼な言葉で恐縮ですが、「インチキ八卦掌」の教授がばれる方も見えるでしょうしね。
しかし、これほど多様化した情報網・伝達社会の中ではすべて無意味ですよ。
そして、私のこともいずれ、個人を特定されるかもしれません。でも、それも然りです。

「螺旋勁」については、概要のイメージをもってもらおうかなと、表面上の部分を簡単に揶揄しただけのことなので、
あまり詳細が違うの、違う勁であると食いつかないでくださいm(. .)m
私程度の八卦修行者が覚えた程度のことでしたら、出し惜しみする気持ちなんてサラサラありませんが、それらを文章で、誤解を招かないように説明し
始めると、キリがありませんよね。それに、私の知っている螺旋勁ではない他の方が習得された螺旋勁も、話題に出してほしいと思っております。
ので、もし、>>31八卦刀さんが詳細のご説明を下さるなら、新しい発見になるのではないかと思います。

それに、八卦の技術は文章で説明したぐらいで伝わるほど簡単でも、2次元的でもありませんしね。どんな武道でもそうだと思いますが、
見て、感じて、食らって、繰り返して、考えて、試して、それをどれほど繰り返すかわからないぐらいの練功が必要ですよね。
ここで、なにもかも教えて、高レベルになってくださいなんておこがましいことは、微塵も考えていません。
奥義や奥伝を公開したところで、できるはずもない。私は、ただ、習得する方がその手がかりになればと思っている程度です。

ということで、優しくしてください >>33さん

54 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/03/30 11:35 ID:wjC5wU6V
>>40さん
>蟷螂八卦掌の老師が凄い震脚をしたと言っていましたが八卦掌に震脚はあるんですか?
中国には「八卦掌or八卦拳」を冠する流派がめちゃくちゃいっぱいあります。
知っている範囲ではあまり見たことがありませんが、流派や系統が違えば、あるかもしれませんね。
八卦的に考えると、震脚する力が勿体ないですよね(笑)

>>51
ヨチヨチさん、おひさしぶりです。(私のほうが、ご無沙汰ですね)
>八卦剣さんの仰る通りには到底出来ませんが、それでも何とか色々試しております。
>その中で、進行方向斜め前方下に意識を落として歩いていると、とても肚がズッシリとなり、気持ちよく歩ける事に気付きました。
>方向性として間違ってはないですか?
ん〜、とですね。最終的には、「感じること」が、「相手に効かせることができること」とリンクしないと意味がないんですよ。
おそらく、お話に伺うヨチヨチさんの習熟度から判断すると、「まだ早いかな」というところです。
「進行方向斜め前方下に意識を落として」をするよりも、「円の中心に向かって、力感を感じる」⇒相手をその状態でつかんだら、一瞬でも沈墜勁が
カマせることに重点を置く練習がよいと思います。コチラが正しくできてから、「進行方向斜め前方下に意識を落として」をすると、たぶん今感じて
おられる感覚とは、違うことに気が付くのではないでしようか。

それと、>>52さんのおっしゃられることも、一理あるのです・・・
伺った話から、いくらでも文章で応援差し上げることはできますが、実際に触れてみると多少違ったり、似た感覚を「勘違い」してしまうケースが
考えられます。
52さんの先生が、八卦の勁を理解されておられる方ならば、一度ご確認をされたほうがよいと思います。

それに、螺旋勁ってそんなに簡単には習得できませんよ(ニヤリ)
套路や、一人での練習について言うならば、纏絲勁よりも、感じにくく、また感じた力感をこれ?!と誤解しやすいものです。
たぶん、相手がいないと習得は難しいのではないでしょうか。

55 :ヨチヨチ:04/03/30 13:44 ID:6NgIctCq
>52さま
所詮、ヨチヨチですので、先生はまだ「いいよ。いいよ」ってな感じで、突っ込んだ指導はしてくれません。
それと一応、八卦剣さんの仰られた内容を考えながら歩いてみた結果ですので、
報告もした方がいいかな、と思いまして。
更に言えば「先生に聞け」で済まされては、八卦修行者は誰一人ここに書き込みできなくなってしまうと思うんですが。
ここだけの回答を拠り所に独習している訳ではありませんので、話題の展開というスタンスで生温い目で見て下さいましm(_ _)m

>八卦剣さま
お久し振りです。

今は主に、下沈掌・托天掌の手形で身体を捻らずに歩くことが多いんです。
そうすると、「円の中心に向かって」意識を持つよりも、「斜め前方」の方が意識しやすいなあ・・って感じてまして。

もちろん単換掌もやっておりますので、これからは特に注意してトライしてみます。

螺旋勁・・・・そ、そんな簡単に習得だなんて考えたこともありませんよ。。

ただ、八卦剣さんの言う螺旋勁と同じモノかは判りませんが、「これが螺旋勁っちゅうもんだ」みたいな動きを見せてくれた方がいまして。「へえ」って思ったことはありました。



56 :ヨチヨチ:04/03/30 14:08 ID:6NgIctCq
52さま、生意気言って申し訳ありません。。。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 17:34 ID:vSRMRrkN
52=33

お主は何者だ?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 02:16 ID:x6bCGd82
>八卦剣さん
素晴らしい書き込み、感激!&大歓迎!!
確かに「インチキ八卦掌」の教授がばれるのは多様化した情報網・伝達社会だからですよね。
個人を特定されるかもしれません・・・いや、いや分かっても言わぬが2ちゃんのルールです。
本当に必要とあらばお会いしてご教授を願えばいいと思うのですが・・・
これからのご教示を楽しみにしています。(ペッコン

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 11:01 ID:VYKlCEPW
>58
前スレで知ったかぶりしてた奴だろ?
なにが「ですよね」だ、わかりもしねぇのに人の尻馬に乗るようなカキコばっかりしやがって。
傍から見てて、人がてめぇが知ったかぶりってんのわかんねぇとでも思ってんのか?
お前みたいなヤシが、スレ止めてんだよ。
ウルァッ(((((;`Д´)≡⊃) 58`Д)、;'.・

60 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/04/01 16:07 ID:JA95PCV1
>>58 さん
お褒めいただいて、大変光栄です。

>>59 さん
乱暴な発言されると、荒れてしまいます・・・できれば、穏便によろしく・・・

と、発言してて思ったのですが、八卦掌の門派が多くいろいろな角度から考えると、私の習っている門派としての八卦掌と
一般的な解釈の上である八卦掌と、区別したほうがよろしい箇所がある場合があると思いました。でも、私の所属する派を
明らかにするのはちょっとアレかなあと思いましたので、以後は、「剣派八卦掌(仮名)」と、便宜上申し上げようと思います。
ああ、おこがましい。
でも、ハンドルでも名乗ってみたかった・・・自分の派(ニヤニヤ)

61 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/04/01 16:19 ID:JA95PCV1
スレッドの傾向としてか、以前から名前の出た勁について話が集中し、それについて習得するには?!
というような形に単純に話が進む傾向にありますねぇ。螺旋勁に注目している方で纏絲勁について練度の低い方、
おられるならば老婆心からですが、ちょっと忠告をさせてください。

螺旋勁の前に、纏絲勁が扱えないと、螺旋勁もただの回転みたいになっちゃいます。

剣派八卦掌(さっそくつかっちゃった・・)の螺旋勁は、纏絲勁の技術の一部を併用します。
おそらく一般的に八卦掌を習得されている修行者にはない技術かもしれませんが、
極端な話、この技術は握りこんだ拳にも、螺旋勁を生むことができます。

太極拳でも、似た技術がありましたよね?陳式の方が、これとよく似た化勁をされているのをみたことがありました。
太極拳には、とんと疎いので知ったかぶり発言なのですが、詳しい方、みえます?


62 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/04/01 16:33 ID:JA95PCV1
話によくあがる「扱える」や「理解」について、ちょっと説明させてください。
私の申し上げる「扱える」というのは、下記のようなことです。

・「力のベクトル」や「身体に対する影響」「勁の主眼とするところ」「成そうとする結果」について
よく理解しているかということです。
理解しているということは、ここでは単純に知ってるか、それを正しく目標にしているか?
・体現できる老師からの指導があり、かつ、勁を受けた体験がある
・対人練習において、約束上の動作において、最低でも数回に一度、正しく体感・体現することができる

と、論外なんですが・・・
「マンガの本や小説などの極端な表現について、「事実に基づいている」か「不可能に近い(笑)」という判断がつく」

夢物語を信じてる方、結構多いんですよ。

63 :58:04/04/01 22:26 ID:2TpqzvUh
>八卦剣さんへ
どうぞお気遣いなく・・・・・
私は初めての書き込みなので、59さんの思い違いでしょう。(W
59さんがためになることをカキコしていただけましたら褒めてあげますからご安心を。(激藁
33さんや荒らしには無視が一番! 引き続き楽しみにしています。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 17:35 ID:Zm7gjJEM
今は亡き?武術のバックナンバー(98年秋号)を整理していたら、尹派馬貴式の八卦掌として呉式太極拳で有名な王培生老師の紹介記事が載っていたです。
カラーページに載っている、息子さんの王乃相氏の八卦掌の写真などは凄くカッコイイ!
同じ馬貴の伝でも随分と違いがあるものだなぁと思う。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 18:49 ID:4GPCO5h0
>>64 蘇いくしょう氏の八卦掌の記事、武術に載ってたと思うけど、殿記事かわかりませんか?
1992冬号の「八卦掌の秘密に迫る」八卦掌の理論と実践の理編の
p15、以下次号 のその次号を探してるんですが・・・

m(__)mお願いします

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 20:46 ID:PrFi65Ch
>>64
誰かが前スレで03年冬号の記事読んで習ってるものと風格違うっていってたね

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 20:56 ID:uQ1Kml6F
>殿記事かわかりませんか?
→どの記事かわかりませんか?

バックナンバーの整理がてら、都合がよろしければお調べくださいm(__)m

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 20:59 ID:sZGsh0Ln
手のひらを上に向けて、腿を高めに上げて歩くのは鶴歩?


69 :卸骨匠孫通:04/04/02 21:30 ID:uupshP8P
>>65
横レス失礼。それは1992春号の「八卦掌の秘密に迫る(後編)」のことですか?
確か他では見たことのない、八卦掌では垂直の三才輪と水平の五行気輪の八つの円
を使うと言う蘇氏の理論が載っていました。他に内修八卦掌の連続写真とかが掲載
されていました。P30からP43です。
そしてPart2として「八卦掌の第一人者康戈武氏に聞く」と言う記事がありました。
P44からP49でした。
>>68
鶴歩とは尹派の鶴行歩のことですか?もしそうなら福昌堂から出ている黄志誠氏の
「宮宝田八卦掌」のビデオに詳しく解説されています。

70 :卸骨匠孫通:04/04/02 21:42 ID:uupshP8P
正しくは「八卦掌の秘密に迫る(後編)」ではなくて
「八卦掌の神秘に迫る(後編)」でしたね。訂正。

71 :68:04/04/03 15:46 ID:vrz6joXG
>69様
ビデオデッキがないのです……DVDないかな……
DVDならpcでもps2でも見られるのに。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 17:21 ID:CzPsKhFN
>>69 >>70
わざわざ有難う御座いました。これから探してみます。

で、その蘇氏の理論は皆様方から見て如何でしょうか?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/05 02:41 ID:s2lVpXED
歩くときに弾まず、重心が落ちていく感覚。
目を閉じてイメージ膨らませて行うと下にどんどん沈んでしまう。
前に進むことの難しさを感じる今日この頃・・・
昔、日拳でしこたまやったテッポウしながらのすり足の感覚に似てるが
身体操作がまるで違う感じ。う〜ん・・・

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/05 09:30 ID:yeRwGJ69
>>73

がんばりたまえ

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 02:48 ID:OFFQ+YOi
保守ら

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 08:53 ID:lirzxV51
八卦剣さんに質問。

後ろ足は蹴りますか?例えば形意拳のように。
それとも、落下を使いますか?古伝空手のように。

77 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/04/07 10:38 ID:oXp8HC7g
一概に、お答えできないところです。

というのも、これこそ各派の特徴が大きく反映される箇所だからです。
でも、大きな別れ目として、「表演派」と「実践派」と沸けることができると思います。
実践派でも、発勁法、身体操作、目的によって、歩法が2〜3つに分類できますか。

76さんが、表演派(気功系も含む)であられる場合、実践派の私の歩法がまるっきり逆を指す場合があるんです。
まずは、76さんがされているところについて、お先に伺ってもよろしいですか?

そのあとで、比較してみましょう。

78 :76:04/04/07 13:16 ID:lirzxV51
八卦掌全般ではなく、八卦剣さんのところのを聞いてるだけなんですが。
自分のとこは表演ではありません。かといって、実戦に使えるかどうかは・・・ですが。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 14:23 ID:tjcb1xL9
76のところではどうなんだい?

80 :76:04/04/07 15:10 ID:lirzxV51
蹴るように言われます。

81 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/04/07 15:11 ID:oXp8HC7g
>>実践派の私の歩法がまるっきり逆を指す場合があるんです。
>>まずは、76さんがされているところについて、お先に伺ってもよろしいですか?
>八卦掌全般ではなく、八卦剣さんのところのを聞いてるだけなんですが。
私も、八卦全般ではなくて、私の所属する流派につぃて、申し上げております。
それに、76さんの今やっておられる具体的な歩法についても、ぜひお話を伺いたいですね。
76さんは、蹴りますか?落としますか?

と、足を云々というのは、走圏のときの話ですよね?
もし、対錬のこのときや、発勁時のこのとき、などそれぞれでイロイロ違いがありますよね?
走圏ではない状況の事でしたら、詳しく。

82 :76:04/04/07 15:20 ID:lirzxV51
走圏のときです。普通にペタペタ歩きます。

83 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/04/07 15:35 ID:oXp8HC7g
なるほど。「蹴り」ますか。剣派八卦掌では、両方ありません。つまり、蹴りも落下もありません。
もちろん、対人としての歩法でも一部を除いてはありません。
しかし、走圏においては、まったくこれをしてはィケナィと教えられました。
スケートリンクの上を体ごとすべる感じですね。下半身使うのではなくて、体ごとすべる感じです。
筋肉で制御するものでもありません。

体を成した上、発勁に至る場合、蹴り足を使うと打突力が上がったように感じますが、表面上の話で「勁」としての力がプラス
されるわけではありません。また、落下については前にも述べた「震脚」や「初歩の沈墜勁」のような形で使うと、実は走圏の力が逃げます。
集約されるようで、無駄に下方向に流そうとして、分散されるのです。
したがって、走圏・または対人においての歩法で「歩く」という意識ではないのです。
足裏も、先にくるくるさんがおっしゃっていたように、ペタリっと足をつくだけでは、これも力が逃げてしまいます。

と、剣派八卦掌の歩法、概要はこんな感じです。結構な極意に近い話なので、やばいかも(笑)

84 :76:04/04/07 15:45 ID:lirzxV51
さようですか・・・自分のやっていることは・・・(禿鬱

八卦剣さんは学生募集してませんか?(笑...

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 16:03 ID:tjcb1xL9
あいや76さん、上記の話はあくまで八卦剣さんのところの技術であって、蹴り足を勁に繋げる技術も実在する。
テンプレにもあるように八卦掌は流派によって技術や練習体系が異なるから、八卦剣さんのところも貴方のところも正解、不正解はないと思われ。
そう落ちこまないようにな。
自分の習った事を忠実に練習していくといいし、それが近道であり、その結果で見えてくるものもある。
質問や疑問を持っている時期とどうしてそうなるかがわかってくる時期じゃー同じ練習でも違った内容になるから。

86 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/04/07 16:13 ID:oXp8HC7g
>>84
76さん、私がお弟子様や生徒さんをなんて、滅相もない。私もまた高みを目指すばかりの修行者です。
欝にはいることはありませんよ。あとで、85さんもおっしゃってるように、それぞれの流派で勁道や身体操作、技巧の差分があるわけで、
交流のあるとある流派では、前に出した足をぐりゅぐりゅぎゅぅ〜って感じで勁をひねり出す(笑)ところもあります(※あくまでも、タダの表現ですよ)
剣派では、それをする「力が無駄になる」という考え方です。ここでもいきなり違いがありますよね?
それに、76ささんの習熟度によっても、先生が教えているレベルもありますし、これも一概に言い切れないんですよ。
だから、欝なんてぇのはやめてください(笑)

さらに余談ですが、走圏から套路にはいる瞬間に勁を急激に蓄積する流派があるのですが、これがベチャッと足をついて一瞬静止するんです。
これをこの派では、螺旋勁といってました。確かに、力感はすさまじいものがありましたので、ミニ技術交流会で、この技術を習ったのですが
私にはできませんでした。曰く、「上半身が勁を分散してしまってますよ」って。流派によって、勁道もこんなに違うものかと、つくづく感じましたよ。

>>85 さん
ナイスフォロー。まさにイワンとするところは、そこなんです。

87 :76:04/04/07 16:26 ID:lirzxV51
了解しますた。。。なんでこの派だけこんな違いが出てくるんだろ・・・

八卦スレで話題が途切れるわけだ。勁道の統一もなければ、話が続かないもん。
その点、形意スレなんか覗くと、一応基本的なところは統一性があるみたいで。スレも続いてますもんね。あと武壇スレなんかも(これは当たり前か)

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 17:26 ID:i47ontpx
前々から思ってたんだけど、董海川ってどういう風に八卦掌教えてたんだろう?
それほど長い歴史でもないのに門派によって技の形や力の伝え方違いすぎるような気もする。

89 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/04/07 17:46 ID:oXp8HC7g
>>87
76さん、私はむしろ逆だと思いますよ。
統一性がないから、話が広がる可能性が高いんじゃないですか?「私の派は、こうだ」「俺の派は、違う!こうだ」と。

76さんに対してではありませんが、失礼な発言をさせていただきます。
スレが続かないのは八卦掌を表演派・実践派にかかわらず、勁道を正しく持たない派が割合的に多く、武道・八卦掌としての
強さを求められる部分がないからというのもひとつ、いえないでしょうか。技術がなければ、表面的な話をするしかない。
でも、套路も単換掌・双換掌・B穿掌以外はあまりにも型があったり動作が違ったり、さらには用法がはっきりとしていないものが多い。
結果、なにを話していいのかよくわからない。話が進まない。というところもあるのではないでしょうか。

と、逆を言うと八卦掌で少数派だと申し上げた武道・八卦掌として成立している派のレベルの高い方は、語らずというところも
あるかもしれません。

>>88
88さん、こんにちは。
イロイロな説があるのですが、基本的に八卦掌は単換掌・双換掌が理論の超中心です。実際、単換掌ができない方は、八大掌や64掌を知ってても
まともな八卦掌と呼べる部分が、ありません。「八卦踊り」状態ですよね。表演派の方をコケにしているとかでは、ありません。あくまで
実践派を口にされてる派に対しての揶揄です<八卦踊り>
日本に多く知れ渡る程派、イ派などを例にとると、それぞれが得意とした分野に、八卦理論を生かしているという
見方をする説が多いようです。
と、知ったかぶりをしましたが、私は歴史や伝承について、詳細に興味ないんですよ・・・なので、知ったかぶりでした(笑)


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 01:08 ID:YesVJNKh

>スケートリンクの上を体ごとすべる感じですね。下半身使うのではなくて、体ごとすべる感じです。

そういえば、前スレで中国の人に会社で習ってる人がいましたね
彼の師匠もローラースケートのように歩いたとか言ってました
彼は続けてるのかな?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 11:23 ID:UvaPfdOm
ほしゅしゅ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 11:58 ID:uBtmCsDh
>蹴り足を勁に繋げる技術も実在する。
>剣派では、それをする「力が無駄になる」という考え方です。

根本的なところで正反対なんて、同一門派内でありえるのだろうか・・・わからん。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/10 06:54 ID:Jz5PWF8I
>>88
董海川は人によって教え方を変えてたらしいよ。
翻子拳をやってた人と地淌拳やってた人では違うトウロを教えてたらしい。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/10 11:23 ID:dJS2dYgi
まあそういうのは八卦掌に限ったことではないんですが・・・

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/10 13:01 ID:Hq0Uzo5R
>基本的に八卦掌は単換掌・双換掌が理論の超中心です

具体的には、どんな理論なんでしょう?

96 :八卦剣 ◆ReHNZMqXlo :04/04/10 21:35 ID:LAKTSthA
>>92
>根本的なところで正反対なんて、同一門派内でありえるのだろうか・・・わからん。
92さんのご指摘部分は、すこし違います。同じ勁でも、発生させ方がいくつもあるので、それぞれの流派の
方法から、上のような相違になるということです。剣派では、沈墜勁を発生するにしても、歩きながら発生する
ところは同じでも、消散させずに、次の歩、次の歩につなげてゆく技術を重要視するということです。

>>95
95さんは、門外の方でしょうか。
すごく大きな分類というか、必要事項は前にも挙げました「体を成す」「勁を操作する」を動じに行い、3次元的に
相手との空間を制圧することが、単換掌の大きな要点だと思います。意地悪で申し上げるのではまったくありませんが、これ以上の
説明は、無理です。
具体的に・・・ということですが、詳細を文章化すると、投稿を4〜6使っても足りません。
また、私の文章力・習熟度で文章化することが、ちょっと難しいです。体現して説明しないと誤解されてしまう可能性が
多分にございます。そこから、激しい突っ込みなどありますと、ちょっと回答に困ってしまうも。
というところです。未熟ゆえ、勘弁してください。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/13 19:44 ID:5EQNTIfJ
回線よ
ハンドルネーム変えてコソコソ書き込むんじゃない。荒らしの分際でみっともないぞ ゲラ

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/14 19:13 ID:TgPQYdyJ
>>76
形意拳って地面蹴りましたっけ?

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/15 01:40 ID:pfO32sIS
以前にも海鮮とあったが、海鮮とか回線の荒らしってなんだい?
回線がどの書き込みをしたって言いたいかおいらにゃちいとも分からん。
アンタのカキコの方が荒らしに見えるってこった ― 注意して貰いたいんだよ!

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/15 01:54 ID:YQuSK53m
>>98
コン歩っていうらしい。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/15 08:01 ID:cvnSVVkS
地面を蹴ってるんじゃなくて衝撃が足にきてるだけなんだが・・・

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/15 09:46 ID:BCFbd1DB
そう鬼の首とったようになるなよ
結果の話をしてるんじゃなくて初動の足の運用だろ

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/15 11:16 ID:8KBaZP5G
スレの内容とは関係ないけど、「鬼の首を取ったよう」の用法は↑のそれでよかったんだっけ?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 13:11 ID:IiElRLqN
喪主

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 17:44 ID:Iezi3Zs7
hosyu

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 03:14 ID:LKEYgGy8
死守

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 00:37 ID:hbIRyeOj
age

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/23 16:38 ID:H352K+2b
必死age

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 11:41 ID:BpUgSj7D
kakiage

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 14:00 ID:reJgfZnE
願いsage

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/30 22:36 ID:WfQsgYDR
八卦門は悲惨な最後を迎えた人が多い。
呪われた門派だ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/02 13:57 ID:lRVvC6GN

犯罪 武道専門誌秘伝と小林正典に告知

東京地方裁判所 裁判番号記載 被告 東口敏郎
套路有害説http://www.ne.jp/asahi/tfz/tys/index.html



113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 13:50 ID:1Db9nTft
http://www4.ocn.ne.jp/〜hakkesho/kigen-new.htm
さげ

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 19:45 ID:mGWIZARa
age

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 00:18 ID:hBx5UeRZ
2日の蘇東成老師の八卦掌セミナーに行かれた方いますか?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 08:41 ID:BtBTQgoP
創始者不明の武術、八卦掌

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 23:57 ID:RH8JpbJN
コテハンで長文の奴ってぷんぷん臭うな。


118 :名もない行者:04/05/10 02:09 ID:J7tceXeY
八卦掌で歩法以外の基本鍛錬って何やってます?


119 :◆/EIY7fZjNY :04/05/10 08:53 ID:uQgBM8SX
>>118 眼性死勁功(笑。

しかしなんでここ、こんなに閑散としてるんだろ?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 14:50 ID:uYU+Y9O+
技術話そうとする人がいない。いても、すぐ脅しや邪魔が入ってやめてしまう。
あと、使えるレベルの人があまりいない。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 16:04 ID:uYU+Y9O+
頼みの綱は義さんだったんだが、八卦はあまりやられていないご様子で・・・。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 20:37 ID:0K+08moX
>使えるレベルの人があまりいない。
そういう君はどうだよ?
八卦掌が本当にわかっていて、そう言う発言をするならいいが
出来もしないいで偉そうに、評論するのはカッコ悪いぞ。

123 :名もない行者:04/05/11 20:59 ID:gpYKy8Sx
レベルとかは要求していないんですが……
地味に死歩の穿掌30分とか。
そういった体験談でもいいかなと思っての話題提起でした。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 08:35 ID:PT/oJ3sr
死歩は虚歩とはちがうものですか?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 09:35 ID:FV0vJ91g
死歩の穿掌30分

???詳細求む

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 10:15 ID:JrGy/kXl
定歩で、穿掌の数稽古やるってことでしょ?その場突きみたいに。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 10:55 ID:FV0vJ91g


137 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 02/12/21 13:34 ID:QtwCa8ji

一日、15分でもOKって世界でもあるぞ。
筋がよければ。
理解力があれば。

まるで異質な戦闘能力だから。異質な世界に入れなければ馬鹿みたいに
弱い。その入り口に立てれば、入らなくても人間をシュレッダーに
かけるみたいな強さになるんじゃないか。
やられてみてそう思うぞ。いきなり馬鹿みたいに強くなるやつを見たよ。
謎の門派なんだけど、同門の中では入り口にも入れないようだけど、
その人外部には無茶苦茶強いと聞いたよ。


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 10:56 ID:FV0vJ91g
150 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 03/01/12 23:53 ID:YtwNSYO3

私なりに簡単に表現させてもらえば、
八卦の戦略って将棋に似てるんではないか。
勝負の時間的展開において、何手か先を実際に動く。
予測のシュミレーションではなくてだ。それなら蟷螂拳的になってしまう。
そうではなくて、一打の中に実際は影の2打目・3打目が(隠れてるのではなく)、
あとは引き金を引くだけの準備を終えた形で攻撃が連続して繰り出す感じなのだと思う。
だから、0打目の影の中で1打目ほぼ終わっていることになる。いたってシンプルとも言える。
一瞬の中のスケジュール管理が違う、デジタルビデオカメラの早送りのような世界だと
思う。



129 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 10:57 ID:FV0vJ91g
さて、どうゆうことか。みんなで考えてみようか?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 12:02 ID:PT/oJ3sr
>>120 まるで八卦を理解していない。

131 :◆/EIY7fZjNY :04/05/13 12:32 ID:EQIHMoFm
>>121 お言葉通り僕は八卦について殆ど無知です。
僕の居たとこの内家拳では、八卦が最も強く危険だと知られておりましたが、
練習が形意よりもさらに単調で、
イマイチ面白さが分らないので、あまりやる気にはならなくて止めちゃいました。
あと先生の練習に付き合い、彼を地面に投げ飛ばす稽古もしましたけど、
これは本来は八卦の敗勢からの回避感覚を学ぶ訓練らしかったのですけど、
まず普通、柔道などでは絶対に投げられてしまうような体勢へ持って行き、
そこから身をくねらせて脱出するのですが、師は五回に一回くらい失敗して、
僕に地面に叩きつけられるのです。派手に打ち付けられてやばい感じなので、
「大丈夫か?」と思うのですけど、これが俳打功になるそうで、
ますます八卦はやりたくなく想ったもんです。



132 :◆/EIY7fZjNY :04/05/13 12:45 ID:EQIHMoFm
それに陳家拳や尚氏形意拳では螺旋状の発勁は、
勁を捩れで加工して伝える(捩れをほどく)だけのものですけど、
八卦の発勁は発勁が終わっても引き続き螺旋を身に纏い続けることを要求されて
(これが「鉄糸球」?)、一緒にやって混乱させられましたし・・・。
これではとても冷やかしでやれるようなもんでは無いと、八卦は諦めたのです。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 19:56 ID:NGCzrfew
義ちゃん、敗勢から語るなんて、通じゃないか!
これは、日本では語られてないんじゃないのか? 凄いな!

八卦嘗の、あの特殊な発剄原理については、どう思う?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 20:51 ID:PT/oJ3sr
>>133 失せろ。 持論も提示せず、他論を求めるな。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 22:00 ID:1ZldhTfE
「義」ってもしかして、あの「ヨシ」?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/13 22:30 ID:92a4b9bh
>>135
そうだよ。知らなかったの?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 23:07 ID:WWeA29zM
>>134 それは持論を提示して欲しいって事? で、君は?www

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/14 00:52 ID:W/eNMGQ0


 義さんの師匠って、広島のクレなんとかって人じゃない?



139 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/14 01:38 ID:KqwQbwNx
>>138 ワラタ

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/14 04:06 ID:NWYJ8R67
>>137 ナイス突っ込み!

141 :名もない行者:04/05/14 04:36 ID:pkm0Xdgq
義さん体験談有難うございます。
今日は站椿しかできませんでした。
梅雨に入ったらどうするかな

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)