5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

雨ニモマケズ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 15:33 ID:vf1G1HaP
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 15:38 ID:i+zbVvb+
武道はオカっぽかったり、神がかったりするわな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 15:38 ID:IjScp72E

       完

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 18:15 ID:BsQeknkq
アニータなめたい

5 :元コテハン:04/03/30 03:25 ID:3JfuI+j9
おおむかし、ひとがまだ、そらをみあげるしかなかったころ。
さむさにふるえてやりをにぎっていたそのころ。

ひとはおおかみやらいおんのえさでした。
ひとはきのみやくさをたべていました。
まわりはたべるか、たべられるかだったのです。

それはさびしいとひとりのわかものが、おもいました。
よのなかはひろい。たべたりたべられたりしない、いきもののつながりがどこかにあるにちがいない。

わかものはななつのさばくをこえてみっつのやまをこえ、はちばんめのたいりくをこえ
まんなかのうみをわたり、ちのはてまでたびをして、たべたりたべられたりしないものをさがしました。

ちのはてでしろいくじらがいいました。
どんなところにいってもかわらないよ。こきょうにおかえり。

わかものはかなしいこころでこきょうにかえります。


6 :元コテハン:04/03/30 03:27 ID:3JfuI+j9
こきょうではあいかわらずたべるかたべられるか。わかものはばかだと、いわれていました。

ばかといわれるのがいやでいやで、わかものはひとり、やまでくらしはじめました。
それからなんねんかたち、わかものはおなかをすかせているおおかみをみつけました。
それはわかものをたべようとずっとおいかけていたこわいこわいおおかみでした。

わかものはいいました。 どうしたんだい? ぼくをたべようとするものよ。

おおかみはいいました。 おまえのかちだ。おれをたべろ。

わかものはながくながくかんがえたあと、じぶんはばかではないとおもいました。
そうしてもっていたたべものをこわいこわいおおかみにわけてあげました。

たべるかたべられるかではなく、いっしょにたべることをえらんだのです。

おおかみはありがとうといいました。このきもちをなんとなづけよう。
わかものはそれはかんがえていなかったと、いいました。

 こうしてひとに、はじめてのともだちができました。
それはともだちというなまえができるまえのこと。

おおかみはひとをたべるさだめをうらぎり、なまえをかえて、いぬとなのるようになりました。
それからなんねんもたちましたが、いまもひとは、はじめてのともだちとともだちです。

どこにいても、いつにあっても、とおくまでいかないでも、こころがそうおもうのなら、そこにはなにかがあるのです。
なまえもない、なにかが。 これはそういうおはなしです。

おわり。



7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 03:30 ID:xtSdf6ER
>>5-6
( ´・ω・`)ウウウウ・・・

( ´;ω・`)ホロリ

8 :元コテハン:04/03/30 03:34 ID:3JfuI+j9
http://book.2ch.net/test/read.cgi/ehon/1026916830/l50
http://member.nifty.ne.jp/minn/sub03.html


9 :元コテハン:04/03/30 04:20 ID:3JfuI+j9
それはおおきなドラゴンでした。
なんねんもとしをかさねたトカゲだけがたどりつく、おおきなおおきなドラゴンでした。

それははじめ、ただのトカゲでした。
それはちいさな、よわいトカゲでした。
 でも、そらをとばなければならないから、そらをとびました。
 でも、ひをふかなければならないから、ひをふきました。
 だれよりもつよくならなければならないから、つよくなりました。

トカゲにはゆめがあったのです。

それはよるをまもること。

 トカゲはよるおそくまでおきれません。だからトカゲはトカゲをやめようとがんばりました。
くるひもくるひも。くるひもくるひも。

 トカゲはいつまでたってもトカゲさと、だれかがいいました。
でもトカゲにはゆめがあったのです。こわれもせず、きえもせず、めをつぶればいろあざやかによみがえる、そういうゆめが。

 そして、いちおくねんがすぎて、におくねんがすぎて、さんおくねんがすぎて、よんおくねんがすぎて。ごおくねんがすぎたころ。
 だれもトカゲをトカゲとよぶものはいなくなりました。トカゲはながいながいよるのはてによくりゅうとよばれるドラゴンになったのです。

 ゆめは、こわれませんでした。

 おわり。



10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 16:54 ID:Zi1dquA9
>>9
( ´・ω・`)ウウウウ・・・

( ´;ω・`)ホロリ


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 19:11 ID:g1xsNMxh
( ´・ω・`)ウウウウ・・・

( ´;ω・`)ホロリ 良スレなのにAGAらない・・・


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 21:09 ID:38Vm9RF8
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/06 22:06 ID:g8U3wr21
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/06 22:27 ID:14qtuSbF
デクノボウハ イヤジャ
ミノルホド アタマアゲウル
イナホカナ 
フツウノニンゲン

15 :爆撃マシーン ◆TL54msBRGg :04/04/23 20:44 ID:kE9iQRlI
ここは`宮澤 賢治`を語って良いのですか?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/23 20:50 ID:4ZcX401t
えー、これってまだあったの?!

>>9
( ´・ω・`)ウウウウ・・・

( ´;ω・`)ホロリ

17 :爆撃マシーン ◆TL54msBRGg :04/04/23 21:14 ID:kE9iQRlI
わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといっしょに
せわしくせわしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です
(ひかりはたもち その電燈は失はれ)
これらは二十二箇月の
過去とかんずる方角から
紙と鉱質インクをつらね
(すべてわたくしと明減し
  みんなが同時に感ずるもの)
ここまでたもちつづけられた
かげとひかりのひとくさりづつ
そのとほりの心象スケッチです

18 :元コテハン:04/04/23 21:59 ID:DKgpotZc
15年近い前のことだから、もうむかしといってもいいかもしれない。
ぼくはまだ小学校の3年生だった。



その年の夏休みには、町の子供のあいだでもちの木の皮から「とりもち」を作ることがはやった。

だれがどこでおぼえてきたものか、もちの木の皮をしばらく水にさらす。

それをすりつぶしながら、かすをあらい流していくと上等のとりもちができる。

近所の家の庭に5本ばかりもちの木があって、皮はそこからとった。

ところが、おおぜいがよってたかってその庭をねらったものだから

たちまち見つかって、ぼくたちは大目玉をくった。

「平気だよ。峠の向こうにいけば、きっとあるさ。」

大目玉のあとで、年上の三好君は、舌を出して自身たっぷりにそういった。

みんなもそう思った。

 

19 :元コテハン:04/04/23 22:04 ID:DKgpotZc
「峠の向こう」には、町にはないものがなんでもあった。

もちの木だって、あるにちがいない。

ぼくもやはりそう考えたのだ。


峠というのは町のはずれにあった。

うら通りからつづく細い道が、町のうしろの丘にぶつかって、いきどまりのように見える。

それでもかまわずに丘のふもとまでいくと、左に折れて、きゅうな石段があった。

それをのぼりつめると、やっとひとりがとおれるくらいの、せまい切り通しのみちになる。


ここが峠だ。

ぼくたちはそうよんでいた。

このうす暗いトンネルのような切り通しをぬけると

ぽっかりと明るい村のけしきが目の下に広がってくる。

いままでの町の感じが、いきなり村のけしきにかわるのだ。

どういうわけが、風のふきぐあいまで逆になってしまう。


20 :元コテハン:04/04/23 22:07 ID:DKgpotZc
小山は、2つの村のはざまにある。

一つの村からは、東と北のあいだの方角、つまり鬼門に存在する。

そして、もう一つの村からは、南と西の逆鬼門にあたるので

近所の村人たちはおそれをいだいて、めったにおとずれる人たちはいなかった。



小山には、じっさいになんでもあった。

春はさくらんぼ、夏はきいちご、秋になると、くりの実やあけびがとれる。

やまいもをほるのもおもしろかった。

小川のふなや どじょうを追いまわすのはもちろん、夏休みの宿題の昆虫採集もここでする。

学校で使う竹細工の材料も ここでまにあわせる。


21 :元コテハン:04/04/23 22:15 ID:DKgpotZc
里では 春がきていた。

梅も桜も桃の花も、桃源郷のように咲き乱れている。

ぼくの小山もようやく雪どけをむかえていた。


ひんやりとしたここち良い風が、ぼくをつつむ。

ふもとの村からは、ひばりのなき声が聞こえる。

東京の大学できょういくがくをせんこうしていたぼくは

久しぶりに小山に足をふみいれた。


あれから、15年たって、小山にはおとずれる人はぼくだけらしい。




22 :&lo;test:04/05/03 03:01 ID:CXA9kwMk


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 13:48 ID:6DWE6B9V
http://web.archive.org/web/*/http://www.wasurena.sakura.ne.jp/~umigami/9455/index.html

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 02:56 ID:rvCyy18C
http://www.din.or.jp/~inchiki/hanage/

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)