5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『中国武術ディープ会話道場V』

1 :字讃久斎・弐式だニャン:04/04/07 16:21 ID:dSmkZBaO
☆スレッドの目的・趣旨:

ここは、古義・異端系の中国武術について、技術論を中心に会話することを
目的に開設されたスレッドです。

☆注意事項:
このスレッドの円滑な運営の為、
会話への参加・スレ主への質問等につきましては、ステハンで構いませんので、
出来るだけ、ハンドル・ネームを使用してお願いいたします。

☆絶対必要事項:
(1)お互いの寛容心。
(2)義侠心による助け合い。
(3)アフォー心(?)によるやさしさ。
☆禁止事項:
煽り・荒しを目的にした書き込み。

☆☆☆オレンジ、猛烈・絶対入室禁止!!!!!!!!!!!!!!!
アンド李酪農。


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 03:18 ID:NnwnTPvf
>>447
まだいたのか、ronjai...。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 03:59 ID:NB00saLi
どうやったらronjaiと思われるんだろ..。馬鹿?

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 04:48 ID:I7R+ka6/
>>441
少林寺とフルコンじゃ3年やっても到達するレベルが違うだろ。
フルコン3年やったら茶帯以上じゃないか。素人がそこまでいく
わけない(まあフルコンもピンキリだが。団体によって黒帯の
価値は違う)。

まあ中拳は10年やってももやしばっかなのはその通りだ。

>>442
だからどのレベルの話をしてるんだよ。独習でも素人に毛が生えたくらいには
なれるって言ってるじゃん。でも真面目に格闘技3年やった人とまともに
やり合えるようにはならない。

つーかなんで独習を擁護するのか分からん。
あんなもの何年やっても時間の無駄にしかならないと思うが。
実際に強い人の突きを食らってみないと、自分の実力なんて
分からないに決まってるじゃないか。目指すべき目標も、訓練で
どれくらい強くなれるのかも、周りにいる人たちを見て体験する
ことで分かるんだよ。

脳内スパーで身に付いた発勁なんて、真面目に格闘技やってる香具師
の突き蹴りに比べたらチンカスだ。何の役にも立たない。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 04:56 ID:NB00saLi
少林寺6年フルコン三年、中堅10年以上でどうかく扱い

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 04:59 ID:I7R+ka6/
あと漏れの先生は中国の人だよ。そこそこ名前は知られてるし、結構強い。
でもプロ格闘家レベルと比べたら相手にならん。それは仕方ない。
40のおっさんにそんなもの求めるほうがどうかしてる。



453 :イチ:04/05/08 08:14 ID:B123td7i
>>450 ぶぉアッキシム様?
まあ 独習者ってのは
コレクション感覚の人がほとんどだと思いますよ。
でも 武道じゃないけど独習で大成してる人もいますよ。要は独習のしかた次第という事ですね。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 06:41 ID:VdHO3MgJ
>394
ビンゴ!!

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 13:31 ID:1H8ZQdYK
394 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/04/26 07:14 ID:7IySZIT6
元龍が無形塾にいるってことじゃない?

456 :武利武利:04/05/10 01:23 ID:Bu03j7I4
よしさん、
あなたのこれから参加なさるという、BBSにわたしもつれていってください
よろしく

457 :◆KLy5Ke5vbk :04/05/10 03:15 ID:uQgBM8SX
武利武利さんへ>
>>365 横拳とFUN拳は同じ物です。だだこの場合、私の普段の語り口に
似せて書きたかったので、「横拳」をFUN拳と表しました。
>>366 そのとおり誤植です(笑。
平にご容赦を・・・(汗。
>>368 易学・風水の考え方は五行拳には含まれておりません。
歩法や錬功法になると若干混ざりますね。でも、まだ語りたくないなぁ(汗。

>>374さんへ>その通りですよ。形意拳に伝わる五行図の殆どは、「土」が
その中心に書かれております(形意五行陣法指意図は別ですけど。)。
五行拳という技は、天地陰陽五行の働きを人間の身体に置き換えて考えられた、
東洋医学の理合を技撃に当てはめた物なのです。
たとえば手の平の指5本について、東洋医学の経絡・経筋(経絡の器である
臓の支配する筋肉群のこと。)の働きの考え方では、親指を肺経(金)が支配し、
人差し指を肝(木)が支配し、中指が脾胃(土)、薬指が腎(水)、
小指が心(火)が支配すると考えられており、
丁度格指の順番は相剋関係に並んでおるのです。



458 :◆KLy5Ke5vbk :04/05/10 03:36 ID:uQgBM8SX
それは実際の五行拳の技撃においても、大体そのとおりの指へ、勁は流れるのです。
(の場合は最終的は勁の流れは、小指の付け根から人差し指へと
流れますが、それは小指の付け根に腎へ作用する経穴がある為です。
そして、SAN拳を出すことにおいてキモとなる部分は薬指の握りこみになるのですが、
このことは残りの指を伸ばしてSAN拳を撃ってもらえれば、比較的体感し易いことでしょう。
またPON拳においてもシュウシの回転を活かして撃ち出す近距離の突きの場合、
人差し指(大腸経)を軸として発しますが、遠距離の敵を狙う尺勁の場合の突きは、
中指(心胞経)を軸とした撃ち方の方が有利な場合があります。
ちなみに我々一門(Rではない。)では前者を大腸経PON、後者を心胞経PONと呼び
区別しております。(心胞経PONは回転を強調するより直線的に速く打つ方が
殺傷力が高い。)




459 :◆KLy5Ke5vbk :04/05/10 03:37 ID:uQgBM8SX
(の場合は最終的は勁の流れは>SAN拳の場合は最終的は勁の流れは・・・

460 :◆KLy5Ke5vbk :04/05/10 04:01 ID:uQgBM8SX
>>414 了解です。遊びがすぎましたは・・・反省します。

>>427 馬蹄十字崩拳こと馬蹄手は十二形馬形拳のひとつで、八字功双馬蹄手の変化ですけど
他派の形意拳ではあまり使用するのを見たことがありませんので、
初心者の内は、そう気にされない方が良いかと・・・。
(突きを強化する錬功法として行う場合を『武術』で見ましたが。)
それより五行拳をひたすら練ることが良いとおもいますよ。
と、言いつつ一応コツを書くと、馬蹄手は起勢においてSAN拳の要領で
半円を描きなが「スパ−ン!」と撃ち出し、インパクトで人差し指を軸に
「スルッ」とコブシを回転させて突き出すと良いかと。
これは別に馬蹄手だけの話しではありませんけど、
「起は矢の如く、落は風の如く」という要決の意味を考え、
まずは力まず、脱力を考えて打ち出すことを進めます。
決して距離に応じて加速されるような格闘技的な突き方はよしてくださいね。


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 04:09 ID:MOGIm+8w
慢練のPONで中指出すように言われたの思い出したり

462 :◆KLy5Ke5vbk :04/05/10 04:16 ID:uQgBM8SX
>>430 私の理論も大したことありませんから大丈夫!
だって俺の言っていることなどRでは常識レベルの知識に、修行者なら誰でも
当然実感する体験をくっけた物に過ぎないですし、
最近は郭雲深派形意拳伝承者、尚済老師の論文について、俺の意見を交えて
紹介しているだけなので安心してくださいな(笑。

>>432 私もジュニアからの黒帯だったけど、その後10数年空手を続けたのだよ。
そういう人間は大人になってから齧った者より、運動能力も体力も優れているので
この世界では言わばエリートなのよ・・・。

463 :◆KLy5Ke5vbk :04/05/10 04:19 ID:uQgBM8SX
>>461 そこ大丈夫ですか・・・。
そこの先生、東洋医学と五行論知ってるのだろうか・・・。

464 :◆KLy5Ke5vbk :04/05/10 04:30 ID:uQgBM8SX
>>436 ご忠告は謙虚に受け止める所存です。
ですが自分が素晴らしいと想ったものを紹介した件に関しては
反省することはございません。

ですが、貴方がたはいったい・・・。
G氏武研ではないのですか?
あの映像で映っていた白拳法着の方は、以前G師と対打をやっていた方に
良く似ておりましたし、その技法もRと殆ど同じですよね・・・。
組織の規模も、アメリカ支部などという所などまるで
第一局から第八局まであった、かってのG氏武研を想わせます・・・。

・・・・。

まあ、今更どうでも良いことですね。

お互い非干渉で行きましょう。


465 :◆KLy5Ke5vbk :04/05/10 04:39 ID:uQgBM8SX
>>453 イチさん・・・。
あんたが、言える立場じゃないでしょう・・・。

>>456 体勢が整いしだい招待いたしますが、もう少し様子を見ていてください。
考えてみるとこのスレッドも、もったいないですしね・・・。



466 :◆KLy5Ke5vbk :04/05/10 05:03 ID:uQgBM8SX
>>442 筋トレも人体について熟知しておるなら別にOKですけど、
大抵は東洋の武術的身体操作をぶち壊しますね。
特に我々形意拳では、大胸筋や腹直筋のトレーニングは、
発勁に必要となる大円筋・後背筋、大腰筋などに対する抵抗筋を鍛えているのと
同じことなので有害極まりないものです。
また単体部位のみを個別に鍛えて成り立った筋肉など、全身全てを連動させて
稽古で鍛えたバランスの良い筋肉に較べれば、壊れ易く粘りなど全くありません。
またアンバランスな『肉』は、経絡・経筋(つまり簡単に言うとスジ。)の連動に
よって力を伝えるという、発勁の方法を肉体の硬直化によってぶち壊しにもします。
中国武術で必要な物は『筋長力大』の要決が示すように、まず『スジ』です。
そして『肉』を鍛え、『皮』を鍛え、『意』を鍛え、『神』を練りることが肝要では?
つまり修練においても『中庸』こそが大切なのであって、そうした思想による
稽古によって、『実』を極めて『虚』に帰り、
『誠なる一』を目指して日々鍛え続けるのが形意門の修行者の
目指す道ではありませんか?




467 :◆/EIY7fZjNY :04/05/10 08:01 ID:uQgBM8SX
またね・・・。
ちなみにIDを変更しましたから。

468 :イチ:04/05/10 09:57 ID:NJGvtPji
ヨシ様 申し訳ございません!!さびしかったので
ついフィッシング的コメントを発してしまいました。
自分の立場等は
十分理解しておりますのでなにとぞご容赦下さい。

469 :◆/EIY7fZjNY :04/05/10 13:18 ID:uQgBM8SX
>>468
はいはい、どうぞここではそんなに気になさらんでお気楽に楽しんでてね。









470 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 21:08 ID:Bu03j7I4
正直、アシワラ空手の人って強くないからなあ
大会がないし、きょくしんの黄帯程度が黒帯だし

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 22:00 ID:sWtsd76i
>470
シッ、そんな事言うと、またまたいじけて書き込みやめちゃうじゃないですか。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/10 22:07 ID:13bFJHTQ
>>471
大丈夫。消えてもどうせすぐ戻ってくるしね、あのガキは。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 22:13 ID:Xta98fb9
>>470
葦原空手は護身術に近いから、どうしても平均のレベルは低くなってしまう。
でも、上のほうの人はやっぱり強いよ。


474 :蜜蜂:04/05/11 00:11 ID:jcU+Oa60
うおおっ!

>>義さん、
ありがとうございます。(馬蹄十字崩拳

>初心者の内は、そう気にされない方が良いかと・・・。

そうします。

と言いつつも・・・・・・・
いつか、気が向いたら詳しい説明お願いしてみたりして
呉氏のロウソク消しのシーンが何年もずーーっと 気になってるんですよ。
なぜあのよう動きになるか謎で。
当時は形だけまねても意味がないのは十分分かってても、まねてたモンでしたよ。(ワラ


475 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 00:25 ID:kHOp3/tp
義さん、どうよ?

コピペ
>この浸透突きの理論は正しいのでしょうか?
 つまり、相手の内臓は水を含んだスポンジで
 突きで、差のスポンジを圧縮して水を出し(内臓内の体液を搾り出し?)
 一瞬の脱力で突きを引き、その内臓液がまた内臓に戻る
(水の中=他の体液の中 でスポンジを握っても、また手を離せば水はスポンジに戻る)

 これで浸透する突きの、衝撃波の原理だと・・・??? どう? みんな。
 
 突きは素早く引くことによって、こんな原理で衝撃波が発生してると言う・・・?

↑に対する反論?↓
コピペ
>まず、自分の中で「衝撃波」みたいのをつくって、それを末端までロス無く運ぶのが重要らしいけど。


476 :イチ:04/05/11 07:55 ID:jJhhCrr7
その衝撃破の正体が
知りたいのだが。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 12:10 ID:UxJs+Ns5
>>475
その反論?を書いたものです。
要するに、腕を振るとか、踏み込むとかの延長上にある技術では無いと。
腕の振り方、踏み込み方などでより威力を上げることはできるけど、打撃の質が違う。


でも、「シントウケイ」と呼ばれるものって、たくさんあって、あくまでその中のひとつってとらえ方。
違う方法で、違うように浸透させる方法もあります。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 13:39 ID:KkiOHBxK
>477
ご存知のもので、ここで話せる方法はありますか?

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 13:45 ID:KkiOHBxK
>元龍が無形塾にいるってことじゃない?

元龍って誰のこと?

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 16:58 ID:8fV8q8af
>>476
北斗剛掌波

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 18:39 ID:UxJs+Ns5
>>478
文章化する自信が無い。
自分が正確に出来ている自信も無い。
というわけで、具体的なのはムリポ。

とにかく、「沈墜ケイ」とか「十字ケイ」っていうのは、要するに力の出し方の種類。
そして、「透ケイ」、「透化ケイ」なんてのも力の出し方の種類だと考えられます。
つまり、力の出し方が浸透するかしないかの第一のポイントになると思います。
しかし、小手先の変化で浸透させるものもあるので、両者の意見がぶつかることが多々あると。


なんかスレ違いっぽい。


482 :梅花:04/05/12 17:07 ID:ICO5GXEA
>>463 まースタンダードな経絡論では 示指を通るラインも無いし 五行に合せた経絡論=特殊 逆に

483 :梅花:04/05/12 17:10 ID:ICO5GXEA
>>475 急に縮める 伸ばす こういう場合体の諸所は急に戻ろうとする ショートスパンでも ロングスパンでも リバウンドは激しい 正しい撃ち方の1つでは

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 17:13 ID:XqqpUzw4
>>481

>文章化する自信が無い。
>自分が正確に出来ている自信も無い。

それでも構わん!
あとはヨシが賛同にせよ訂正にせよ、細かくフォ口−してくれるさ
出来るだけ無理してGO!

485 :◆/EIY7fZjNY :04/05/13 09:59 ID:Dhwx8GVk
みなさまおはよう御座います。
三十路半ばですが心はまだ少年のままで若いヨシです(笑。

>>473 私の居た支部道場は、極真の地方大会で優勝した方が代表でした。
そして黒帯クラスの殆どが極真からの移籍組で、
その戦闘力はその当時の他の道場と比べても馬鹿に出来ないもんだったですよ。
あそこは「ストリート・ファイティング・オブ・カラテ」と名乗るとおり、
喧嘩の猛者たちが集まって居ましたから・・・。

>>474 ちなみにロウソク消しで使われている手形は馬蹄手と言うよりは、
正確に言うと、シュウシ勁をそのまま素直に解放させてやった手形と言った方が良い物でした。







486 :◆/EIY7fZjNY :04/05/13 10:15 ID:Dhwx8GVk
>>475 浸透勁論ですか・・・。
中国拳法の発勁は、どの撃ち方でも大なり小なり肉体への貫通を有しますからねぇ・・・。
ですから撃てば浸透するということは、我々にとって別に特別なことじゃありませんから。
現代体育的な日常の身体操作の延長にある格闘技の技では無く、
中国武術の要求する要訣に書かれておる身体操作を満たしてやれば、
これって難しいことではないのですよね。



487 :◆/EIY7fZjNY :04/05/13 10:55 ID:EQIHMoFm
>>475 この方のおっしやっておることは、
まるで昔Gが、形意拳の「驚炸勁(驚爆勁)」について説明していたのとよく似ておりますね。
Gの説は、シュウシ勁開放時などに発生する、
うねりの力による振動波が敵の体に潜水病のような障害を与える。
その原理は、撃振により人体の水質状のものを変異させることによって、
血液の循環機能を犯し、結果的に敵に多臓器障害をおこさせ死亡させると言うものでした。
とはいっても、こんな説は発勁で打たれた者を生体解剖でもして観察せんと、
実証できませんからねぇ・・・。
ただ、悪気無く偶然、私の発勁のイイのが入っちゃった人は、
一様に後日吐き気や鼻血・下痢などを私に訴えてきてあせりますけど・・・。
私も昔は師に腹を打たれて鼻血が止まらず「死ぬんじゃないか?」と、
怯えたことがありましたけど、死にはしませんでしたから、
そう無茶な打ち方をしなければ別に生命に危険な事にはならないかと。
ただしこれに点穴閉気法や裁脈法を組み合わせてやれば、やっぱり死ぬよなぁ・・・。







488 :◆/EIY7fZjNY :04/05/13 11:22 ID:EQIHMoFm
うちはRと違いまるで、なかよしクラブと言ってよいような甘い集団なのですけれど、
最近私の勁力が異常に上がっている為に、冗談でも人を打てなくなってきて困ってます。
教えている子に招法の解説をした後、私が「危険だから絶対に使わないように!」と
釘をさすと、「絶対に使います(笑!」、「がんばって使います(笑!」とふざけるもんだから、
「コノ野郎!」とそれ程本気ではなく腕を掴むと、後日その子の腕に青アザが付いたり、
「先生、虎托ってどう使うのですか?」と聞かれた時、「こうだよ。」と突くと
(「虎托」は明打では双手でアゴを突き上げるだけですが、実際の使い方は「金鶏独立」などと同じように、
敵の攻撃を巻き落とした後、章門穴「死穴。牛の刻頃効力が最大となる。」などを狙って
両挿掌で突き込む技です。)、予想以上に生徒の体勢が崩れてしまって、
本当に章門穴の辺りを突いてしまい、漢方薬を買う破目に・・・。



489 :◆/EIY7fZjNY :04/05/13 11:46 ID:EQIHMoFm
「おまえは手加減も出来ないのか?」と聞かれたとしても、
「そんなことは難しいです・・・。」としか言えないのですよ・・・。
人間の身体感覚は発勁のような特殊な身体操作に対して、
そう簡単に対応できるほど繊細には出来て居ないのですよ。
形意の先人の逸話に、子供の頭をなでていたら子供が死んでしまったという
話しがありましたけれど、これって本当のことかもしれません。
勁力が上がれば上がるほど、何をやっても勁が出てしまい不便なもんなんです。
前に私が「浸透スレ」に「擬似発勁」と言うものを紹介した時、
生徒がそれは何かと地下鉄の駅で聞くものですから、肩に向けて軽く打ってやると、
全然予想と違い「擬似」にならず八極の心臓系の発勁になってしまい、
生徒が吹っ飛んでしまったんですわ・・・。
私が擬似発勁をやるつもりになっても、どうやら沈墜する際、丹田功と同じように
勝手に腹が廻ってしまうので駄目なようです。
勁道が出来てしまった者は人を打つ時注意が絶対に必要なのです。
だから私は対打の際は、出来るだけ腹を廻さない様、整勁だけで打つように気を付けてやっております。


490 :◆/EIY7fZjNY :04/05/13 12:09 ID:EQIHMoFm
ただ発勁のコントロール法として「眼精」を利用した「意勁」、
つまりイメージの力を用いる方法がありますが・・・。
『眼要毒』、『威力は眼神に有り。』と先人が言われるとおり、
精神の働きである「意念」が自分の肉体の制御と相手に及ぼす影響に大だと、
形意では昔から言われております。


491 :梅花:04/05/13 20:43 ID:QuPZIWs2
手の勁道5本(≠絡脈)がとおり 溢れ 勁道さえ越えるとなお始末が悪い 普通人だった感覚のまま危険物と化してる 顔面だけは注意したいな 目はサスガにいつも後味が ry

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 21:02 ID:LrMaEgJt
>>489
まだ勁の使い方がうまく出来ないようですね。
経筋発力による肺金勁を使い、沈墜をしなければ
相手の怪我等は避けられますよ。

493 :梅花:04/05/13 21:07 ID:QuPZIWs2
ウム 意図的なうちは発勁でもないし 正しい浸透感 関係的技術も枢要 ダメージを与える記憶が強ければ避けられる ハズ

494 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/13 21:26 ID:vNrb1NDk
ヨシに本当に弟子がいるのかw

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/14 00:01 ID:aWRMzWtq
腹が回るって、昔 陳儒性さんの書いた「太極拳の科学」に載ってた香具師?

496 :超エロガッパ:04/05/14 02:23 ID:HiXgITV0
ヨシさんよ、遠山さんの事を信奉しているようだが直接会った事があるのか?

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/14 04:31 ID:8aEv/Br8
>>487
>まるで昔Gが、形意拳の「驚炸勁(驚爆勁)」について説明していたのとよく似ておりますね。
Gの説は、シュウシ勁開放時などに発生する、
うねりの力による振動波が敵の体に潜水病のような障害を与える。
その原理は、撃振により人体の水質状のものを変異させることによって、
血液の循環機能を犯し、結果的に敵に多臓器障害をおこさせ死亡させると言うものでした。



0さんは丹田に特殊な振動を発生させて、その振動波を腕から相手の身体内に伝えていくと言ってましたが・・・?

146 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)