5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

武壇2ちゃんねる分壇

1 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/03 23:15 ID:kXa3KPxm

     
          仁者無敵(仁者に敵無し)・・・孟子




2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 23:17 ID:Db6kZofE
もっこり

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 23:18 ID:s7+57oji
りゅーさんにメールしたいんだけどいいですか?

4 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/03 23:19 ID:wHLrs8h2
新スレが立って、よっかった!!!(ニコニコ
2ゲット! 劉さん、劉月侠武館及び新スレ立ち上げお疲れさまでした。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 23:20 ID:+MP5Dnxk
劉月侠って黄河一号のこと?!

確か命のやり取りに虚しくなって台湾で隠居していたのでわ・・・

6 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/03 23:24 ID:laRmsuUF
 ということで、お待ちかねの新武壇スレッド「武壇2ちゃんねる分壇」のスタートや。

 それにしても今日は半日大阪梅田で練習会してたんやが、フラフラになって帰ってきたら
旧武壇スレはいつのまにやら1000を越えて終了しとるがな・・・(笑
まあええ、旧やろうと新やろうとどのみち内容は変わらんのやから、無敵の新武壇スレ、行くぞ〜!



7 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/03 23:29 ID:58ULcwXT
 げっ!ちょっとトイレに行ってる間に2から5まで書き込んでやんの。油断も隙もないな(笑
ちなみに例によって例のごとく過去スレの直リンはようせんから、どなたか旧武壇スレ1から10
までたのんだぞ・・・


8 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/03 23:31 ID:wHLrs8h2
武壇スレ新規ご参加の方に参考に・・・

武壇国術推広中心 総合スレッド 過去スレ
part1 http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1044620867/l50
part2 http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1050125292/l50
part3 http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1052922351/l50
part4 http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1055349544/l50
part5 http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1058197591/l50
part6 http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1063182518/l50
part7 http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1067690381/l50
part8 http://sports6.2ch.net/test/read.cgi/budou/1070257432/l50
part9 http://sports6.2ch.net/test/read.cgi/budou/1073801010/l50
part10 http://sports6.2ch.net/test/read.cgi/budou/1079101018/l50

9 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/03 23:34 ID:av5GTrd2
 す、すごい・・・忍猿さん、いつのまにそんな高等技術習得しはったんでっか?


10 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/03 23:45 ID:wHLrs8h2
新武壇スレ開設に伴い、劉月侠氏が初めて登場したパート1 162の書き込みを
記念にコピーしました。勝手にコピーしてスンマセン(笑
当時は標準語でカキコしてたんですが、そのうちに縦横無尽に書き始め
いつのまにか今日の関西弁(神戸弁)に・・・

162 名前: 劉月侠 投稿日: 03/02/28 21:48 ID:zis9xzFT

  好久不見。大柳さんについてですが、確かにあの人は見た目は華奢で強そうには
見えない。しかし20年前に台北のお住まいではじめて会ったとき、真夏で大柳さん
はTシャツに短パンだったのですが、下半身が競走馬の脚みたいな異常な発達をして
いて気味が悪いくらいだったのをおぼえています。当時の武壇ですこし練習をみても
らいましたが手本を示してくれたときはさすがだと思いました。
実はそれまではいくら武壇や功夫といっても所詮空手には敵わないだろうと思っていた
のですが、大柳さんの動きを見てこれは真面目にやらんといかんぞと思うようになりました。

11 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/03 23:46 ID:8nd0tjsX
 ちなみにパート10が唐突に終了してしもうて、最後のほうはよう読んでない
んやが、忍猿さん、今夜は私は夜勤ではありませんです、ハイ。

 せっかく新スレ立てときながらなんやけど、今日はマジで疲れたわ。
フーさんが「大八極がやりたい」とか言うんで、東京から新幹線で参加・・・ちゅう
熱意に敬意を表してリクエストどおり大八極を教えはじめたはええが、なんせ実の
とこ私もまともに大八極なんてやるのは10年ぶりでな・・・(笑
身体ボロボロなんで今夜はもう寝る。晩安。


12 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/03 23:50 ID:vbwq1eKu
 あ、あの・・・忍猿さん・・・確か初登場はレス90くらいやなかったでしたっけ?
まあいまとなってはなんでもいっしょやけど・・・(笑。再度晩安)



13 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/03 23:55 ID:wHLrs8h2
武壇スレにパート1から参加して覚えたのはコピーとトリップだけです。(汗
パート10が寝技の話題から急進展し、1000に・・・
スレの立て方も分からずただただオロオロしていました。(涙
新スレも無事立ったことだし、猿も安心して晩安です。

リャン・フーさん、お疲れさま!

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 00:02 ID:sgNVqEa/
>12 劉月侠さんへ
はい!確認しましたら92でした。重ね重ねスンマセン(笑。再度晩安)

92 名前: 劉月侠 投稿日: 03/02/17 22:59 ID:aZzz+SFZ
 私の師はスイス武壇の会長ですが若いころ公安関係の仕事もしていて武壇と公務の両方で訓練したそうです。
その師がいうには「武壇はあくまでも大学のクラブ活動の延長であって本当のプロではない」とのことです。 
護衛官の訓練は肉体的にも精神的にも苛酷極まるもので、完全に成し遂げられた者は世間で言うほど多くなく、
しかもそのほとんどは今日武術のことに関して堅く口を閉ざしているのが現状です。    

15 :張景学:本物 ◆8jVpfMnU/M :04/05/04 00:04 ID:bWcPLCXy
>>11
>んやが、忍猿さん、今夜は私は夜勤ではありませんです、ハイ。
>
>せっかく新スレ立てときながらなんやけど、今日はマジで疲れたわ。
いや、夜勤だったとは恐縮です。
大八極を解説しながら演じて、かつ午前中は暑かったし、さすがの 劉月侠老師
もたしかにしんどそうでした。ヘビースモーカーを止めればましかとも思いますが・・・(笑

>熱意に敬意を表してリクエストどおり大八極を教えはじめたはええが
定式ではある程度覚えていても、套路としては・・・(涙
今度弟弟子一号と会ったときに復習しておきます。
しかし難しかったです。はい


16 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/04 00:05 ID:sgNVqEa/
>14
・・・の書き込みはボケ猿でした。
では、お休みなさい・・・(ムニャムニャ

17 :張景学:本物 ◆8jVpfMnU/M :04/05/04 00:09 ID:bWcPLCXy
>>14
>「武壇はあくまでも大学のクラブ活動の延長であって本当のプロではない」
とはいえ、今日の練習で劉月侠老師は「ある程度教養のある人間以外にはまともに
教えてくれないヨ云々」という雑談をしてくださいました。

たしかに台湾の大学生は日本の大学生より勉強しているみたいですね。

18 :雲呑 ◆dWantaug76 :04/05/04 00:40 ID:5bAs3/YD
何時の間にやら新スレが!

新スレおめでとうございます。

19 :ぷちしゅー ◆9krShh3g.c :04/05/04 00:54 ID:Dvvj8mk9
ありゃりゃ。いつの間にか新スレがたっていた。

劉月侠武舘は、大八極ですか〜。
ぷちしゅー武舘で、大八極を行う日はいつになることやら…

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 05:25 ID:sxbHGwMb
前スレッドでも言われていたことだがレスリングのタックル技術は脅威なので
レスリングの練習もやっておいたほうがいいだろう。
分母に中国武術、分子にレスリングや柔術だな。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 05:47 ID:sxbHGwMb
994 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/03 22:36 ID:r6rfT4Ec
上海の韓星橋先生は、意拳しかやっていないくても
グレコローマンの全中国大会で優勝した事があると
いう事です。(これ調べれば分かるはず)

996 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/03 22:50 ID:s7+57oji
>>994
グレコローマンは下半身への攻めが一切禁止されてるからタックルがないじゃん。
あと、こんなこといったら悪いんだが、中国はグレコのレベルは以外に低いんだよ。
それでも全中国で勝利するというのはすごいことだがな。
ルールもよく知らない人間がルールの複雑なレスリングで勝てるとは思えないから多少は練習もしたと思うがそれでもたいした才能だ。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 05:48 ID:sxbHGwMb
997 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/03 22:52 ID:asDibRNI
韓星橋先生は現在広東省在住ですね。最近ちらほら
耳にする韓氏意拳の人です。別にここまでのレベルの人でなくとも
長年タントウをして体を作った人は、
タックルくらいで倒れません。
レスラーも半端じゃないでしょうが、意拳の力も半端ではないですしね。

ただ、韓星橋先生は実は意拳だけではなく、
形意拳などの伝統武術やシュワイジャオなんかも
やっておられたそうですが…(^^;

998 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/03 22:53 ID:s7+57oji
しかも韓星橋先生って100歳近い人間だろう?
そんな昔の中国のレスリングなんて競技人口は数えるほどしかいないはずだぞ。
当時の韓星橋先生の体重がわかれば、階級がはっきりわかるんだが。

999 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/03 22:55 ID:s7+57oji
シュワイジャオやってたんならグレコや相撲は強いだろ。
それにさっきもいったがグレコローマンはタックルが禁止で脇をさしての投げ技がメインなんだが。
だから優勝できたんだろう。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 06:00 ID:sxbHGwMb
どんな人間でもタックルからリフトされたら倒されると思うが
タントウするとタックルを切らずに防御できるようになるのか?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 08:29 ID:IVG7lwPg
祝!武壇2ちゃんねる分壇オープン!
おめでとうございます。
劉月侠センセイ、やはり正式な分壇ですから、劉公雲樵師翁からは
ちゃんと夢の中で許可はもらいましたでしょうか?(なんてね)

25 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 08:36 ID:U/kGxRJC
 >15
 夜勤やないって・・・(笑
あ、しもうた!またしても弟弟子一号くんにカンフーネーム授けるのを忘れたやんか!
悪かったな、次回こそ必ず・・・(忘れてたら言うてくれよ)


26 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 08:51 ID:U/kGxRJC
 今朝は起きるのが辛いかな・・・って思ってたけど意外と大丈夫やったわ。
昨日は相当体力を消耗したうえ、帰りにフーさんと串カツ屋でけっこうビール飲んだから、
二日酔いもどうかと思ったんやが、さすがにこの劉月侠さまは日頃の鍛えかたがちがうでの(笑
ただ、サンパチさんと「胸コウ(八極拳でよくやる胸同士の体当たりの訓練な)」をやったとき
むかし折った左胸の肋骨をまた痛めたみたいで、今日は咳やくしゃみをすると「激痛」が左胸に走る始末や。
4年ほど前、師匠に用法の説明を受けてるとき折られたんやが、一度やるとだいぶ弱くなってるみたいやな。



27 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 08:56 ID:U/kGxRJC
 でも大丈夫!だいたい拳法をやろうっていうからには、あばら骨の2本や3本、どうってことないわい(笑
まあ首の骨でも折れんかぎり命に別条はないんやから、やっぱ対打訓練も積極的にやらんとな。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 09:53 ID:KxddlQP6
>21

どうやって調べるの?
大体戦前の中国でグレコローマンやってたんだろか。
競技者少なくて大会開けなかったんじゃ?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 10:03 ID:j7Y7r8PT
祝・新規開館!

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 10:15 ID:F6GJ+5vN
2ちゃんねる分壇設立おめでとうございます。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 11:25 ID:ZSFu2K+/
「本当に格式ある本場の中国拳法家が道場を開くとき、各階の権威ある
方々から祝いの書と言うものが送られてくる。これは欠くべからざる
常識であり、中国武術界のしきたりなのである」

32 :張景学:本物 ◆8jVpfMnU/M :04/05/04 11:30 ID:bWcPLCXy
>>26
>むかし折った左胸の肋骨をまた痛めたみたいで、今日は咳やくしゃみをすると「激痛」が左胸に走る始末や。
注射針で瀉血を・・・(笑

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 11:33 ID:gQlWQ0pF
>>4
ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  /
  ス  ク ス _  | | │ //. ス ク ス _ | | │ //
  / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //
  / _____  // /          //
.  /   l⌒l l⌒l \  ))   ____
. / / ̄| ,=| |=、| ̄ヾ   / ____ヽ
/ ̄/ ̄.  ー'●ー'  ̄l ̄ |  | /, −、, -、l  ))
| ̄l ̄ ̄  __ |.    ̄l ̄.| _| -| ,=|=、 ||
|. ̄| ̄ ̄  `Y⌒l__ ̄ノ ̄ (6.   ー っ-´、}
ヽ  ヽ    人_(  ヾ    ヽ    `Y⌒l_ノ
  >〓〓〓〓〓〓-イ   /ヽ  人_(  ヽ
/   /  Θ  ヽ|  /    ̄ ̄ ̄ ヽ-イ


34 :リャン・フー:04/05/04 13:16 ID:op6uYcl1
「武壇2ちゃんねる分壇」設立おめでとうございます!

劉大師、昨日はおつかれでした
ここのところ2ちゃんから離れていたので解らなかったのですが
昨日のお話は前スレからの流れがあったのですね。
それがなくてもスンナリと頭に入ってくるものだったので違和感はありませんでしたが。

>11、26
いやぁ、大師にはギリギリまでお付き合いいただきありがとうございます。
おかげさまで長年の疑問がいくつか氷塊しました。
それとお身体の方、ご自愛ください。
某ムエン・タイの神様のようにならないように(^^;)

>13
忍猿様、ご無沙汰しております。
昨日は大師に教授を通じて貴重な示峻をいくつかいただきました。

八極拳は深く、強い!と確信しました(武壇武術全般がそうだ、とも言えますが)

前スレからの「タックル→寝技」のスレッドを読ませていただきました
他派のことは寡聞にして知りませんが、武壇の段階訓練を経れば
技術、体力の両面から容易には倒されないと思いますよ。
というより、そこで勝負を付けてしまう性質のモノだし...
(体重差20K以上になれば、この限りではありませんが)

ただ上記の段階訓練が非常な苦練であることは言うまでもありませんし
その特異なベクトルが武壇武術の良さだと思います。

これからの季節、気分は「台北」ですね!




35 :リャン・フー:04/05/04 13:19 ID:op6uYcl1
>34
おつかれでした→お疲れ様でした。 の間違いです。
劉大師、失礼いたしました。

36 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/04 15:04 ID:cFRynizb
>33
クスクスプーッさん、こんにちわ!
猿も芸術的なPC画が描けたらな〜(ショボン

ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  /
  ス  ク ス _  | | │ //. ス ク ス _ | | │ //
  / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //
  / _____  // /          //
.  /   l⌒l l⌒l \  ))   ____
. / / ̄| ,=| |=、| ̄ヾ   / ____ヽ
/ ̄/ ̄.  ー'●ー'  ̄l ̄ |  | /, −、, -、l  ))
| ̄l ̄ ̄  __ |.    ̄l ̄.| _| -| ,=|=、 ||
|. ̄| ̄ ̄  `Y⌒l__ ̄ノ ̄ (6.   ー っ-´、}
ヽ  ヽ    人_(  ヾ    ヽ    `Y⌒l_ノ
  >〓〓〓〓〓〓-イ   /ヽ  人_(  ヽ
/   /  Θ  ヽ|  /    ̄ ̄ ̄ ヽ-イ


37 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/04 15:07 ID:cFRynizb
>リャン・フーさんへ
昨日はお疲れさまでした。
こちらは残念ながら終日霧雨でしたよ。

38 :南条五郎:04/05/04 15:27 ID:Kkjjuvn0
新規スレ立てお疲れ様です!

大八極には素晴らしい教科書が存在するので教える方、教わる方、
双方共に予習、復習には困りませんねw

39 :月光蝶:04/05/04 16:00 ID:KoAj+G1q
おぉっ!いつのまにか新スレが!
リニューアルスタートおめでとうございまーす
昨日は後楽園ホールに久しぶりにプロレス観戦に行ってました いや〜笑った笑った

40 :お見舞い申し上げます@花の38:04/05/04 18:15 ID:iMxZImuJ
>師匠に用法の説明を受けてるとき折られたんやが、一度やるとだいぶ弱くなってるみたいやな。

せっかく職場に来ているのについ2ちゃんに来てしまいました。
(すぐやめます)
私も、鎖骨を折っていますが、気候により、「今日の鎖骨は変」みたいな
日があります。折った骨は強くなるとは言いますが、最初から一つながりと、
一回切れた一つながりは違うのでしょうね。車のボディーも一回ヤレたやつは
補強しても高負荷には耐えられないそうです。

41 :お見舞い申し上げます@花の38:04/05/04 18:32 ID:/pqG+ynk
それと、これは釈迦に説法ですが、サプリをとったら回復が早く
なるのではないでしょうか?私は、食事内容から考えて、
足りないようなら、カルシウムとか、コラーゲン、蛋白等をサプリで補給して、
常にベストなコンディションになるようにしています。
(ただ、本の読み過ぎ等で寝不足で慢性疲労気味ではありますが(w)
3日は、練習後、プロテインと、人参エキスを服用しました。
足が少し張っています。
(これで最後にします。データ整理に専念します。《必ず》(^^;)

42 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 20:11 ID:tS0taHpg
 >40&41
 わはははは・・・またサプリかいな(笑
 私の場合は最近あまり豚足とか、だいたい肉自体をあまり食べなくなった(食べたくなくなった)からかもしれんなあ。
やっぱみなさん・・・


                  八極拳は肉と油!(ホウブシキ談)



43 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 20:17 ID:tS0taHpg
 さて、昨日の劉月侠武舘の練習についてやが・・・

 八極架はみなだいたいできるようになったよな?大八極はまだ套路の半分くらいやが、対打の訓練法もやったし、
基本的なことはある程度ご理解いただけたかと思う。次回は大八極を最後までやればええんやが・・・


44 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 20:24 ID:tS0taHpg
 私の考えでは

 1.八極架(さらに小八極)
 2.大八極
 3.対打訓練

この3つくらいが八極拳の入門の基礎ということになる。八極架で重心を安定させて土台をつくり、
大八極で強く打つ訓練をする。ただし現実に相手とコンタクトするからには昨日やった実際に打ちあうような訓練も欠かせんわけや。
劉月侠武舘は月イチペースなんで、進みかたはまあこんなもんやが、毎日朝から晩までやるんであれば
一週間もあれば八極拳で実際に闘うための基礎づくりは十分できると思うぞ。


45 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 20:29 ID:tS0taHpg
 で、さらに功夫を向上させるために小・大八極の別段階の訓練をしたり、
六大開、劈掛掌、連環拳、八大式(金剛八式)の訓練を組みあわせたりするわけや。
八極拳に関してはこんなとこやが、私の場合はさらに弾腿、太極拳、八卦掌なんかを併用して
より理解を深められるように工夫してるわけやな・・・


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 20:32 ID:BNZfysLO
>一週間もあれば八極拳で実際に闘うための基礎づくりは十分できると思うぞ。
すごいですね。想定する相手はどんなレベルですか?

47 :エージェント:04/05/04 20:36 ID:mrD1jV4P
アンダーソン君。君のプログラムは多すぎる。騎馬式で武息を一生掛けてやり続けなさい。
そうすれば本当に強くなれる。

48 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 20:41 ID:tS0taHpg
 私が套路を教えるペースはかなりはやいが(これは師匠も同じ)、このことにはそれなりに理由があるんよ。
私かてなにもたくさん套路を憶えれば功夫が向上する・・・なんて考えてはいない。
套路なんてもんは必要最低限に絞って、少数に熟達することが大事と思う。
ただ現代では私も含めて多くの人はたとえば小八極なら小八極のすべてのことを完全に学びきっているとは限らんのやな。
これは訓練法とか用法とかあらゆることに関してやけど、そうした場合べつの套路・・・たとえば大八極を
あわせて学ぶことによって小八極をより深く理解できるようになったりするわけや。


49 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 20:48 ID:tS0taHpg
 >46
 それはその学生の先天的な素質によってかわってくるやろうな。

 張さんみたいに中国医学の研究の一環として学んでる人と、総統府の侍衛官とを同じ土俵で比較はできんよ(笑
ただ、とっさの際の護身術としては十分な威力を発揮できると思うし、そうでないと仮にも八極拳を練習する意味なんてないやん?


50 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 20:52 ID:tS0taHpg
 >47
 騎馬式で武息・・・を一生やってれば、確かに健康にはええかもしれんな(笑
むかし私が全力で大八極をやらされて、あとゼーゼーいうてたら師匠いわく・・・
「強くなることと健康になることはやはり矛盾してる・・・」やて。


51 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 20:58 ID:tS0taHpg
 そういえば以前松田さんも似たようなことを『武術』に書いてはった。
「いまとなっては私(松田)は衝ツイと小八極にしか興味はないが、それは
八極拳の他の套路などを一通りやったからこそ言えることだと思う」てな感じやったかな?


52 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 21:04 ID:tS0taHpg
 昨日用法や訓練法なんかを説明しながら大八極をやってると、フーさんが
「いやあ、大八極の中にはすべてが含まれてるんですねえ!」なんて感心してはったわ。
私も「そのとおりや!」なんていかにも以前から当然知ってたかのようにエラソーに応答してたけどな、
そういうんがわかるようになったのも他の套路や、場合によっては他派の拳法を見聞したり体験したからこそであって、
ただのんべんだらりと大八極の形式だけを繰り返しててもあかんかったやろうと思う。


53 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 22:30 ID:rAAvQ/s5
 全然話変わるけどな・・・(笑

 今日昼間に「少年黄飛鴻」ってDVD観てたんよ。レンタルビデオ屋にも置いてあるやろ?
中国で放映されたテレビシリーズを編集したもんみたいやが(最近こういうの多いな)、
ドラマのなかで黄麒英(黄飛鴻の親父な)とイギリス帰りの西医が会話するシーンがあってな・・・

 「中国医術は数千年の歴史がありながら、門派間の偏見が強く、本来の伝統の一割程度しか伝えられていない」

 「少林は確かに武術界で重視されているが、門派同士が意地を張れば、医術と同じように停滞しかねない。
 各派の優点を総合できれば理想的なのだが・・・」

とかいうようなセリフがでてきた。中国語の字幕が出ないんで、ヒアリングだけではなんて言うてるんかはっきり聞き取れんかったんやが、
日本語字幕ではそんなふうになってたんやけど、最近はカンフー映画といってもバカにできんな。
まさに現代の中国医学・武術の現状そのものやんか・・・


54 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 22:40 ID:rAAvQ/s5
 この黄麒英のセリフに対する西医の返答は

 「西洋医学は歴史は浅いが系統的にまとめられている。門派もないからその発展のスピードはめざましい」

ってもんやった。現代医学と中国医学、現代武道と中国武術を比較した場合に中国の医学・武術に
欠点の目立つ原因はやはりこういう点にあるわけやな。
伝統的なものが劣ってるわけではない。問題はそれを学ぶ我々にいろんな考えちがいがあるってことや・・・


55 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 22:49 ID:rAAvQ/s5
 伝統的な学問(医学にせよ武学にせよ)を学ぶ場合、いちばん心せんとあかんのは
「教条主義」「形式主義」「権威主義」に陥りやすい・・・ってことやろう。
で、これらは我々の狭い了見から産生されるもんなんよな。
孔子のいうところの「学んで倦まず」でなければ、正しい伝統を受け継ぎ自分のものにすることはできんわけや。


56 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/04 22:58 ID:rAAvQ/s5
 さて・・・新武壇スレ「2ちゃんねる分壇」開設記念で、この一日で50レスを越えるハイペースとなったが、
ここであらためて2ちゃんねる分壇を開くにあたって、私が拝師の際師匠より授けられた対聯を紹介しよう。


         今人不見古時月(現代の我々は昔日の月を見たことはないが)
         今月曽経照古人(月は大昔からず〜っと我々を照らし続けている)


                              意味するとこはわかるかな?では晩安。


57 :張景学:本物 ◆8jVpfMnU/M :04/05/04 23:30 ID:bWcPLCXy
>>56
> 今人不見古時月(現代の我々は昔日の月を見たことはないが)
>         今月曽経照古人(月は大昔からず〜っと我々を照らし続けている)
例の本に書いてあった詩ですよね。カッコイイ!(^^)


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 23:31 ID:PXKDFaKt
民明書房でしか?

59 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 08:28 ID:YicgLPby
 >57
 もう「本物」ってつけなくてもええと思うけど・・・(笑。活法スレにニセもんが出現したからな)

 「伝統文化は奥が深い・・・」ってことを強調しすぎると、これまた「形式主義」や「権威主義」になってしまうけど、
早い話が伝統っていうのは我々が生まれるず〜っと以前から、脈々と伝えられてきたものなわけや。
現代の我々が自分の既得の知識や経験だけで批評するにはあまりに大きな全体像を有していて、
一部を見て全体を推測するようなことをするとときとして非常に滑稽なことになりかねん。
むかしから「群盲象を語る」「木を見て森を見ず」なんて言うやろ?
月は日によって形が変わる(ように見える)から、ある人は「刃物みたいに細長いもの(新月)」と言い、
ある人は「いや、まんまるなもの(満月)」と言うかもしれん。
しかし当の月にしてみれば「オレはこのとおりこのままで、いろいろ言われてもそれは全体のごく一部にすぎん」
ってことなんやな・・・



60 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 08:36 ID:YicgLPby
 古の聖賢はパッと月を見て性急に判断する・・・というようなことを避け、
長い時間をかけて月と向かいあって一部ではない全体を悟ろうと考えたわけや。
現代でいえば月のある形だけを見ることっていうのは、テレビとかPCとかで情報を得ること・・・に似てるかな?
で、古の聖賢の方法っていうのはやはり古典を熟読し、その道の権威に謙虚に教えを乞う・・・ってことやろう。


61 :鬼脚の七:04/05/05 09:57 ID:Kov/4aFm
>>48
茶道にも「稽古とは 一より習ひ十を知り 十よりかへるもとのその一」
というのがありましたね。
高度な段階に進んでみて、はじめて基礎の意味するところがわかるということでしょうか。
はじめに一を習ったときと、十まで進んだあとに戻っておこなう一は、
やはり自ずと違ってくるのでしょうね。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 11:03 ID:ia2tk99v
昔日の月かと思ってたら、途中で掛け替わってたりとか。

63 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 11:48 ID:K3+yMtAH
 >62
 フフフ・・・そのとおり。「伝統」といっても実はそんなんが多いんやな(笑

 とくに中国の伝統というのは、これまでもたびたび指摘してるように一見古そうに
見えても実はそれほどでもない・・・ってのがけっこう多い。
「中国5000年の歴史」っていうんが看板倒れというか、単なる宣伝文句になって
しもうとるわけや。
ではどうすれば古月を古月と説明することができるか?っていうと・・・

                 昼メシやて。家内が呼んでるから続きはのちほど・・・(笑


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 14:14 ID:VED6U8Hz
大柳さんって、自由組手の経験とかあるのですか?

もしなければ、どうやって戦うのですか?
形はキレイだし頭もよさそうだけど、神経質そうで実戦になったら
けっこうビビりそうなタイプに見えるんですけど、甘いですか?

65 :不動心:04/05/05 14:24 ID:zMBtLJYV
>自由組手の経験とかあるのですか

横レスで失礼します。自由組手という稽古自体、実戦での反応を甘いものに
するので、避ける武道家もいるのですよ。

66 :これも伝統です:04/05/05 15:18 ID:pidAecmY
        ,.:―――‐‐.、    あたまテッカテカ 濡れてピッカピカ
      /  , - 、, - 、 ヽ    俺が漏らした 僕マ○えもん
     / ,.-‐'l  。 ,! 。 l―.ヽ
     l l ヽ` - ○- ' ‐ i l   大人の世界の 電動ロボット
     l l - `ー┴―' ‐ l.,!  飛んだ揉み合い 僕○ラえもん
     \ヽ'       `./
       ヽ===(テ)=="l    官能御下劣 摩訶不思議
       (l  ()   () .l    淫乱基地外 自己挿入
       l    ()   l)    悶エ迅速 男ハ不要
       l  ()     l
       l     ()  l)    マ○えもん(ヴン)
       (l   ()    l    ○ラえもん(ウィイン)
       l ()    () l    ツウ販デカッタ
       l    ()   l)    玩具店デ買ッタ
       〔liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil〕    マ○えもん
       〈:.....     .....:〉
       〈:.....     .....:〉
       〈        .〉
       l`ー―――‐‐'l
       `ー――――'


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 15:30 ID:x6T7eI1Y
>>64
すごい煽りだな・・・。



68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 15:40 ID:F5PRvqba
>自由組手という稽古自体、実戦での反応を甘いものに
 するので、避ける武道家もいるのですよ。

実戦と組手は違います。でも、「相手の自由な攻撃に対する変化の練習」を
まったく行なわずに実戦に移行できるのでしょうか?
「実戦とはちがうから」と言って実戦も組手もしないのって、「プールは
荒海とはちがう」とかいって畳の上でのみ水泳訓練するのと同じでは
ないでしょうか?

69 :不動心:04/05/05 15:43 ID:zMBtLJYV
>実戦と組手は違います

違う、という時点で議論は終わりです。違うものは、意味がないですから。
むしろ逆効果です。

70 :エージェント:04/05/05 15:46 ID:r4tUg0WG
アンダーソン君。実践に強い人は組み手でも強いはずだぞ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 15:47 ID:F5PRvqba
>69
それって、「荒海が実戦でプールが組手。違うから練習しても無理」
って言うのと同じですね。

ではどうやって実戦に対応できうる練習をするのですか?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 15:57 ID:x6T7eI1Y
不動心さんは大柳さんと交流ある方?

武芸か武術かで、武壇時代大柳さんは随分散打の練習をやったという
話をしてたけど。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 16:06 ID:x6T7eI1Y
武壇時代ってのも変だな。台湾の武壇で練習してた頃の話。

それにしても大柳さんはすごい動きするよな。あれくらい動ける人は
中国にだって多くないぞ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 16:20 ID:rF8xcI91
実戦というとだいたい対戦相手は他流派
同流派内の組み手で実戦を幾ら想定しても攻撃思考パターンが限定されるので
本当の意味での自由な攻撃に対する変化の練習は成立しにくいのではなかろうか


75 :エージェント:04/05/05 16:21 ID:r4tUg0WG
>>74
それは武術と言うよりもスポーツだろ。アンダーソン君。

76 :不動心:04/05/05 16:27 ID:zMBtLJYV
>ではどうやって実戦に対応できうる練習をするのですか

心を鍛え、追い込みます。すべてを書くことはできません。一例としては、
実際に真剣を使うこともあります。ただし、初心者がこれをすぐ訓練する
ことはありません。



77 :不動心:04/05/05 16:29 ID:zMBtLJYV
>荒海が実戦でプールが組手。違うから練習しても無理

水泳と格闘は違いますので、まったく比較になっていません。

でも、参考のためですが、あざらしはプールで泳ぎを練習しませんが。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 16:34 ID:F5PRvqba
>76
真剣を使っても、もし街等で実戦になったらどうするのですか?
それとも、それは精神鍛錬?
で、それをやれば実戦になっても大丈夫と言い切れるわけですか?

79 :不動心:04/05/05 16:38 ID:zMBtLJYV
>真剣を使っても、もし街等で実戦になったらどうするのですか?

真剣を使うのは相手の武器を保有を前提とするケースですので
有効ですよ。

>精神鍛錬?

すべてが精神鍛錬です。精神鍛錬でない練習などあるでしょうか?
この質問には少し驚きました。本当に武道板ですか、ここは。

>それをやれば実戦になっても大丈夫と言い切れるわけですか

相手がミルコ・クロコップならば大丈夫でしょう。



80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 16:45 ID:J4d2g5fe
ヲイ、誰かエージェントの相手してやれ!
見ていて不憫でならん。  ぁ 俺はパスね。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 16:46 ID:CzKgg7am
>77
あなたは、徒手武術ではないのでは?

徒手に限って言えば、例えばボクシングのように攻撃方法と部位を
あれだけ絞っても「不意の一打」を食らう事があり、スパーリングは
欠かせませんが、武器を使うものになるとそうした偶然は少なくなって
行くので自由攻防の練習はそれほどしなくてもいい場合もあります。

元々は中国拳法も武器術から発展したものなのでそうした点では
現代拳法各種に遅れている面が多いと思いますが、徒手武術で実戦を
想定するなら組手練習がなければ話にならないと思います。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 16:48 ID:CzKgg7am
>79
不動心さんは、ミルコ・クロコップに実戦で勝てるというわけですね。
では、試合や組手だとどうなのでしょう?

83 :不動心:04/05/05 16:52 ID:zMBtLJYV
>あなたは、徒手武術ではないのでは?

徒手武術の要素も含まれています。

>ミルコに実戦

実戦では問題ないでしょう。試合は「プール」です。相手が心を守られた
状態なので、不利になるでしょう。

84 :不動心:04/05/05 16:54 ID:zMBtLJYV
>例えばボクシングのように攻撃方法と部位を
あれだけ絞っても「不意の一打」を食らう事

それは他の攻撃を制限しているからですね。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 17:00 ID:hFFwehOc
まあ毎日のように実戦してる人なら組手練習はいらないんじゃない

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 17:06 ID:CzKgg7am
>83
ミルコ相手に、実戦で勝つまでの様相をシュミレートしていただけませんか?
場所、状況などは自由に。
>84
では逆に、なんでもありならばすべての攻撃を未発に防げるのでしょうか?

87 :不動心:04/05/05 17:19 ID:zMBtLJYV
>ミルコ相手に、実戦で勝つまでの様相をシュミレートしていただけませんか?

それは、手の内を明かすことになるので、できません。

>なんでもありならばすべての攻撃を未発に防げるのでしょうか?

なんでもありならば、未発に防げる可能性は高くなります。よく気付き
ましたね。発想の転換なのです。自らの攻撃、防御の選択肢を常に広げる
ことに努力します。ただし、広げた選択肢に対する別の対策を自ら講じることに
なるので、修行が続くことになります。





88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 17:32 ID:CzKgg7am
>87
いろいろと参考になりましたが、最後に一つ。
あなたの実戦経験を差し支えない程度に、お教えいただけませんか。
もしない場合、どうして実戦ならミルコでも大丈夫だと思えるのか、
その理由だけでもお聞かせ願えませんか。

89 :不動心:04/05/05 17:41 ID:zMBtLJYV
>あなたの実戦経験を差し支えない程度に、お教えいただけませんか。

銃器保有の相手2人を撃退したことがあります。

90 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 17:50 ID:O0eIU5u2
 げっ!久しぶりの休みなんで午後は女房子どもにつきあってたら、えらくレス伸びてるな
(GWも終わりでみな相当ヒマなんやな・・・笑)。
で、2ちゃんねる分壇を開設するやいなやさっそく道場破りかいな・・・



91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 18:06 ID:LQ7TjzXS
どこかのスレで誰々に勝てるなんて発言し、追い込まれた有名コテハンもいたな。
実際に挑戦し結果を出さなきゃ妄想と思われても仕方がないでしょう。
銃器保有云々はGやRの関係者が言いそうなこと・・・・・
もし実際なら当然警察に届けられているのかな?
それとも海外での出来事?
まぁ、連休最後の一日、賑やかなこった!(藁

道場破りかいな・・・いや、妄想の自己PRにしか聞こえませんが、何か?



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 18:17 ID:nFbew1o0
>89

だから、どうやって?
みんなが気になっているのはそこよ。

相手はその「保有」している銃器を使ったの?


個人的には68の比喩がとっても好き。

「最終的には組手の練習は必要なくなる」
と言うのならまだわかるけど、
自由組手を一度も経ることなく「精神修養」とかシミュレーション
みたいなことで本当に実戦に強くなるのだろか?


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 18:50 ID:LQ7TjzXS
>92
不動心さんに聞いても答えは無理だよ。(X X)
「無門会はミルコを簡単に倒せるらしい(苦笑)」スレにも意味不明な書き込みを垂れ流し
本人は達人ぶっているが、自称知られてない流派の珍コテだとさ。
新規武館開館の客寄せパンダみたいなもんと思って可愛がってあげてくださいな。(檄藁

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 21:14 ID:GhHUpuCr
ミルコは元警官。
競技だけではない精神力も覚悟も持っているはず。
その彼に「実戦なら勝てる」と言うのは恐らく「だまし討ちして拳銃発射」
などの護身手段を言っているのだと思う。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 21:21 ID:GhHUpuCr
今まで、「実戦と組手は違う。だからやっても意味がない」と言う人の
なかで、本当に戦える(戦った)人を見た事がありません。

いくら型が見事でも制限なく動く相手に自分の台本どおりには決して
行かないのが現実。
その現実から目をそらせるためには上記の言い分は都合がいい。
恐らくどんな相手にも自分のペースを套用できるのは佐川先生とか
芦原先代とかそういった達人のみのはずだ。そういう人たちでさえ
過信はしてないし実戦も舐めてない。それに、そこに至るまでに
組手や真剣勝負を死ぬほどやって苦杯をも舐めてきているのだ。
それは中国拳法伝説の達人の場合も同じ。

この過程を省略して彼らが残した型を外見だけ真似して、
どうして戦えるようになるのか?

96 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 21:22 ID:OEltvLQN
 >93
 「客寄せパンダ」なあ・・・
 そういえば「黄飛鴻」の映画でも道場開きで爆竹鳴らして獅子舞とかしてたら、ヘンテコな
道場破りみたいなんがやってきて・・・ってのはパターンやもんな(笑
で、いまの時代でもそういうパターンどおりの登場するような思考回路の人もおるんやなあ。
個人的にはそういうんも好きやけど・・・なんせ私自身が頭の中が「片腕ドラゴン」のあたりから
全然進歩してないもんで・・・(トホホ


97 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 21:28 ID:bJCBJYXg
 まあとにかく古くて新しい「中国拳法と自由組手」の話題やな?
でもなあ、これって旧スレでもいやというほどやらんかった?
で、他所の拳法家はともかく、この劉月侠さまがいままで一度でも「自由組手」を
否定したことってあるか?


98 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 21:41 ID:CnBdBLZB
 レス52でフーさんが「大八極のなかにはすべてが含まれてるのか・・・」って言うてはったと
書いたが、これは要するに「自由組手」も含まれてるって意味よ。
ただ劉月侠武舘の平均年齢は高いんでな(笑)、私が大学生のころやってた空手の組手みたいな練習
をそうそうやるわけでもないんやけど、いちおう実際に打ちあうための基本的な方法や訓練法について
も教えるし、そうでなければ大八極なんてする意味がない。
極端なことを言えば大八極を学んで、あわせて対打の訓練もやればそれだけで打ちあいはOKや。
で、実際中央国術舘ではそんな具合にやってたんやろ?


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 21:45 ID:ciOONCZU
>>97
ないですねえ。
私のところでは自由な散手の前に、決められた手順での攻防の練習を繰り返してました。
決められた手順によるものとはいえかなり激しいものでしたね。
それによって感覚や反応の速さなどを身体に叩き込み、それらの応用が自由な攻防による
組手につながっていきました。
それが中国式であり、また、そのようなことはどこでも同様にやっているものだと思っていました。

100 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/05 21:51 ID:7cvP8HtG
>97
劉さん、気にせずぼちぼち行きましょう。(笑
過去スレもパート1から10まで貼ってありますので
関心があったら読まれることでしょう。
猿も若い時に組手を散々やって歯を折り、頭を割り腕を折り金を潰して
満身創痍でヘタレのままですから、組手の話題は黙って見ています・・・(汗


101 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 21:53 ID:ic6xRfk7
 ただ92さんが言うてはるように「最終的には組手の練習は必要なくなる」ってのは
真実や。正確には「やりたくてもそうそうできんようになる」と言うべきやが(笑
そらそうやろう?フーさんなんてわざわざ新幹線で東京から大阪までやってきて、しかも
帰ったらフリーの自由業で仕事が山みたいにある。
私も張さんも休みの日はともかく、翌日にはまた何人も病人を診療せんならん。
こんな社会人、しかももう40越えたオッサンが下手すれば怪我で入院せんならんような
打ちあいの稽古するのはよほどの注意が必要や。
若いうちは若いうちの稽古、年取ったらそれなりの稽古ってもんがあるわけよ。
若造にはわからんやろうがな・・・(笑


102 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 21:58 ID:VHjUSSuM
 >99
 私も柔道、空手を経て、功夫はいまの師匠のやることしか知らんので、正直
こういうんで当たり前と思ってたもんな。
実際に打ちあうことをせんと強くなれる門派があるんやったら、そっちに入門
してればよかった。ほんならあばら骨折られて痛みに耐えながらキーボード打つ
こともなかったやろうに・・・(笑


103 :不動心:04/05/05 22:00 ID:L4ayOw6P
>ミルコは元警官。
競技だけではない精神力も覚悟も持っているはず。
その彼に「実戦なら勝てる」と言うのは恐らく「だまし討ちして拳銃発射」
などの護身手段を言っているのだと思う

少し違いますけど。。警官ってそんなにすごくないですよ。

104 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 22:00 ID:1xXysUV/
 >100
 な、なるほど・・・それで忍猿さんってあんな「猿」みたいな顔になって
しまいはったんですね・・・(じょ、冗談ですっ!許して!)


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 22:02 ID:hFFwehOc
>>103
日本の警官はね。

106 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/05 22:04 ID:7cvP8HtG
100ゲット!!!(ニコニコ

>99
そうそう今でも相手と両手を触れ、感覚や反応の速さなどを身体に叩き込み、
それらの応用が自由な攻防ってなことは日常的にやりますね。
勿論、蹴りや頭突きもあり・・・金的も。
上にばかり気が行って金的がら空きなんて人も見かけますね。(自分のことです。スミマセン)

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 22:06 ID:HMbb74E0
>64
そう見られても大柳さんとっては好都合なのかも知れないですねw

108 :不動心:04/05/05 22:09 ID:L4ayOw6P
自由組手は実戦力を弱めると私は考えますね。もちろん、ご自身の考え方は
それぞれで結構ですが。

109 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 22:13 ID:vllU3vMe
 >107
 なんかこう、キレたらなにをしでかすかわからん・・・みたいなとこあるもんなあ。
おっと、失言、失言(笑


110 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 22:22 ID:wm7x3h1F
 >108
 いや、ある意味ではそれも真実と思う。キチンとした基本技や手順を踏んだ
訓練法を地道にやらんと、キックの真似ばっかしてるような稽古では本当に強く
なることは難しいって、あの大山総裁もどっかで言うてはったと思うぞ。
空手で言えばな、全体の稽古の中で自由組手の占める割合っていうんは準備体操や
柔軟体操よりも少ないんやないかなあ?
柔道の場合は確かに乱取りが稽古の主体やけど、やはりその前に打ち込みとか投げ込み
は十二分にやるし、現代武道においても必ずしも自由組手が訓練の中心とは限らんわけや。


111 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/05 22:26 ID:7cvP8HtG
>108
自由組手など自由な攻防で何を身に付けるかが各自異なると思います。
劉さんも言っていましたが一つの套路でも目的によって学び方があると。
身に付けるのは自分ですから、各自が模索しその方法を取り入れればいいのでは・・・
勿論共通して言えることは如何なる局面でも「不動心」であり続けることでしょうね。

>107
そうでしょうねw



112 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 22:43 ID:mkM6xoku
 ここでまとめるけど、「功夫は自由組手をしない(避けている)」って言われること
の原因は、確かに気の力や神秘の秘伝で人間を倒すことができる・・・なんて考えてる
DQNが練習人口に占める割合が多い・・・ということはもちろんあるやろうが、
さらに、

 1.訓練体系が膨大かつ非系統的で、自由組手まで進める人が少ない。
 2.入門時の年齢が比較的高く(私でも本格的に功夫に転向したのは30
   近くになってからや)、体力的にも気力的にも打ちあいの訓練を望む
   人がそう多くない。
 3.ルールの整備されたスポーツとしての試合が行われていない。

まあ、こういったことが考えられるかな?
ただ繰り返すけど、これは世界的にみれば膨大な練習人口を誇る(日本では
マイナーやけど)「KUNG−FU」においてはごく一部の現象であって、
香港、台湾、さらに欧米なんかでは正不正はともかくとして打ちあいの訓練は
ごく日常的に行われてるし、専門家は「試合と実戦はあくまでも別モノ」といい
ながら、やっぱ弟子が大会で活躍したりすると素直に喜んではるみたいや。



113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 22:48 ID:q9mhQeWL
ミルコは警官だが大したことない、実戦ならば勝てる、
銃二人を相手に勝った事ある......

いや〜すごい達人が登場したものですね−。
一度、その神技を見てみたいですね。
そう言った以上は公開の場で証明していただかないと。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 22:48 ID:/zWuiyUY
>>110
ムエタイの修行でタイのジムに住み込んだことがあったのですが、そこのジム
では自由組手にあたるスパーリングは練習の割合からいうととっても少なくて
ちょっとびっくりした記憶があります。行く前はがんがんやると思っていたから

115 :カの字:04/05/05 22:57 ID:xHFHzDGd
 こんばんわ。新スレ立ち上げおめでとうございます。

 ずっと、ROMしてましたが、折角の場なんでちょこちょこ発言も
できりゃエエんですけどねぇ(^^;

 劉先生、先日は有り難うございました。
 久しぶりにエエ酒を飲みましたが、武術の話してますと全く酔え
ないってのは、因果なもんんですね。
 まぁ、荒さん程度に話し付き合ってみますんで。
 では、取り敢えずってことで、みなさんよろしくお願いします。

116 :アルベオ・ピピニーデン ◆qzO5IveDFc :04/05/05 22:59 ID:Nh7dO5Ks
タイ人は一年間に40試合以上するやつも多いからな。
子供のころからしょっちゅう試合漬けの生活だから
試合がスパーの代わりなんだろう。

17日おきとかで試合したりするのもよくあるムエタイで
毎日がんがんスパーやったら壊れてしまうよ。

117 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 23:04 ID:PIsw0dMN
 >114
 テレビとかで試合を観てるだけやと、毎日あんなことばっかしてるのかって
考えがちやけど、むしろプロは身体が資本やからな。
あんまりキツイことをやりすぎて本番前につぶれてしまったら、それこそ商売に
ならんわけよ。日頃のトレーニングではアマ以上に地道な鍛錬が中心になると思う。



118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 23:05 ID:/Cgk7n83
まず、「ミルコに勝てる」と断言した件について。
証明の前にハッキリさせなければならないことが。
どういう状況でそういうのか。
@素手で向かい合っても勝てる。
A素手では勝てないが武器を持てば向かい合っても勝てる。
B武器を持っても向かい合ったら勝てないがいきなり奇襲すれば勝てる。
C銃撃、毒殺などの暗殺を使わないと勝てない。
これらをはっきりさせない事には議論になりません。
「それすらいえない」と言うならば妄想狂だと思われて仕方ないでしょう。

119 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/05 23:11 ID:xnuUHlbr
 >115
 おおっ!貴殿は神戸の悪ガキもとい実戦武術家やないか!
先日はお疲れさん。今度はなんとか時間をつくって○○○公園での貴殿らの
練習会を表敬訪問させてもらうつもりや。
なんせ私の本籍地のすぐそばやさかいなあ・・・よろしく!


120 :114:04/05/05 23:14 ID:/zWuiyUY
>>116
そういえばほとんど毎週末、試合に出されていました。

>>117
タイでの試合はKOを狙わないから割合とソフトに見えるかもしれません。
なにしろ賭けの対象なので1Rからがんがんやると賭けが成立しないかも
しれないので、最終ラウンドまでやって判定でどっちが勝つか、はらはら
させるのがいいみたいです。

スレ違いなのでこの辺で・・・よっと

121 :カの字:04/05/05 23:37 ID:xHFHzDGd
>119
 いやぁ〜神戸の悪ガキですぅ(笑)
 実戦武術家とかって、ゆーてもらっても何も出ませんよ(^^;
 普通の同年代の人よりは、死にかけた経験が多いってだけで、
元々の功夫はたかが知れてますんで。死にかけから生還する
功夫だけは自慢してもエエかもしれませんが(^^;

 いやいや、本当はこちらからまず一度練習会に挨拶に行かせ
ていただくのが筋ですのに、畏れ多いやら、なんやら(^^;
 ほんでも、来ていただけたら・・・練習そっちのけで飲んでしま
わないかと、ちと心配ではありますが(爆)
 まだ立場上、発言には色々とプロテクトが掛かりますが、なる
べく忌憚のないとこをカキコしてみますんで、暖かく見守ってく
ださいまし。

122 :張景学 ◆8jVpfMnU/M :04/05/06 00:40 ID:wz2waGLi
>>121
はじめまして、 劉月侠大阪武館で場所を提供している張景学です。
お噂は少しお聞きしています。

>本当はこちらからまず一度練習会に挨拶に行かせ ていただくのが
>筋ですのに、
おっ恐れ多い、劉さんだけはりきっていて生徒は・・・
生徒の練習はアクビでもしながらご覧ください(苦笑

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 00:43 ID:G5CZm7/e
>118
ご質問の件は「無門会はミルコを簡単に倒せるらしい(苦笑)」スレでも話題にあがっていますし、
108で不動心さんの考えが書き込まれていますので、後は(苦笑)スレでやられたら如何ですか?
今回は負けたそうですがミルコ選手は強いですね!!!


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 01:21 ID:G5CZm7/e
(苦笑)スレで不動心さんが種明かしをした。表現の仕方に誤解を生む要素があったと思うが、同感!同感!
不動心さんが何を言いたいのか分かった気がする。試合や組手のみで武術の実力を語るのは疑問だとさ。
疑問よりも武術の本質を知らないって切り捨てている。不動心がなければ武術を語っても騙りになるってことさ。

125 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/06 08:15 ID:66Uk/LWs
 >124
 わはははは・・・つまり武術にいちばん大切な要素は「不動心」なわけやな。
ウルトラ遅レスになるけど、昨日のレス63の続き・・・ほれっ、昼メシで中断した話や、
つまり「伝統」を謳ってるもんがほんまに「伝統」あるもんなんかどうかを見極める方法やが、
要するにそれは「不動心」があるかないか・・・ってことを見ればええわけよ。
我々はいちおう「中国」武術をやってるから、あまり不動心とは言わんな。
普通は「浩然の気」と言う・・・

126 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/06 08:25 ID:66Uk/LWs
 子いわく、「仁者は憂えず」「智者は惑わず」「勇者は懼れず」・・・

 これらはすべて日本で言う「不動心」を述べたもんや。心を「動かざること山の如き」状態にするには、
「仁」であり「智」であり「勇」でなければならん。
道場やジムの中でいかに強くても、一歩外に出て「仁」「智」「勇」がなければ真の武術家とは言えない。
まあここんとこが難しいわけよ。「伝統的」と「現代風」の最大のちがいがでてしまうとこなわけや・・・



127 :豚頭:04/05/06 10:27 ID:QKVvVASA
不動心は養えるものなのでしょうか。小心者が不動心を獲得すること
はありえるのでしょうか。いかにして?

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 10:40 ID:K8pFSm1j
うーん、ちょうど先日こんな話を聞いたのは、偶然なのでしょうか。

某グランドマスターは、突然弟子に
「私の代わりに講演してみなさい」
と何百人もの聴衆の前に準備無く出させたり、
やはり不動心のようなものを試したりすることが多かった、
と聞きました。心は套路では鍛えられないが、グランドマスター
は、心も鍛えていた、と。

129 :太一 ◆/LCBuTgpCs :04/05/06 10:44 ID:K8pFSm1j
>>128

久しぶりに書いて見ました。劉さん忘れてると思いますが(笑

130 :カの字:04/05/06 14:32 ID:YqZL22y3
>122

 はじめまして、カの字と申します。

> おっ恐れ多い、劉さんだけはりきっていて生徒は・・・
> 生徒の練習はアクビでもしながらご覧ください(苦笑

 いやいやぁ、低架での訓練って大変やからねぇ(^^;
 劉先生がはりきってるんは、まぁ想像がつきますが
それに負けんと一生懸命について行って見て下さい。

 たぶん、劉先生も一生懸命に練習する姿見て少な
からず感心したんで、今の訓練してると思うんでね。

 ちなみにもっと感動させると、益々キツイ訓練が、
もれなく色々とオプションで付いてくるやろうと思いま
す(笑)

131 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/06 21:10 ID:BT6Zzcmq
 >129
 いや、HNはよく憶えてるぞ。それにしてもいつ以来かしらん?


132 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/06 21:14 ID:pIuUWSc5
 >130
 そうや、いま思いだした。「不動心」を養うにはやっぱ居酒屋の店先で馬弓ツイやなあ(笑


133 :伝場:04/05/06 22:57 ID:aLDfTDf9
ところで、現在台湾の武壇てどうなっているんですか?
組織的にとか練習体系とかですが・・・

134 :カの字:04/05/07 07:19 ID:CXsNiyDj
>132

 『不動心』ですかぁ、まぁ、確かに居酒屋の店先で、呼び込みのお兄さんに迷惑顔されながらの馬弓捶は・・・『不動心』養えますなぁ・・・
『羞恥心』とかいうのんとホボ等価交換になりますけど(苦笑)

 『不動心』って言いますけど、そーゆー場になったら多少のブレはしゃーない思いますけどね。アドレナリンとかいっぱい出てる訳やし。
 光モンとか出されたら、日頃から『不動心』とかってゆーてるのんて飛んでまいますし、『不動心』って言葉に囚われて、心が『待ち』にな
ったら反応が遅くなるわ、視野狭窄起こすわで今までエエ事有った例しがあらへんかったですね。
 ホンマに今でも『不動心』ってのが自分に備わってるのかは疑問ですわ。ただ、準備は出来る思います。
 チョットでも多く、そんな場面を生き抜いた人の話を聞いておく。チョットでもそんな場面しっかり頭の中でシュミレートしてみるとかやね。
そーゆー『マインド・セット』さえ出来てたら、少なくてもその時体がパニックを起こして動かないってゆー最悪の事態は避けられると経験
上思いますよ。
 あと技に拘らん事かな?どんな技も一撃で相手を屠れるかで選択しないと自分が危ない。中途半端な技は、危険や思います。

 で、一番肝心なのが相手の心配や後の心配をしない事ですかね?まず、自分が生き残る事が大前提。
相手を怪我させて、警察沙汰になって裁判なってて考えたら、その瞬間が隙になります。

 後悔ってのは、生きててこそ出来ますから、中途半端にするなら逃げる方がエエんちゃいますか?
ほな、相手も傷つかへんし、自分も傷つかへんし。自分のとるにたらんプライドちゅーんが傷つくくらいやろかね?
 社会的なモン、地位や名誉ほか色々なモンをドブに捨てて、親・兄弟に対する迷惑とか全部判ってそれでも手を出さんとアカン時にこそ
ホンマの意味で『不動心』が必要やと思いますんやけど。どんなもんでしょ?・・・極端?

135 :太一 ◆/LCBuTgpCs :04/05/07 14:04 ID:r+W3MAMU
不動心が身につくなら、現代だと一撃で相手を
死に到らしめるよりも実利がありますね。
それだけなら武術でなくとも良い気もしますが。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 17:10 ID:+5l7lSx0
『不動心』とは不感症になること
すぐそばで大好きな娘がGO姦されていても冷静に敵の隙を探れるくらい
冷めた心でいなければ身に付けたとはいえない
喜怒哀楽が欠如した精神状態 殺し合いに不必要な感情の凍結
周りの環境に左右されない心

137 :豚頭:04/05/07 18:42 ID:DDGYzfQS
不動心とはいやなものですね。なんだか欲しくなくなりました。
居酒屋でへべれけになってたほうがましですね。酔八極を劉先生が創始し
てください。
関係ないですがある拳法家に技をみせてもらったのですが異様な音が響きました。
特に長袖の服を着ていたわけでないのにボボボとジャッキーチェンの如く。
嘘のようですがほんまの話です。
あんなもん嘘だとそれまで思っていました。馬鹿話しと笑ってください。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 18:52 ID:L+Y+P7z6
>>137
口で「ボボボ」と叫んでたんだとヲモワレ。

139 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/07 21:41 ID:VL1Ktwdq
 >134
 「韓信の股くぐり」って故事があるけど、真の勇者はつまらんことで意地になったりせんわけよな・・・

 漢の高祖劉邦(ちなみに「卯金刀」っていうのはこの劉邦のことや)を助けて、大漢帝国の建国に大きな働きをした韓信は
若いころ盛り場でチンピラにイチャモンつけられたことがある。
チンピラは韓信を挑発して、「貴様がほんまに世間で評判になってるほどの豪傑なら、ここでオレを斬り倒してみろ!」とか
好き勝手なことをぬかしよったんよな。
韓信も頭にきて思わず剣を抜きそうになったが、もしそのチンピラを斬り捨てたら、「殺人罪」で死刑になってしまう。
で、韓信は無益な争いをせず、チンピラの要求どおりにそいつの股の下をくぐった・・・
衆人環視の中でこれはえらい屈辱にはちがいないけど、真の英雄は大義のために命は賭けても
けっして「匹夫の勇」に走ることはない・・・っていう有名なお話・・・



140 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/07 22:01 ID:69rqznst
 >133
 台湾の武壇はどうよ?って、それは台湾総壇のHP見れば一目瞭然やぞ。
ええっと・・・やっぱ直リンはようせんな(苦笑)。ヤフー台湾で「武壇」で検索してちょうだい。


141 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/07 22:05 ID:LnGWIkuD
始皇帝暗殺の荊軻の放浪の頃にも同じような話がありますね。
心に期する処ある者は己を律することが出来るんでしょうかね・・・
人からどう見られているか右顧左眄しているのも人間的では?

142 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/07 22:05 ID:69rqznst
 >137
 予は酔八極なるものは知らぬが、「酔太極」ならすでに20年以上前に完成しておる・・・(笑


143 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/07 22:13 ID:69rqznst
 >141
 ははは・・・『論語』学而篇の「人知らずしてうらみず。亦君子ならずや(人が自分のことを理解しないからといって
気にとめず、自己の完成に没頭する。まさにこれこそ君子だ)」は有名ですが、
つまりは孔子といえどもなかなか理解されないことに内心けっこうイライラしてたわけで・・・(笑)、
まあ確かに「人間的」といえば人間的ですねえ。


144 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/07 23:08 ID:W0cAkqHt
今「『寶芝林』 活法スレッド4」が熱い・・・
で、今晩は活法スレで遊んでいます。 (ニコニコ

145 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/07 23:11 ID:eyO06mr9
 >144
 熱いって・・・こっちもなんか書き込んでくださいよ!(苦笑



146 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/07 23:25 ID:W0cAkqHt
>145
ゴメン、ゴメン。
活法スレで900ゲット。(大笑

147 :伝場:04/05/07 23:29 ID:jI0wqQci
ここは今日は落ち着けそうだな〜

活法スレの次のお題をもう考えたほうがいいんじゃないですかね?

148 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/07 23:44 ID:eyO06mr9
 >147
 次のお題ったって、まだ900をちと越えたくらいやが・・・『寶芝林』の次は何がええかなあ?(ちなみに伝場さん、武壇のHP見た?)


149 :ガチャバイ:04/05/08 00:13 ID:rvCyy18C
「発勁」でググってみたら、「普通の状態で雑巾を破るとビリビリだが
発勁だと一気にブチッと全部切れる」というような説明があったんだけど
これって小学生時代にやった、自転車に乗ってるときに
「界王拳!」とか叫んで本気でペダルこぐようなもんなのかな。


150 :伝場:04/05/08 00:21 ID:eFQkoISp
>>148
ちょっと見てきました。ちゃんとあったんですね(当たり前か)
極真空手みたいに創設者が亡くなると分裂することが多いですが、武壇はそんな
ことはなさそうですね。

活法スレがもの凄い勢いで消費しそうなんですけど

151 :伝場:04/05/08 00:41 ID:eFQkoISp
日本の古武道も集まって一ヶ所でいろいろな流派が学べるようなところ
ができるといいのにな〜

あっ、中武も広く体育大で選択できるよになるといいかも。

152 :カの字:04/05/08 01:04 ID:MZfVqstZ
>139
 これって、ホンマにその通りやと思います。いや、今やから思うのかな?
 10代や20代初めまでは、韓信の話ってただのヘタレの話や思ってましたから。
 でも、『匹夫の勇』ってのは簡単な話ですねん。そこら辺のヤクザ屋さんでも持
ってる訳やから。ほんでもいっぺん死にかけてみてくださいな。その瞬間に、自分
がこんなつまらん死に方するんかとアイヌの神謡みたく後悔しますで。ホンマ。

 だから自分が何をホンマに守るべきか知って、守るべきモノをしっかり守ろうとす
る時、そこには『匹夫の勇』ってのは、存在してはいけないんやと思ってます。
 自分を『律』する事とか色々な要素の成果ちゃいます?『不動心』って。

153 :伝場:04/05/08 01:18 ID:eFQkoISp
でも、韓信の最後は・・・別にいいです。

明日朝から練習なので(もう今日か)

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 01:20 ID:JbLTT06I
>>149
速いばかりではないよ>発勁
ゆっくりじわっと使うのもあるのですよ。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 01:22 ID:dxE5tbyW
功は成り難くして敗れ易く、時は得がたくして失い易し

156 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/08 01:24 ID:yfc6/RpY
>152 力の字さんへ
ご挨拶が遅れましてどうも・・・忍猿です。
これから宜しくお願い致します。
確かに、守るべきものを確信できたら生き方も変わるのでしょうね。
そして日頃から、日常的に全てに向かい切磋琢磨できると思います。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 01:56 ID:u1LMV4gI
>150

創設者が生きてるうちから八極蟷螂武芸館とか止戈武塾とか、
分裂していたように思いませんか…?

同じ「武壇」の名を冠しての分裂はありませんけど。


158 :カの字:04/05/08 02:33 ID:MZfVqstZ
>156
 忍猿さん、どうも丁寧なご挨拶頂き恐縮です。こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

 そうですね。それだけにそんな馬鹿な事が出来なくなって来ますよね。一時の自己満足の
為に色々な事を犠牲にするのは、その時点で武術を修行する者としては終わってしまうと思
うし、今は世の中物騒ですからね、せめて自分の周りの若い人達には、死に急ぐような事は
させたくないし。だから、色々負けた時の事とかも話してあげないといけないと駄目だと思う
んです、かっこ悪いですけど(笑) それに、劉先生みたいには、人間まだまだ出来ていない
ので、日常全てに向かって切磋琢磨がなかなか出来ないんですが(^^;まぁ、ボチボチと。
 修行も人間形成もボチボチと、出来ていけばいいなって感じで思っています(^^;

159 :ビックリでしたー あっマジギレしないでください!:04/05/08 04:48 ID:qFsHHkgz
このスレにも『不動心』に釣られてるバカがいる
こいつの正体はただの釣り師(無門会スレに出没)

こんなスキだらけの話にマジレスしてるやつは
武術の実力を疑われても仕方がないな

      \ 馬 /   \ 鹿 /
               ∩     ∩
               | つ   「,"|
        ヾ∧     !,'っ_ ⊂_,!
      / ・ |ミ    /  ・ ヽつ
     (_'...  |ミ   ▼,__  |
      (゚Д゚; )..|ミ     (゚Д゚ ,)・|
      (|  .、)|      (|   、)|
       |    |       |   ・・|
       ヽ.._人     ヽ._・ν
       U"U        U"U


160 :伝場:04/05/08 08:41 ID:iHq/S2xb
>>157
なるほど・・・でも、「こちらがほんとうの武壇だ!」って言うのはないのでしょう。
あれ?武壇のHPに蘇老師のなかったけど、徐老師のあったような・・・
武壇に属して別に自分でやってるってことなのかしら?だとしたら組織として
束縛がすくなくて良いですな


161 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/08 09:09 ID:FfY9S8m8
 日本と中国では組織っていうのはちょっと感覚がちがう・・・

 最近ニュースなんかでもよく聞くことやけど、日本人は本質的に「はじめに組織ありき」で、
戦後60年も経ったというのにここぞってときには最終的に「組織が一番、個人は二番」って
感じになってしまうことが多い。
これは左派も右派も、タカ派もリベラルも関係なく、日本人というのは本来骨の髄からそういうふうにできてるわけや。



162 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/08 09:17 ID:FfY9S8m8
 それは結局、日本人はなんやかんや言うても「お上」の言うことに従ってれば間違いない・・・っていう
平和な歴史があったからやな。
で、お隣の中国といえば・・・いまさら言うまでもなく、「お上」なんて端から当てにできんし、
宗族とか幇とか黒社会のように、非常に強力な組織というのはあるんやけど、
これらは基本的に個人個人が自分の立場を有利にするために「利用」するものなわけや。
ここんとこが日本と中国の大きなちがい。
つまり日本人は「組織に属している」ということ自体が目的になってしまってるのに対して
中国人にとって組織とはあくまでも「手段」に過ぎん。


163 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/08 10:27 ID:k75miRWB
 それじゃあいわゆる「師弟」の関係なんてのも、中国人の場合はあくまでも「利用し利用される」だけのビジネスライクな関係なんか?
っていうと、これがまたちょっとちがうもんでややこしい・・・(笑

 日本人でもそういうんはあるよな?口では師匠のことを称賛しながら陰でコソコソやってるとか・・・
中国にも当然そういう輩はおるんであって、こんなもんは国籍や民族、宗教などに関係なく全世界共通のことや。
ただ中国人の場合、組織との関係はけっこうドライでも個人的なつき合いということに関してはむしろ日本人よりはるかに濃密やったりする。
たとえば武壇って組織自体にはとくにこれといった義理をみせない人でも、劉雲樵のお墓参りは(個人で)欠かさずしてたり、
奥さんの誕生日には気のあう仲間同士が寄り合ってお祝いしたり・・・


164 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/08 10:38 ID:k75miRWB
 こういうんは「○○会の定例行事なんで全員集合!」てなもんではなく、なんというかな、
個人の状況判断と完全な自分自身の意思によってなされるもんや。誰かに強要されるべきもんではない。

 日本人は「組織のために自己犠牲をしてる」っていう外見を強調したがるわけや。
チャイニーズにもそういう人はおるけど、基本的には「自分がこう思うからこうする」ってスタンスの人が多い。
で、こういう人のことを「大人」っていうんな。
「大人」は「たいじん」やけど、日本で言えば「おとな」やろ?(笑
で、自分のことを自分で決められず、周りにあわせてなんとなくやってる・・・ってのが「しょうじん」やけど、要は「ガキ」ってこと・・・



165 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/08 10:44 ID:k75miRWB
 さらに「自分でこう思うからこうする」ってからには、最近流行りの「自己責任」が必ずついてまわるわけよ。
「自分勝手」なことをすると「アホちゃうか?」で終わり・・・(笑
そのために昔日の賢人はつねに我が身を振り返り、独善とか視野狭窄に陥ってないかということを
非常に慎重に見極めようとしたわけやな。
子いわく、


           君子は和して同せず。小人は同して和せず。





166 :伝場:04/05/08 14:19 ID:R0tkZVth
話題を変えすぎで恐縮なんですけど、「八極拳2」張世忠著を立ち読みしてたら
「易筋経で指先がびりびりするのが良い」というような表現がありましたが
これって伸ばしすぎでびりびりするのとは違うんでしょうね。

167 :豚頭:04/05/08 16:10 ID:HN4tWIDc
逆に言えば個人主義でいられる土壌が中国にはあるということでしょうか。
人の意見、行動を尊重しあえて形式的にああせいこうせいというこ
とを強要しない風潮があると。日本人は影で誰々があれしたこれしなかった
と悪口いいますけどこういうのは逆に中国にはないのでしょうか。
中国の師匠に学ぶにあたって礼儀など気をつけるべきことなどあれば
また教えてください。

168 :良臣:04/05/08 16:33 ID:aiPqIbzQ
>166伝馬さん
はじめまして。故張世忠老師の学生の良臣と申します。
言葉で表現するのは難しいですが、背中から肘、手首を経由した力で
指先が伸びてビリビリするならオーケーといった感じです。

169 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/08 16:35 ID:LAkBLf3U
 >166
 ちがう・・・と言いたいとこやけど、一定の姿勢・体勢を保持した状態で静止
することによって筋肉が伸展・収縮することによりおきる現象やから、ストレッチ
のときと原理的には同じなわけや。


170 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/08 16:38 ID:8fhPbecS
 >168
 おっ、すごいな。張世忠老師の学生さんとは・・・
あらためてごあいさつするほどのもんでもないが、私が劉月侠です。よろしく!


171 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/08 16:49 ID:bHd30Pe4
 >167
 いや、個人主義ってのは疲れるもんらしいぞ(笑

 陰で人の悪口を言う・・・云々は中国でもあるけどな、あの国は一面「面子の国」でも
あるから、他人の誹謗中傷は極端なこと言えば生命にかかわりかねない。
よほど注意してやらんと反対に自分が足元をすくわれて、えらい目にあいかねんわけや。
日本人の場合は要するにそれほど悪い人はおらんから、私みたいに他人のことをボロクソに
言うたりしてもまあ「なあなあ」で終わってしまうやろ?
ところが連中は一度受けた恩は一生忘れない反面、敵視されたが最後徹底的に叩かれかねんので
なかなか日本人同士のように軽いつきあいはできんのよ。


172 :黄河一号 ◆SNuCULWjUI :04/05/08 16:54 ID:wNbT+/Q2
おはようございます。黄河一号です。

>自分のとるにたらんプライドちゅーんが傷つくくらいやろかね?
>社会的なモン、地位や名誉ほか色々なモンをドブに捨てて、
>親・兄弟に対する迷惑とか全部判ってそれでも手を出さんとアカン時にこそ
>ホンマの意味で『不動心』が必要やと思いますんやけど。どんなもんでしょ?

プライドや見栄なんてものは、少なくしていくことが人生の修養だと思います。
自分に執着がありすぎて、結果、最良の選択をできない人もいます。
誰かになにかをされた、言われた位のことでイチイチ腹を立てないことも
「不動心」と言えますね。トラブルを回避し、闘わずして勝つことを学ぶのは、
現代社会に生きる私たちが武術から学ぶ大切なことのひとつだと思います。
(武壇スレが荒れないのは、ひとえに皆さんの言葉の化ケイが達者だからでしょう。(笑))
また、どうしても闘わなければならないときは、敵にも自分にも執着があっては
決まる技も決まりませんよね。文字通り「捨身」できたものが勝つのでしょうね。
いやあ、飲んだり遊んだりの激しい欲望の塊のような私が言うのもなんなんですがね。
今年は「心の捨身法」を身に付けなければ。(笑)


173 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/08 16:59 ID:F4C4Iuv9
 日本では自分の元師匠のことをあしざまに言うたりしても、いつのまにか
忘れられてしまうけど、中国人は一度そんなことをしでかしたヤツは一生覚
えられてるもんや。これも自己責任なわけやな。
で、日本ではこういう自己責任があいまいで、「みんな似たようなことしてる」
なんて他人や組織など全体の責任にしてしまえばええわけやけど、個人主義では
それはできないということ。
たとえば酒の場でうっかり口にしてしまったことでも、日本人なら「酒のせい」
「(そういう酒の場を設けた)みんなのせい」ということで済んでも、中国人は
「酔う酔わないは個人の責任」なわけやから、あとで言い訳することはできない。


174 :豚頭:04/05/08 17:50 ID:HN4tWIDc
かなり厳しいですね。うっかりとぼけたことも言えないようですね。
しかし師匠の悪口をいうことは論外ですが。
謝罪ということに対してはどうでしょうか。たとえば西洋では謝ると意外に
あっさりと分かったといって本当の意味で許してくれることがありますが
そうは問屋がおろさないのでしょうか。口の功夫は大事なのですね。


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 20:25 ID:E5qI2a9r
>忍猿=猿顔
  ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  /
  ス  ク ス _  | | │ //. ス ク ス _ | | │ //
  / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //
  / _____  // /          //
.  /   l⌒l l⌒l \  ))   ____
. / / ̄| ,=| |=、| ̄ヾ   / ____ヽ
/ ̄/ ̄.  ー'●ー'  ̄l ̄ |  | /, −、, -、l  ))
| ̄l ̄ ̄  __ |.    ̄l ̄.| _| -| ,=|=、 ||
|. ̄| ̄ ̄  `Y⌒l__ ̄ノ ̄ (6.   ー っ-´、}
ヽ  ヽ    人_(  ヾ    ヽ    `Y⌒l_ノ
  >〓〓〓〓〓〓-イ   /ヽ  人_(  ヽ
/   /  Θ  ヽ|  /    ̄ ̄ ̄ ヽ-イ

176 :ぷちしゅー ◆9krShh3g.c :04/05/08 22:24 ID:UEC8h9VC
私の場合は、職場で上司からボロカスに言われていますが、化ケイで流していると反省の色がないなどと余計に言われる始末。
不動心とは、程遠いか…

177 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/08 22:47 ID:b2S9e1Jr
>175
ブー・・・残念でした!  忍猿はキムタク風(?)です。
ドラえもんの絵は自分で書いたの?それとも前のをコピーしたの?

178 :清人 ◆IFxdCIipxs :04/05/08 23:25 ID:m1jlmh5g
お久しぶりです。最近、ちょっと期する所があってスポーツジムに通っています
武術の基本功と絡めて、体力を付けたいと思ってウェイトトレを始めたわけです
で、まずは体力測定やったわけですが、どうやら思っていたほど悪くないみたいでした
ビルダーになるわけではないですよ

疲れた時には肉と脂!!
これが俺の基本だったりします。偏らない程度にね

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 01:51 ID:qkQKRd6h
>178

お久しぶりのところ申し訳ないけど、
体力をつけるのは大事だが、西洋式ウェイトトレーニングなど
功夫にとっては
「百害あって一利なし」だ。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 01:54 ID:J57Pb0JI
>>175
次は21エモンとモンガーで頼むw

漫画ネタでついでに最近、横山光輝先生の『三国志』にはまっています(合掌)。
その中では皇后だろうと幼い帝だろうとあっさり始末してますね。
ひとりの子を始末しなかったために、国が滅びることもある・・・・中国人の
国民性はこうした戦乱の歴史ではぐくまれたのでしょうか。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 05:18 ID:4kdit+IT
>>179
そうでもない、中国の達人の中にはウエイトもやりこんでいた人だっている。


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 06:06 ID:4Wru+Mvi
功夫の動作に精通していれば問題ないかと思いますが、程度問題でしょうね。
雑誌に出ていた自然門の謝ヘイカン氏はいい体してんのう、ですた(GA隊に入らんかい・・)。

183 :伝場:04/05/09 07:13 ID:1FNrK/dy
>>168
>>169
ありがとうございます。昨日はゴールデンウィークの疲れと練習の疲れの
ダブルパンチでパソコンに向かう気力がなくなったので今頃すいません。
腕は伸びるのですが背中から肩の辺りがやはり感覚がはっきりしませんね。

184 :良臣:04/05/09 07:31 ID:eDxbM0wP
>170
劉さん、こちらこそよろしくお願いします。
>183
伝馬さん
肩より脇(肩甲骨)の下の方を意識するとよいかも知れません。
易筋経はよいものですのでがんばってくださいね。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 09:27 ID:CMxijsCt
>体力をつけるのは大事だが、西洋式ウェイトトレーニングなど
>功夫にとっては
>「百害あって一利なし」だ。

バランスを考えず、ベンチで何キロみたいに数字だけ追いかけ、
ウエートのフォームと神経回路を維持したままだとそりゃ
害はある。
しかし、バランスを考えて、数多くの種目をやり、かつウエート後に
フォームや神経回路を中国武術用に戻す練習をすると、
非常に効果がある。別にやりたくない人はやらなくてもいいが。
でも、多くの中国武術家は、山田編集長に「弱い」と断言されていた。
伝統だけにこだわらす、いいものは何でも取り入れる姿勢が大事だと思う。
フルコンなんて、強くなるためには何でもするでしょ。



186 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/09 09:30 ID:bDkXsocb
 昨晩は緊急手術で呼び出されて、結局そのまま病院でお泊りよ。ただ一晩中ドタバタ
してたら、朝気がついたら月曜日に痛めた左胸がだいぶよくなってる(笑
やはりこう極度の緊張状態を強いられると身体の自然回復力が格段にアップするみたいや。
ゴルゴ13みたいやろ?(笑


187 :黄河一号 ◆SNuCULWjUI :04/05/09 10:08 ID:WkZ+gDXX
おはようございます。黄河一号です。
私はウエイト云々に関しては、185さんの意見に賛成です。
柔道でも空手でも、数十年前にはウエイトを否定する人も大勢いたという話ですが、
やはり技術やセンスが全く同レベルであれば、基礎体力が上の人の方が全体と
して優れていると思います。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 10:37 ID:b4y6xRIc
ウェイトは武術初心者がやるとちょっと心配になりますが、
5年くらいやって正しい動きが分かってる人なら問題ないかと。

あとウェイトやってない人にもプロテインはおすすめです。
練習後プロテインを摂るだけでも体が変わります。


189 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/09 11:49 ID:xrGi9ud/
 私も正しい方法でやるんであれば、ウエイトトレーニングは功夫にも有効とは思う。
思うんやが・・・功夫の技術を身につけるための基本訓練には相当なエネルギーを要する
んで、現実問題としてウエイトまでやってる時間はない・・・っていうんが本音や。


190 :良臣:04/05/09 12:07 ID:eDxbM0wP
>189
そうですね。私もそう思います。大杆子での基本功(ラン・ナー・チャー)
なんかは功夫の技術を身に着けながらウエイトの要素もあるのでよい練習
ではないかと思います。


191 :カの字:04/05/09 16:14 ID:ikZp1UHf
>189
 正しいやり方やったら問題ないとは思うんですけどね。
 私がようやるんは、前に20s後ろに30sの砂袋入れたリュック背負って
馬歩とか基本の架式とか、套路をなるべく低架でゆっくり練るってのが多い
ですね。あと、準備運動に30s背負って小高い丘の公園5q一周コースを
ちょっと膝を曲げて腰を落とし気味に歩くとか。ちょっと5、6年前までは建設
現場で働く人らが良く着てるチョッキを改良して、鉄粉を入れて仕事の間中
ずっと着てるってのやりましたが、体への負担が大きいので半年くらいでや
めちまいました。仕事が忙しくて、低架での馬歩が5分以上出来るんやった
ら練習中になんか背負うんもアリちゃうかなって思いますよ。

192 :カの字:04/05/09 16:30 ID:ikZp1UHf
>178
 えっと、ここでは初めましてやね。メールはなんかいかやりとり」してますけど。
 私も5、6年前に体力つけなアカンちゅう強迫観念にかられて色々やりました
けど、必要なモンってそれだけでは付かへんかったよ。
 当時行ったとこは、一般の人用の施設やったんで余計にそうやったんやけど
例えば足でプッシュしてオモリ上げるのんも180sまでしかないねんね、そん
なもん片足でも上がってまうし、その後プロ用施設紹介され300sくらい両足で
上げる練習したけど、筋肉痛にもなれへんねん!まぁ、その分腕でバーベル
上げるのんが40sしかあがらんかったけど(笑)悪いとは言へんけど、伝統的
な訓練法もしっかりやりこんだら?古いのも残ってきた訳が有るんやしね。

193 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/09 16:40 ID:nIy0KvKk
 >191
 そういう方法はウエイトトレーニングっていうか、中国にむかしからある練功法とちがうの?(笑
劉雲樵も子どものころ、軽功の訓練のために毎日砂袋みたいなチョッキを着たまま生活させられたとか
いうけどな。


 ウエイトトレーニングは武道や格闘技に必要ない・・・っていうのはかつてのウエイトトレーニング
イコールボディビルあるいは重量挙げっていう一般の認識がいまだに尾をひいてるんやと思う。
ボディビルダーや重量挙げの選手はそういう競技の専門家であって、武道家ではない。
たまたまそういう競技は全トレーニング中にウエイトトレーニングの占める割合が多い(というかほとんど)
がために、「筋肉ばっか発達しても役に立たん」てな偏見が生まれたんやろう。
でもどんな武術でもウエイトトレーニングの原理を応用した訓練法は必ずあるわけで、要はやりかた次第やな。



194 :カの字:04/05/09 16:47 ID:ikZp1UHf
>190
 初めまして、かの字と申します。

> そうですね。私もそう思います。大杆子での基本功(ラン・ナー・チャー)
> なんかは功夫の技術を身に着けながらウエイトの要素もあるのでよい練習
> ではないかと思います。
 そうですね、大杆子をもっと上手く使えるように思って、2メートル10sの鉄
棒振ってるんですが、なかなか思うように振れてません(^^;
 仕方がないんで、大杆子はそのままで練習して、鉄棒で伏虎気味に振って
みたり、『どうざん』っぽくちょっと斜め上に突き上げたりして重さに慣れようと
しています。夢は3メートル15sを自在に扱える事ですが、まだまだ(T▽T)

195 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/09 16:49 ID:LLWckZUT
 ただカの字さんは功夫の前に他の格闘技の経験もあるし、そういう訓練もできようが、
一般の初心者にそんなことさせてみいな、一日で身体壊すぞ(笑
現代のマシーンをつかうようなウエイトトレーニングは重量や負荷の調節が容易で、どんな
体力の人でも個人のレベルにあわせて徐々に訓練していくことができるから、ある意味初心者
は功夫の技術を習う前の段階で必要不可欠な筋力なんかを養うためにウエイトやるのもええんかもしれん。
ただ、そういう目的なら腕立てとか腹筋とかで十分やと思うがな(笑


196 :カの字:04/05/09 17:09 ID:ikZp1UHf
>193
 そのとおりなんですが(笑)
 色々器具とか、お金使ってやるのんって長いことやる時に絶対に障害になると思う
し、そのまま動きに転化できませんやん?それやったらお金勿体ないですやん(爆)
 色々工夫したり、やり方次第でなんぼでも方法はあるんやし、ペットボトル一つでも
そんな目的に色々使える訳やのに。ペットボトルを完全に腕を伸展させた状態で口の
部分を三本指でそのまま瓶を水平に持ち上げるだけでもシンドイもんよ、出来るよう
になれば、次は親指と人差し指の二本だけでとかね。次は、ボトルの中身を鉄球に変
えるとか(10円いれれるモノなら同時に貯蓄も出来ます(爆))、テレビみながらでも
出来るし、場所も選ばんし、経済的やし。若木先生や肥田先生やないけど継続出来な
意味無いしね。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 17:09 ID:UslpEjve
中国武術で重く大きな槍を振ったりするのを、
ウエイトトレーニング的な効果もあると思っている人が
多いようですが、
実際には兵器を(静止状態で)支えられる程度の筋力があれば充分なわけで、
槍を振ったりするのは、
その「重さ」の感覚を消すためにやっているのです。
重さが消えるのと、筋力がアップして負荷が軽く感じられるようになるのとは
全く別物です。

ウェイトとかプロテインとか言っているうちは理解できないでしょう。


もちろん、人並み以上の体力がなければならないのは、
武術だのから当然ですが。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 17:13 ID:UslpEjve
失礼。

武術だのから当然ですが。

武術なのだから当然ですが。


199 :カの字:04/05/09 17:21 ID:ikZp1UHf
>195
 え?そんなん気合いと根性ちゃいますのん(笑)
 まぁ、冗談はこっちおいといて(^^;
 必要最低限の筋力養う必要ってのは、最近大学生と練習し始めて感じましたね。
 自分の体が支えられないってのは、致命的なのがあります。
 まぁ、100s以上の体重が有るから、難しいんでしょうが・・・それ以上に根性が
ない(笑)最近の子らって外であんまり遊ばないっていいますやん? 遊びの中で
つく筋力って、或いは日々の生活で培う筋力って結構大事なんちゃうかなって最近
特に思います。
 ・・・難しい事とか、細かい事考えるのは性やないんでアレですが(^^;

200 :カの字:04/05/09 17:42 ID:ikZp1UHf
>197
 重さを消すってのは、これはどの状態の時でしょうか?
 槍を突くのに構えている時でしょうか?槍を突き終わった時でしょうか?
 槍を始めるときに、片腕の親指と人差し指の二指で持ち上げるのを要
求されるので、突き終わった時なら全く同じことなんかなって思いますが
違うようなら、ちょっと詳しく教えて頂きたいです。すみません。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 19:05 ID:YKNkVr6T
なんだか汚い関西弁の多いスレですがおならしていきますね。


                 
                    ○| ̄|_=3

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 19:37 ID:vNiNuXEG
>201
パワフル消臭スプレーを撒いときました。(笑

203 :188:04/05/09 20:52 ID:b4y6xRIc
>>192
レッグプレス片足で180Kgは漏れもできるけど、スクワット300Kgはすごいなあ。
腰痛めそう。でも確かに武術の練習(10年くらい)だけで結構脚力はついてました。
武術しかやってなかったのにカーフ(ふくらはぎ)は良く人から褒められます。

武術の練習は慣れてくるといくら低架でやっても長い時間やらないとあまり
効かなくなってくるので、それで漏れはウェイトに走ったわけですが、リュック
に重りはいいかも。理想はやっぱり武術の動きで高負荷をかけることなので。

漏れは心意六合で採鶏歩やるんですが、鍛えたい部分が鍛えられていなかった
という不満はありました。

元々採鶏歩では農具を背負ってやるようだし、リュックに重りは真似させて
もらおうと思います。

>>197
プロテインは格闘技に限らず卓球だろうが何だろうがスポーツやる人は飲んだほうが
いいと思いますよ。

まぁ中には鳥のささ身だけで必要なたんぱく質を摂ってしまう人もいますが。


204 :清人 ◆IFxdCIipxs :04/05/09 20:59 ID:yyrLMeeR
別にビルダーのようなムキムキマッチョになりたいわけじゃないんですけど・・・・
自分事ですけど、基礎体力は劣っていると思っています
実際はそうでもなかったみたいで、ちょっと安心してますが
で、武術をやるんだから、長く続けたいんだから、まずは体力をつけねばと思ったわけです

ボディビルダーの体を見るにつけ「あんなんで動けるんかな〜」と思ってます
まぁ、ウェイトは自分の成長が数値ではっきり見えますから、ついつい調子に乗ってしまいそうですが
溺れないように気をつけます〜

カの字さん・・・もしかして・・・もしかして・・・あの方ですか?
ひええええ・・・・どうもです。お久しぶりです(ペコペコ
現在、ぷちしゅーさんの指導の下、武術鍛錬にも汗を流しています
で、自分なりにもっとレベルアップしたいと思い、まずは基礎体力の向上だろうとウェイトを始めたわけです
肉体シルエットへの憧れってのもあるんですけどね。ブルース・リーの広背筋とか・・・

205 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/09 21:20 ID:+Z3jsvK5
 >201
 私もカの字(兄弟分なんで呼び捨てにするぞ。「カの字さん」なんてかえって気持ち悪いわ・・・笑)
も関西弁というより神戸弁やから、とくにそうなんやろう。「神戸言葉はなんぞいや」っていうてな、
関西人のあいだでも河内弁とならんであまり上品な言葉とは思われてへんみたいや。
芸能人でいえばダウンタウンなんかがいちばんちかい。
ちなみにうちの親父は大阪の東区生まれで、これは標準関西弁といってええほどきれいな大阪弁をしゃべりよる。


206 :ぷちしゅー ◆9krShh3g.c :04/05/09 21:45 ID:TvYRbXT4
清人さんが、ジムに通ってウェイト・トレーニングにあたって、武術の邪魔にならないように、メールで色々と打ち合わせしました。


207 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/09 22:42 ID:NzUBFeJE
 >206
 でもブルース・リーの広背筋っていうのは理屈はともかくあこがれるよなあ。
私もあんなふうになれたら、べつにウエイトトレーニングが功夫の役に立とうが
害になろうがやるんやけど、残念ながら最近は広背筋が発達せんとおなかの肉ばっか
立派になってくるわい(涙


208 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/09 22:48 ID:nWU3cODB
 このペースでどんどんおなかが発達してみいな、私はこれでも第二の劉雲樵を
目指しとるのに、第二の王○金になってしまうやないか(それでもすごいけど)。
あ、でも張詳三って手もあったな(笑


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 23:27 ID:fHGM5R76
大柳さんて凄いんですか?

210 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/09 23:36 ID:KCgOflkX
>劉月侠さんへ
先日言っていた本は明日お送り致します。
内容に就いては私は読めないもんで、いろいろ教えてください。


211 :清人 ◆IFxdCIipxs :04/05/10 00:13 ID:6kaJOl3S
>カの字さん
トレーニングしたからと言って筋肉痛になるとは限らないそうです
そして、筋肉痛にならないから効果がないとも言えないそうですよ
300kgもの高荷重にもへこたれない足腰や!!と誇っちゃっていいのではないでしょうか
・・・・ものすごい頑丈な足腰ですね・・・どんな足腰なのでしょうか(汗

重たいウェイトをガツガツ上げるのはビルダーやリフターの方に任せて
俺はのんびり、しっかりと体力アップに励みます
見栄えだけを求めるくらいだったら、ストロイドでも使った方が手っ取り早いですからね

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 00:55 ID:LIHZOZAo

 このような站椿は八極拳でも行うのでしょうか。

http://hp2.0zero.jp/data/16/taro2/bbs1/1084060257576.jpg


213 :カの字:04/05/10 01:03 ID:lrA8D+fF
>203
 レッグプレスとか、スクッワトとか言うんですか?あれ?昔、アンディがやってる
TVを見て試しに一度やってみたんですわ。
 で、実際300sちゅうのんが凄いのかどうか全然判らへんのんですけどね(^^;
 比較対象が無いんで。ただ、アレするぐらいなら人一人肩に担いで低架で練る
とか、リュック背負ってみるとかした方が、場所選ばへんし、手軽やし丁度良かった
んです。特に、夜人目を忍んで鍛錬する事が多いんでどうしても(^^;

214 :カの字:04/05/10 01:33 ID:lrA8D+fF
>211
 へへへ、ここでもよろしくお願いしますね。
 ちゃんと先生がついててやるトレーニングやったら心配ないね。
 300sって実は凄いのかどうか自分では全くわからへんのんですわ。もっと凄い
兄弟子がゴロゴロ居るし、老師にいたっては私らの常識の範疇外なくらい足腰強い
わけやし。上見て行かんとアカンねんけど、上見たら霞んでみえへん(笑)
 ただ、もっともっと鍛えていかなあかんって事だけは判ってるつもりやねんけど、
楽したなるねん。正直な話。
 だから、時間も場所も選ばん鍛錬方法も併せてやってたら、私はそっちだけの方
が都合良かったんよ。まぁ、上目指してお互い頑張りましょ!

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 02:16 ID:WrWvLFYP
大柳さんについて教えていただきたいのですが?

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 02:17 ID:g+1/6WVd
>>212
八極拳niwa naiyo...
korewa 詠春拳dane!

217 :リャン・フー:04/05/10 02:25 ID:suWUweDy
力の字さん、初めまして
たまに大阪にも出没するリャン・フーと申します。

スクワット300kgはすごいですね!?
私は逆に160kgくらいからレッグプレスへ移行しました。空手時代の話ですが。

重りを付けて套路を打ったことはないですが、低架の慢練はやります。
下肢の鍛錬ももちろん、バランス感覚や長春派で言うところの「悠當」の効果も
得られて、やり甲斐のある練功ですね。 キツイですが...(^^;)

今後ともよろしくお願いいたします。

218 :柔太郎 ◆HbkVkG0Efc :04/05/10 09:07 ID:Olq+7mWu
>大柳さんについて教えていただきたいのですが?

見たことあります。ビデオだけど。上手かった。何やっても上手かった。
八極もいいー。すごくいいけど。太極拳もなんであんなに上手いんだと言う感じ。
ダイジェスト版なので太極拳は少しだったんだけど。

219 :柔太郎 ◆HbkVkG0Efc :04/05/10 09:09 ID:Olq+7mWu
ちなみに私の知人が大柳先生の弟子です。

220 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 10:14 ID:/2MHzDZa
 >215
 大柳さんについて・・・

 大柳勝(おおやなぎ・まさる)
 1955年東京生まれ。上智大学文学部哲学科卒業(やったと思う・・・笑)。
 上智大在学中から各派の中国武術の研究を開始し、卒業後の1977年から
 1984年まで台湾台北の「武壇国術推広中心」にて正統中国北派武術を学ぶ。
 台湾国術界の重鎮、故・劉雲樵老師に拝師し、正式弟子と認められた唯一の
 日本人である。
 現在武壇国術推広中心東京分壇(日本分会のことな)総教練。
 ちなみに北京語はペラペラ(笑



221 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 10:16 ID:/2MHzDZa
 とまあこういう感じになるけど、教えるもなにも大柳さんは大柳さんや。
現在の日本におけるトップクラスの中国武術の権威・・・以外の何者でもないよ・・・



222 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 10:20 ID:Oz2/aqnm
>>215
あ〜人間ってこんな風に動けるのか・・・というのが第一印象ですたw

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 10:21 ID:uYU+Y9O+
>劉雲樵老師に拝師し、正式弟子と認められた唯一の日本人である。

これについて、徐紀老師には拝師したが、劉老師にはしていないという意見があるのですが、どうなんでしょうか?

224 :柔太郎 ◆HbkVkG0Efc :04/05/10 10:47 ID:Olq+7mWu
ウエイトトレーニングですかあ、私もプロテイン飲んで多少はやっていたころありま
すが、でも、なんだか今思うとどっちでもいいいかなという感じですね。やはり武術
やっていたら、その武術の練功法とかあるし、ウェイトトレーニングよりも武術で
武術的身体を作るほうが・・・・・。


225 :柔太郎 ◆HbkVkG0Efc :04/05/10 10:54 ID:Olq+7mWu
それにウェイトトレーニングやってきた同年齢・同体格の武道家相手でも、この間
はシャレで試合しても楽勝だったし。例えば格闘家でも見た目「普通」の身体で強
い人いますよねノゲイラ・ホイス・ヒクソンとか、かつてのピーターアーツとか
ただ最近ではボブサップが強いんでなんともなんですが・・・・。

226 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 11:03 ID:taduDugJ
 >223
 そらないよ。武壇総壇のHP見てみなはれ、海外分支単位として東京分壇もでてて、「字次(字輩)」が「壇」となってるやろ?
劉雲樵に入門せんかったら字輩はもらえんわけや。字輩が実力を示すものではないけど、こればっかは事実。


227 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 11:07 ID:taduDugJ
 それに根暗な連中は誰に拝師したのしてないのってことにやたらこだわるけど、
私が台湾総壇でべつの教練に教えてもらったとき、ほとんどの人が「ターリウシャン(大柳勝)はすごいっ!」って
評価高かったぞ。
私なんて「お前も日本人なら大柳くらいできるはずなんやから、もっとしっかりせい!」とか
ハッパかけられて、大柳さんのせいでえらいとばっちりよ・・・(笑


228 :柔太郎 ◆HbkVkG0Efc :04/05/10 11:08 ID:Olq+7mWu
武術での練功は実際に地味で時間がかかりますね、そうよくわかっているんです、
でも、私はあえて武術での練功法にこだわりたい。武術やっている限り、技術に
こだわりたいですよ。私は武術もそうですが格闘技を中心に指導しているのですが
ある意味、格闘技の動作の中に剄を通すということを大切にしています。


229 :柔太郎 ◆HbkVkG0Efc :04/05/10 11:16 ID:Olq+7mWu
だから基本基本基本です。格闘技ではワンツー何度も何度も練ると剛柔流でいう
ムチミが効いてくる。身体を餅がひねられるような動きで、呼吸も何種類も発声法
として。膝をわずかに落としたり。前蹴りもそう、磨けば磨くほど。


230 :柔太郎 ◆HbkVkG0Efc :04/05/10 12:20 ID:Olq+7mWu
最近思うことが一つある、「型の上手いやつは強い」普通、古武道や合気道・空手型など
型専門の人は弱いといわれていますが、そういう人間に格闘技教えるとえらく上手く
なる。あくまでも型の上手い人だけなんですが。後は戦い方のコツを教えればいいだけ。
戦い方も最初はおっかなびっくりだけど、考える能力が高いので、これもそこそこ
でマスターする感じ。後は性格の問題だけ、闘争心がある人だけですね。

231 :柔太郎 ◆HbkVkG0Efc :04/05/10 12:22 ID:Olq+7mWu
そうだ、忘れてました、ここでは、はじましてみなさん。よろしくお願いいたします。
様様な武道・武術・格闘技やってきました。柔太郎です。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 13:40 ID:I38axcQp
>>227
私も大柳さんがだれに拝師したかかまってないですが念のため。
今は無き武術第8号の七星蟷螂拳講座の前言に於いて

前略〜私の師爺(スーイエ)である劉雲樵(リュウユンチャオ)先生のお話のよると〜

とあります。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 14:56 ID:PEWWAwBn
劉雲樵先生直伝弟子は「武」字拝。
「武」字拝に就いた人の字拝は「壇」字拝。

つまり大柳さんは劉雲樵の直接弟子ではなく「武」字拝の人の弟子。

234 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 16:38 ID:L6sgZpYj
 >233
 ちがうって、「壇」字輩でも直弟子なんてようけおるんやて・・・私の師匠もそうやろ?「関門弟子」やねんから・・・
ただ232の通り大柳さんは劉雲樵を「師爺」と呼んではったのも事実や。
これはおそらく直接指導してくれた師兄(つまり劉雲樵の直弟子)に対して敬意を表してのものと思われる。


235 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 16:44 ID:L6sgZpYj
 武壇に字輩が他の門派のそれとはちとちがうシステムやってことは、だいぶ前の過去スレで書いた。
ただ、現在とちがって劉雲樵が存命中は武壇で「老師」は劉雲樵ただひとり・・・あとはどんなに偉くてもあくまでも「教練」なわけ。
いま大柳さんも「日本分会教練」と名乗ってはるが、これはその名残りやろう。
つまり大柳さんの時代は拝師するのは(字輩を授けられるのは)劉雲樵ひとりしかおらんかったわけや。


236 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 20:30 ID:HktWnH2w
 私の場合いまから15,6年前やったか、師匠に「ぜひ貴方に拝師したい」って言うと、
「それは劉雲樵の許可をとらないとあかん。一度あいさつに行ってからや」って言われたことがある。
まあな、これも過去スレで書いたけど、モタモタしてるうちに劉雲樵が亡くなってしまって、
結局ウヤムヤのうちに師匠に拝師したんやが(笑)、つまり劉雲樵が存命中は「教練」は勝手に弟子をとってはあかんかったみたいや。
まあ人によってはそんなん無視してた人もおるみたいやけど・・・(笑


237 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 20:42 ID:HktWnH2w
 想像やけど、徐紀先生みたいに古株で(「武」字輩)なおかつ外国で教授してた人の場合、
これはもう完全に独立した老師として、自分で弟子をとる(つまり拝師式を執り行う)ってことが許されてたんやないかな?
そらそうやろ?アメリカやのベネズエラやのでいちいち劉雲樵の許可なんてとってられんがな。
ただ1980年代前半ごろに台湾で(つまり武壇総壇で)指導してた教練クラスは、まだこの段階ではあくまでも武壇門の
(日本風にいえば)師範代で、学生の実質的な指導は任されてても、とにかく名目上は個人的な弟子をとることはしてなかったようや。
私の師匠も私以外にプライベートで教えてる学生ってのはおらんかったみたいやもん。
スイスなどヨーロッパの連中に教えるようになったのは、劉雲樵が亡くなるほんの数年前からやけど、
さすがに劉雲樵もこのころにはかなり弱ってはったみたいで、それでまあそういう許可がおりたんかもなあ・・・


238 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 20:50 ID:HktWnH2w
 まあ大柳さんや私の師匠だけでなく、武壇といってもいろんな人がおるわけで、
個々人の立場や状況でいろいろ変わってくるんやと思う。

 ただひとつだけ言えることは・・・少なくとも劉雲樵の存命中は武壇総壇において八極拳を習えるのは
拝師した正式弟子だけやった・・・ってことや。
それと劉雲樵はいったん拝師したからといって、やる気のないヤツには弟子といえども全然指導しようとせんかったぐらいらしいから、
ましてや学生の身分では個人的な指導や教練クラスの訓練を受けられるはずがない。
となると大柳さんのことに関してもこれで明白やろ?


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 20:53 ID:Oz2/aqnm
>237
蘇G彰老師に拝師している人は結構いらっしゃるみたいですが、徐紀老師は
「私は拝師式はしない」と通背拳の常松さんとの対談で述べてましたが、
拝師させているんでしょうか?

240 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 21:03 ID:HktWnH2w
 >239
 う〜ん・・・その、なんていうかな・・・映画にでてくるみたいな、バカバカしいほど大げさで時代がかった「拝師式」
なんかはしない・・・って意味で、そのことをはっきりと明示してるかどうかはともかくとして
いちおう「一般的な生徒」と「専門コースの弟子」みたいな感じの区別はしてはるんやないか?
現実問題として、そうせんことには個々の学生の指導ができんもん。


241 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 21:11 ID:HktWnH2w
 私の師匠も拝師式なんてせんけど(私としては映画みたいにやってくれたほうがうれしいんやがな・・・笑)、
スイス武壇の連中にはやはり教練クラスの学生が何人かいて、こいつらは訓練も相当厳しいし、まあつまり正式弟子って言うてええと思う。
実際セミナーなんかに参加する一般学生なんかより、はるかに高度なことを教わってるもんな。
師匠は一年中スイスにいるわけではないから、ふだんはこういう教練クラスが一般学生を指導し、
年に何回か師匠がヨーロッパを訪れた際に直々にそれらを手直しして回るわけ・・・



242 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 21:13 ID:PEWWAwBn
>234
あなた本当に拝師弟子?
武壇の正式な入門帖見た事あるの?

あなたの先生に見せてもらえばわかる。
劉雲樵の最後の弟子は季昭華先生。

それ以降の人たちはそれぞれ徐紀さんとか蘇c彰(あなたの先生が
拝師したのはこの人)に就けられ、「壇」字拝をもらっている。


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 21:14 ID:Oz2/aqnm
なるほど、そうか、そうですよね。徐紀老師の止戈武塾での教練でいらっしゃる方は
当然古参のいわば「高弟」ですからね。

244 :南条五郎:04/05/10 21:30 ID:yxO2LVvI
>>239
拝師門徒でもない私が言うのも何ですが(自爆
私の知る限りでは>>240での劉さんの見解で正解みたいです
私が美国を離れる頃
「もし台湾へ学びに行くような事があれば○X△氏を尋ねなさい
台湾で正式に八極拳を教えたのは彼だけだ」とおっしゃってました
まあ15年くらい前の話ですけど

245 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 23:05 ID:HChFz0NB
 >242
 わはははは・・・私は武壇の入門弟子ではないんでな。あくまでも師匠に入門したわけよ。
で、季昭華先生な・・・なるほど・・・(笑



246 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/10 23:14 ID:HChFz0NB
 でも季昭華先生って・・・あれ?記憶ちがいかな?混乱してきたぞ・・・
いま手元に資料がないから、明日探し出して調べてみよう。


247 :カの字:04/05/11 00:13 ID:zwtfzaq/
>217
 初めまして、カの字と申します。以後お見知り置きのほどを。いや、実はあんまり数字
にはこだわって無かったんで(笑)
 そこに居たトレーナの方に高校の後輩だとばれて、凄く気に入られまして(^^;
 「人間は、鍛えりゃ体重の五〜七倍くらいは支えられるはずやから、その七割から八
割は動かせるハズや!」
って言われて、言われるままに当時75sやったんで、一応の最終目標を300としたん
ですが、230を越える辺りから関節がなんかジジジって軋む音が聞こえて、ホンマに
大丈夫なんかいなと心配になってきたんですわ。まぁ、大丈夫やったんですが。
 その時に、体の各部を守るために『食べ物』の指導までしてもらったんですが、あんま
りにキツイ各部練習よりも、低架で負荷をかけたしっかり全体を使い切るモノの方が、
結局はバランス良く鍛錬できるなと感じたんですわ。それでも、やっぱシンドイですが(^^;


248 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/11 00:37 ID:q2K6+E3r
>柔太郎さんへ
柔太郎さんも武壇スレに登場ですか!
ますます楽しくなりますね・・・(ニコニコ

249 :清人 ◆IFxdCIipxs :04/05/11 00:48 ID:KeJhNOqt
ウェイトで個々を荒く削って、基本功で全体を仕上げる

よくジムでも、ガーガーと声を上げて重たいバーベルを上げる人もいますけど
俺はどっちかと言うと「効き」を重視してます
ベンチプレスだったら、ちゃんと胸に重さがかかっているという自覚を得ながら・・・と言う感じです
あまりに重たすぎると「持ち上げる」に意識が行っちゃうので・・・

ぷちしゅーさんともメールで何度もやり取りしている内にビルダーっぽい体を考えていた自分
そんな体で武術できるかい〜とキレイサッパリ忘れ去って、ぷちしゅーさん談「機能美」ある体を追求しますです

>カの字さん
ジムのインストラクターから聞いたの事ですけど
「レッグプレスは自分の体重の倍を持ち上げられたら大したもの」らしいです
俺の体重は90kg弱・・・つまり、180kgで?・・・・ガクガクブルブル

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 01:39 ID:u76guGiY
>>242
とりあえず、真実は知らないけどここの過去ログでは

武壇の字輩は10年ごとに切り替わる
まとめて拝師したのでホウブシキも関門弟子の一人 となってたような

251 :リャン・フー:04/05/11 01:43 ID:eKmAYz6C
>247 どうも、リャン・フーです。 体重の5〜7倍とは凄い(@_@;)

私がウエイトに凝っていたのはもう20年近くも前のことですが(歳ばれるな〜^^;)
前に清人さんが書いている通り、ベンチは体重分、スクワットは体重の1,5倍〜2倍と先輩に教わりました
それ以上やるとスピードが鈍るというのが我が道場の定説になってました。

現代のトレーニング事情は理論やサプリメントを含め格段の進歩を遂げているでしょうから
中武の練功と並行してもプラスになるものもあるでしょうが、諸々あって
私も今は伝統的訓練のみに絞ってます。




252 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 02:20 ID:F/2BibZz
「自称関門弟子」は沢山いるが入門帖を公開できる本物は季昭華先生が
確実に最後だ。

要するに、実技指導を賜った弟子は沢山いるが正式に拝師を許されたのは
彼が最後と言う事。
疑うなら徐紀、戴士哲、あるいは劉雲樵夫人に直接聞いてみればハッキリする。

大体、「武壇の弟子はみな劉雲樵に拝する」ならば、彭教練よりも後輩で在命中の
劉雲樵に習った人が沢山いるのだから、彼が最後の弟子のはずがない。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 02:54 ID:92Dr5Amy
>>252
貴方も武壇の関係者ですか?

254 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/11 07:36 ID:0/q+f0v1
 >253
 一見そう見えるけど、そうでもないみたいやな・・・(笑

 ただし、誤解のないように言っておくと、私の師匠だけが唯一の関門弟子なんやなくて、他にも数人おる。名前忘れたけど(笑
それと・・・あとはちとスレでは無理かな?



255 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/11 08:17 ID:lvwCwPqJ
 ただ、武壇といえばかつてはたった2年で雑誌が廃刊になるほどショボイ(『武術』でも20年続いたのに・・・笑)、
マイナー町道場やったのに、いまとなっては台湾だけでもかなりの勢力で、全世界の同門をあわせると大門派なわけや。
どんな組織もそうやが、大きくなるとなんせそれに関与する人間の数が増えるんで、いろんな立場や見解が生じてくる。
いまはまだ奥さんがお元気やからなんとかなっとるが、将来はどうなっていくもんかね?




256 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 08:37 ID:o3pDKhLj
季昭華さんは季氏八極拳って名乗ってませんでしたっけ。劉師の弟子でしたか。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 09:00 ID:KkiOHBxK
かなり良い八極を打つ、と聞いた事がありますね。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 10:37 ID:HOzKhNKb
また字輩マニア?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 11:52 ID:F/2BibZz
師から聞いたことを何の確証もせずに公式の場で発言してはいけません。
また、内部にいない人があたかもその団体の事をよく知っていると言うような
言い方はいけません。
これは技術論とは違って事実は一つだから。
彭教練は劉雲樵の拝師弟子ではない。蘇c彰の拝師弟子である。

260 :自称武壇系:04/05/11 13:04 ID:rB4d+2bf
>>259
 自分の立場も明らかにせずに、人を批判するのはどうかな。名無しで批判されても、全然根拠がない。
 まず己の立場と、ニュースソースを明らかにすること。そうでないと、「師から聞いたことをなんの各章もせずに公式の場で発言している」のと変わらないよ。


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 13:13 ID:D0pBQljk
>>259
季昭華さんは金立言氏の学生じゃなかったけ?
by名無しの告発

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 13:45 ID:F/2BibZz
>260
だから本当の事が聞きたければ劉雲樵の古い直弟子に聞いてみればわかる事。
誰が言おうが事実は事実だし、知りたければ聞いてみればいい。

>季昭華さんは金立言氏の学生じゃなかったけ?
全然ちがいます。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 13:49 ID:pilsgeD8
>>262
早稲田カンフー会の人?

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 13:56 ID:tKyxHoqH
>>263
それ、俺も可能性の一つとして思い浮かんだよ。だとしたら誰だろ?

265 :でぶごん:04/05/11 14:27 ID:anrw8ZQh
まぁまぁ、そんなにお互いムキにならずに、お話していこうよね。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 14:28 ID:F/2BibZz
とにかく。
@彭教練は実力はある。
A劉雲樵から直接教えも受けた。
Bしかし、劉大師の拝師弟子ではなくましてや関門弟子などでは決してない。
事実はこのとおり。

Aについては確かに、劉雲樵大師はかつて「特別訓練班」を結成し直伝にて
武術を教えました。そのなかには現在活躍中の林教練もいたし、大柳さんも
いました。たぶん彭教練もいたのだと思います。
ただし、もうその頃大師は最後の弟子を取って門を閉めてしまっていたので
名義上「武」字拝の各師に拝師させた上で特別に教えたのです。
しかし、それだからといって「直接劉大師に拝師した」と言ってしまっては
正式に入門帖を書いて弟子入りした人たちの迷惑になります。
門内だからこそ「名義上の問題」とは言えハッキリさせないと。

以上は徐紀さんと林教練ご自身の口から聞いたことです。


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 14:34 ID:zkQ963RX
仲たがいがあるってことは、このままの組織としてやっていくのは将来大変かなぁ…。
お家争いみたいなのがおきなきゃいいけど。
みんな劉雲樵の武術が好きなら、それでいいじゃん。

268 :自称武壇系:04/05/11 14:42 ID:rB4d+2bf

262は蘇イク彰系の人じゃないかな。
武壇内部にはいろいろあるんだよ。

武壇のある古参の先生は海外に行く直前に拝師式を行ったことがあって、
残された学生たちの不満がつのったことがあった。
その中の熱心な者は後に劉雲樵に拝師している。
つまり、先生の先生に再度拝師したことになるのだが、これは非常に異例なことだ。

彭武熾氏もそうしたケースだった可能性がある。
月侠氏の「これ以上はスレでは言えない」というのは、
こうした事情が絡んでいるからじゃないかな。
人を悪く言うことはできないからね。

262の言ってることは、師匠の話を鵜呑みにした、一知半解の意見だと思う。


269 :リャン・フー:04/05/11 15:09 ID:QMlmM1yW
>262さん、268さん、初めましてリャン・フーともうします。

>以上は徐紀さんと林教練ご自身の口から聞いたことです。

262さんの出自はなんとなく解りました。これ以上はノーコメントにします。

>武壇のある古参の先生は海外に行く直前に拝師式を行ったことがあって、
残された学生たちの不満がつのったことがあった。
その中の熱心な者は後に劉雲樵に拝師している。

>268さん、これもう一人の大師もおやりになっているのですよ。

林仲曦先生は徐紀先生が台北にもどってから再度師事されましたね
その後、總壇に戻られ中枢を担っておられますが
その前後にいろいろあったと聞いております。

これ以上はスレではちょっと...
まして劉さんが書けないというのを私が書くわけにはいきません。

262さん、「○○さんに直接聞きました」というのは
ここにコテハンで書き込んでる人達はほぼ体験していることです。

もう少し柔らかくディスカッションできないですかね?


270 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/11 15:32 ID:xsAiJElQ
 さてみなさん(by浜村淳・・・東京の人は知らんか?)、いろいろ議論百出でおもろうなってきたやないの・・・
最近ちょっとマンネリ気味やったから、ワクワクしてぞ。
で、もうちょっとROMってからまた書き込むんで、ファイト!


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 15:43 ID:F/2BibZz
同系統の別の師に「拝師」し直すなんてこと、ありえないですよ。
そんなことしたら最初に拝した師との関係を放棄する事だから。
「拝師はしたが海外に行ってしまったので師爺が面倒見た」というなら
わかりますけど、いくらなんでも拝師のやり直しはないでしょう。
そんなことしたら拝師の信用性がなくなってしまいますよ。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 15:44 ID:KkiOHBxK
すげー・・・劉さんってば、やっぱり【 大人(ダーレン) 】だなや。。。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 15:48 ID:F/2BibZz
要するに。
@形式上は「武」字拝の老師に拝師。
A実質上は劉雲樵大師に教えを受けた。

と言う事で、よろしいでしょ?
でもAのばあい、何も彭武熾教練たちが最後と言うわけでもないのでは?
もうちょっと後のほうにもいるはずでは。

274 :リャン・フー:04/05/11 18:18 ID:8s0spJbn
>271
同系統の別の師に「拝師」し直すなんてこと、ありえないですよ。
そんなことしたら最初に拝した師との関係を放棄する事だから。

事実、J先生は来日してもO先生に連絡もとらない
O先生も同じく無視。 S先生とM先生も同じ。

O先生は某所で「私の先生は劉雲樵と言います」と名言してますし、
M先生は言わずもがなです。

>273 と言う事で、よろしいでしょ?

何がよろしいのでしょう?
上位下達ですか? それではディスカッションになりません。
伝聞のみを根拠にするのなら、前にも書いた通り
ここのコテハン達は腐るほど「それ」を持っています。

「人間である以上、どんな偉人でも都合の悪い部分はある」

というのなら納得できますが? あなたの先生も含めて...


275 :リャン・フー:04/05/11 18:24 ID:8s0spJbn
>274
上位下達→上意下達の間違いです、失礼しました。

276 :でぶごん:04/05/11 18:33 ID:3Ai07IJG
273さんも、名無しじゃぁ誰だか分からないから。 
なんか、名前つけないかい?

277 :でぶごん:04/05/11 18:41 ID:3Ai07IJG
リャン・フ−さんも、まぁまぁ!!
わかるように、劉先生からお話してくれますよ。


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 20:00 ID:7bfkZnkJ
>O先生
同じ時期に「劉師翁雲樵先生」と「僕の先生の劉雲樵という人は・・・」と
二通りの言い方をしていたのですが、234の劉月侠さんの説明で、何となく
納得しました。
字輩のことはよくわからない(興味ない)ので、引き続きROMしてます。

279 :ぷちしゅー ◆9krShh3g.c :04/05/11 21:20 ID:4LwZClF5
拝師については、私には縁の無い話なので、傍観させていただきます。

280 :黄河一号 ◆SNuCULWjUI :04/05/11 22:22 ID:3NnAaE26
うっ。。。今日のフーさん、なんだかかっこいい。。。(笑)

>ぷちしゅー老師
さきほどはメールありがとうございます。了解しますた。
おとといから職場のパソコンが壊れてこちらに来ることができなかったのですが、
きっちりROMらせていただいている黄河一号です。

お話の内容については、それこそぷちしゅー老師よりもさらに縁のない
ことなので、とりあえずROMるしかないのですが、少なくとも劉老師と、
劉老師の師事されるホウ先生が、このようなことで嘘を仰るわけがないと
このスレの方々はわかっているので、多分見解の相違というか、
認識の違いというか(<同じことやん!)、そういったことだと思うのですが。。。


281 :黄河一号 ◆SNuCULWjUI :04/05/11 22:27 ID:3NnAaE26
>5さん

激しく遅レスすまそ。。。ふふふ。そうそう。虚しくなってしまってなあ、
命のやりとりに。。。

あれ?昔劉老師=黄河一号と煽ってらっしゃった方も、実はこのような
レスをお待ちになっていた。。。??

も、申し訳ねえっ!!あんときはついマジんなっちまって。。。

。。。さて、柔道関係のスレ回って寝ますかね。。。晩安。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 22:43 ID:Eu7xgx0L
>274
だから、それだって本人たちが口で言ってるだけでしょ。
口でそういうと拝師したことになっちゃうの?って話でしょ。

一番確実な証拠は、拝師帳と拝師式のときの写真でしょ。
知りたい人はそれを見せてもらえば解決ですよ。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 22:47 ID:Eu7xgx0L
横から失礼しました。
ただ、こんなところで言い合うよりは証拠を持って来れば
済むのに、って話ですよ。それが一番。
ウソではないならそれができるはずだし、証拠も証人もないなら
少なくとも疑いはあるということで、それを言った本人に罪はない。
感情で否定するよりも証拠を出すほうが確実。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 22:54 ID:Eu7xgx0L
すいません、これで終わりにします。
技術的には一流でも経歴を誇張したり捏造したり、あるいはホントとウソを
巧みに混ぜて話す人などが武術界には多いわけです。

これらは、技術的優劣とは分けて受ける側がそうした風潮を許さない、あるいは
同調しないと言う姿勢が必要で、これと「師を尊敬する」と言う事とは分けて
考えなければいけないと思うわけであります。
だから、こういった問題に関しては(人格批判でも技術否定でもない)、感情を
持たずに事実関係を見つめる姿勢と言うものがないといつまでたっても
「ウソのつきっこ」と言う評価を世間から受ける武術界となってしまいます。
武壇といえどもこうした問題が存在するのが残念な気がします。

285 :花のサンパチ:04/05/11 22:55 ID:P0L4Yxh1
蛇足ですが、一言

「チョウとやら、国籍や外観ではなく、精神こそが拳法の
            正統性を問うものののはずだろう。」




286 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/11 23:03 ID:Qr0Ml9LE
 >283
 なるほど・・・証拠ね。確かにそれがいちばん確実や。でも、2ちゃんねるでどうやって
そんなもんだすの?


287 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/11 23:08 ID:M/g+3bi/
 さて・・・忍猿さん、『武術発展史(精武会五十年)』確かに受け取りました。
思ったより大冊ですねえ。今度お会いしたときに内容の要約をお話させていただきま〜す。


288 :でぶごん:04/05/11 23:09 ID:s8iSK1OF
言うだけ、言て終わりなんて、284さん、あんた何にも解決してないよ。 
ちゃんとした、証拠になるのは、何にもないのかい?


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 23:16 ID:H9QJPYH9
>>286
劉さん、わざわざかような輩に付き合う必要はないですよ。
どうやら武壇の関係者でもないみたいですしね。

290 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/11 23:20 ID:jgM9iXEL
 >288
 まあええがな・・・徐紀先生や林先生がそう言うてはったんなら、たぶんホンマ
なんやろう。そうかあ・・・私の師匠、つまりホウなんたらはじつは蘇先生の弟子
やったんかあ・・・ええこと聞いた、

        
       こんど台湾に行ったら、小一時間問い詰めたろ(笑




291 :188:04/05/11 23:22 ID:pilsgeD8
漏れが知ってる武壇関係者って理屈よりも実戦派って人が多いけど、
某大学の人ってやたらプライド高いわりに動きがヘナチョコ。
指導者からして弓歩すら満足に取れないから困った。

漏れは武壇系は、関係者からちょこっと型習っただけの門外漢だけど、
彼らよりは功夫あるぞ。


292 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/11 23:26 ID:fv9xyr4n
 >289
 いやあ、でも私も目からウロコの落ちる思いやぞ(笑

 しかし、ちょっと待てよ・・・蘇先生が私の師匠の師匠ということは・・・
私は蘇先生の孫弟子ということになるやないか?
となると・・・みなさん


  本日より当スレッドは「八極蟷螂2ちゃんねる分舘」と改称させていただきます(大ウソ





293 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/11 23:34 ID:goZ+huZl
>287 劉月侠さんへ
大冊? しょぼくれた本ですが30年前に買った時からあんな様子でした。
まぁ、お送りしてます蔵書目録の本はどうぞご自由にお使いください。

>284さんへ
武壇に限らず、言われることは古流の世界でも多々拝見する内容ですが、
過去スレを含めよく読めば劉月侠さんの姿勢が理解できると思いますよ。(ニコニコ


294 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/11 23:40 ID:IDoI2TuR
 まあ冗談はともかくとして、組織っていうんはなにかと大変や。
「白い巨塔」を例にあげるまでもなく、医学界かて滅茶苦茶やしな。
かつては「放浪の拳法家」やの「師ひとり弟子ひとり」やの、完全に国術界の
一匹狼を気取っとったこの劉月侠さまも、最近は「劉老師」なんて呼んでくれる
学生が多少なりともできてすっかり大家気取りやが、やっぱ20歳のときひとりで
台湾に押しかけていったあの頃の初心を忘れてはならんな・・・晩安。


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 00:08 ID:SaO6E7T3
劉さんてやっぱりすごいね。スケールがちがう。
やっぱり大将の器なんですねー。
こういうひとを「大人」と言うのですね。

これからは「劉大人」と皆で呼びましょう。

296 :カの字:04/05/12 00:25 ID:jQ3Y652N
>251
 先ほど帰って来ましたが、なんか面白い事になっったのにもう終わってしまって残念な
『カの字』です。
 さて、話を戻しますが、インストラクターの方に、前の所でやった一通りの結果を紹介
された時に持たされていたので、その時点で体重の2倍以上だったから、限界点探って
みよか?って話でそーなったはずですわ。一般には1.5〜2倍が相場なんですか?
 5〜7倍ってのも真っ直ぐ足を伸ばした状態ならそれくらいは支えられるって話でした。
 よーするに、テイの良いオモチャやと思われたみたいで、どっかの坊さんは片手で
400sくらい持てるとか、お前足腰は強いのに、ベンチは40sってどないなってんねん!
『お姫様だっこ』したられへんぞ!とかってイジメられたんは、覚えています(^^;

297 :カの字:04/05/12 00:40 ID:jQ3Y652N
>294
 なんか、状況をムッチャ楽しんでますね(笑)
 いや、『白い巨塔』で思いだしたんですが、今回の『白い巨塔』の脚本は、高校の一年
下後輩が書いてることが分かって、最近の個人的トリビアやったんです。
 あぁ、またしょうもない事を書いてしもた。
 そういや、私がおった時は空手部も女子はインターハイ10連覇とかってゆーてたけど
その後はどうなったんかなぁ?
 まだ、武術始めた頃で、空手部遊びに行っては同級生の主将にピョンピョンはねるな!
とか言うてド突いてたん思い出しました。
 考えりゃアノ頃の気持ちのままで、今まで走ってきてますが、まだまだ若いつもりやと
どっかでシッペ返し喰らうかもしれまへんな。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 00:53 ID:uT1EZjd4
「放浪の拳法家」実は劉老師であり且つ劉大人か・・・・う―ん、なるほど。
抱擁力があり、ユーモアと機智に富んでいる上、面倒見がいいから堪らんね。
だからコテハンたちも定着し、スレとオフを通してお互いが切磋琢磨できるんだ。
おいらも仲間に入りたい!!!    


299 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 01:11 ID:SaO6E7T3
劉大人は敵意(?)を持っている人とも打ち解けてしまう。
合気道の極意みたいなものをすでに持っているようだ。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 01:23 ID:rKpfbqW+
>299
それは劉大人が相手の言い分を色眼鏡で見ないで素直に聞けるからかな?
面子ばかりが全面に出てしまっては劉大人みたいに中々なれないな。
300ゲットで晩安・・・・・
リャン・フー兄、お疲れさまでした!

301 :リャン・フー:04/05/12 01:55 ID:nKkXlZ6x
>266さん、283さんて同じ人かな? 同じ人と仮定して...

>ただ、こんなところで言い合うよりは証拠を持って来れば
済むのに、って話ですよ。それが一番。

@証拠、とおっしゃいますが彭武熾先生を劉翁の拝師弟子ではないと
書き込まれたのは貴方の方で、我々はさほど興味が無い。
Aそれに対して貴方が徐紀先生と林仲曦先生の伝聞を提示されたので
私も匿名ですが先生方の伝聞で返した。
Bそれに対し「拝師帳と拝師式のときの写真を見れば解る」とおっしゃいますが
@で書いた通り、そもそも興味の無いネタのために何故、彭先生やO先生、M先生の
お宅にお邪魔して拝師帳をお借りしてこなければならないのですか?
貴方のためですか?それによってなにかが正常化されるのですか?
もしそうだとしたら、それは話を振ってきた貴方の仕事では?

以上、フォーマットを真似てみました。


302 :リャン・フー:04/05/12 02:11 ID:nKkXlZ6x
>284すいません、これで終わりにします。
ありゃま、帰っちゃうんですか。 それではさようなら。

>「ウソのつきっこ」と言う評価を世間から受ける武術界となってしまいます。
つきっこも何も持ち込んできたのは貴方の方だし、そもそも噛み合ってないんだから
「つきっこ」にはなりませんのでご安心を...

>280,>300
いえいえ、ただもう少し柔らかく話し合いたかったのですが
そこまでいきませんでしたね(^^;)

>296
なにせ20年前の話ですから...
今はもっと合理的な練習で個々人のレベルも上がっているんじゃないですかね。
「お姫様だっこ」ですか..内儀さんも昔は牝鹿のようだった...(遠い眼)

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 02:12 ID:SaO6E7T3
なんか終わった議論をいまだに蒸し返してる人がいるが...
劉大人の鷹揚な風格と比べて情けないな。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 02:17 ID:SaO6E7T3
>302
柔らかく...って、あんたが一番突っかかってるよ。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 02:36 ID:MjlgXvCS
「まあ、組織ともなれば事情は複雑や。わしの師匠かて聖人君子ではあらへん。
例えもし、直接指導されたから関門弟子や、って言ったからとて責められんわな。
けどな、わしが惚れとるんは技量や人柄であって劉雲樵の拝師弟子かどうかなんて
関係あらへん。たとえそうだとしても誰も責められんしそんなことは武術の奥義とは
無関係や。そんなことに目くじら立ててムキになるほどじゃあきまへんわ」
劉大人の本音はそんなところではないでしょうか。

それなのに行間を読めない人がまだ出てきて突っかかっているのは見苦しい。
もうこの議論は「そんな下らん事、どうでもええわ!」と言う劉対人の一言で
幕を閉じたのです。
これ以上はもう不要でしょう。

306 :リャン・フー:04/05/12 03:13 ID:nKkXlZ6x
>303〜305
なにせ時間差があったもので、お見苦しい書き込みをしてどうもすみません。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 03:41 ID:pFxmIa+o
〉263
早稲田カンフー会ってそんなに問題児ばっかなの?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 07:07 ID:dG4K1m3r
>303〜305
リャン・フーさんは終始常識的なことしかレスされていないと思われ。


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 07:20 ID:SFyG9kP8
>>282
>一番確実な証拠は、拝師帳と拝師式のときの写真でしょ。

そう言う大事そうな物って「ねえ見せて下さい」って頼んだからって、おいそれと見せて頂ける程に
軽々しい物なのでしょうか?
下手な人間に見せようものなら書式を盗んで偽造品でっちあげそうだし。
それと告発を行う場合は普通、告発者の側が証拠なり物証を示して相手を問い詰めるものだと思いますが。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 08:11 ID:nf0FzXZj
なんかあれですね、
「お前の母ちゃん継母だってうちの父ちゃん言ってたで!」
って感じですね。まともな社会人だったらそんな事言わない。

拳児机に並べて新勧やってるのはやめた方がいいと思います。

311 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/12 08:23 ID:cm2ZmGMB
 >309
 いや、確かにそんなに簡単に見せてもらえるようなもんやない。
私もかつて何度か「見せてほしい」と頼んだんやが、師匠は「まだまだそういうものを
あなたに見せるわけにはいかない」とか言われたもんや・・・

 ところが・・・ある日師匠の家の大掃除を娘たちとしてたら(なんでそんなことする羽目になったんかは、まあいろいろ事情があるねん)、
屋根裏の物置から埃まみれになった証書とか写真とか、出るわ出るわ・・・
師匠いわく「あ、こんなとこにしまってたのか」って・・・


        あんた、要するにどこにやったんか忘れてたんやろ!(笑・・・いたいとこやが笑えん)







312 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/12 08:31 ID:cm2ZmGMB
 私は師匠を世界の誰よりも尊敬してるけどな、正直あのときは「こいつ、アホちゃうか?」って思ったぞ(笑
我々からすれば大事な大事な証書の類がネズミにかじられてたり、字が読めんほど埃まみれになってるねんもん。
で、私がそういうんをひとつひとつきれいに掃除(っていうんかな?)して、「これは武壇の。これは国術会。これは中医学会・・・」
てな具合に分類整理して、主だったやつは文具屋で額を買ってきて部屋に飾って・・・
しかし武術の訓練や鍼灸の診療ではあれほど緻密な人が、なんでこんなことはサッパリなんかしら?
「武壇七不思議」のひとつや・・・(笑



313 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 09:02 ID:HxLVkEG+
>312
あー、、じゃあ劉さんはもう事の真相判ってらっしゃいますね。証書類見られてるんですから。

314 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/12 09:57 ID:yDRk+IfL
 >313
 ところが残念なことに、ボロボロになった証書類の修復作業に気をとられて、肝腎の中身をほとんど見てないねん(笑
まあええやん。中国のことだけはどうもホンマのことはわからん・・・


315 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/12 10:03 ID:yDRk+IfL
 私の師匠はやはり客家の出身ということもあってか、かなり質素で倹約家やな。
下着とか靴下とか、よれよれになっとってもなかなか捨てんと使ってるし、
外で食事とかするときも私の奢りにもかかわらず「そんなに頼んで食べ切れなかったら勿体ないから、やめとこう」
なんて言う。高級レストランならいざしらず、街の大衆食堂なんやから、食べ残したとしてもせいぜい2,300円くらいの
もんなんやが、こういうんは子どもの頃から骨身に染みついたもんらしいわ。


316 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/12 10:08 ID:yDRk+IfL
 ところがその反面あまりモノにはこだわらないとこもあって、自分の服とか、記念の品とかけっこうよくくれる。
本なんかでも忍猿さんやないけど、「読みたい本があれば勝手に本棚からもって帰ってええぞ」なんて言うてる。
もっとも師匠はあまり武術の本もってないんやな(笑
師匠のもってる本はほとんど私ももってて、これまで師匠の本棚から拝借したのは1,2冊と『武壇雑誌』をコピーとったくらい・・・


317 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/12 10:13 ID:yDRk+IfL
 ある日「劉雲樵が亡くなる直前にくれた・・・」っていう、いわば形見の品をとりだしてきた(なになのかは秘密や・・・笑)。
さっきの証書や写真とちがって、さすがにこいつだけは大切に保存してたみたい。
で、まあまさかこれだけは私に譲ってくれたりはせんよなあ・・・と思ったんやが、言うのはタダやから
「先生、それ譲ってくださいよ〜」って頼んでみると「ああ、いいよ」・・・って、ゲッ!



318 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/12 10:19 ID:yDRk+IfL
 でもまあもちろんあとにお話が続く・・・

 「あんたの息子が大きくなったら、そのときは私ももう相当な歳やろうから、これを息子に譲ってやろう・・・」
わはははは・・・そういうことでっかいな、まあしゃあないな(笑
しかしやはりそうなると息子はそれなりに武術をやらんとあかんがな・・・こらっ、鴻○(私の息子の名前)!

            
              バスケやのプレステやのしとらんと、馬歩やらんかい!馬歩!




319 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/12 12:21 ID:rW6eGFMK
劉雲樵の形見の象牙の指輪は、金立言氏が持ってますね。

320 :リャン・フー:04/05/12 15:01 ID:nBgId0K6
>307,310
あそこで北京語か英語ができて留学経験がある人となると限られてくるのですが、
レスが示す通り、もうよろしいのでは...
(って、一番突っかかった私が入って良いのだろうか?^^;)

>318
劉大師、ウチの息子は今小2で剣道やらせてますが
いつから馬歩に切り替えたら良いでしょうかね?

321 :張景学 ◆8jVpfMnU/M :04/05/12 15:36 ID:MNXdNeER
>>320 >>318
>劉大師、ウチの息子は今小2で剣道やらせてますが
>いつから馬歩に切り替えたら良いでしょうかね?
うちの息子は4ヶ月ですが、いつから馬歩をさせればいいでしょう。
やっぱり3才くらいですか?^^) ナンチャッテ

322 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/12 16:34 ID:1kSxzZws
 でもね、私もむかしは「鉄は熱いうちに打て」式に5歳や6歳のころからでも訓練をはじめたほうがええんかな?って思ってたんやけど、
中国武術というんはやはり意念とか意識とかの修養が大事やから、多少なりとも哲学なんかでもわかるようになってからやないと
身につかんのやないかなあって、最近は思うようになってきたんよ・・・


323 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/12 23:13 ID:gxkrHoES
どこの親も自分の興味があることを息子にやらせたいのですかね。
私も息子が小学生になった時、私(?)に弟子入りさせ
時には腹に座布団を巻き息子に突かせたり蹴らしたりもしましたが・・・
卒業する頃になって、息子がぽつりと言いました。
「ぼく、本当はこんなの嫌いなんだ」と・・・(トホホホホ

縁があれば息子と武術を語れる日もあるでしょうね。
でも、今は劉さんなど武友に巡り会って楽しんでいます。(ニコニコ



324 :ぷちしゅー ◆9krShh3g.c :04/05/12 23:19 ID:NX62Lywk
私の場合は、まずは嫁さんを探さなくては…

325 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :04/05/12 23:39 ID:gxkrHoES
>324 ぷちしゅーさんへ
楽しみがあっていいですね・・・
猿にはもうーぷちしゅーさんの楽しみはありません。(涙

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 00:21 ID:eUnVy7v3

『民明書房大全』が発売決定
(宮下あきら漫画家生活25周年記念!)

327 :リャン・フー:04/05/13 01:48 ID:XQkSTSG8
>325
そうですよね〜、ぷちしゅーさんやりたい放題だもんな〜。
うらやましい...

328 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/13 09:19 ID:gGSaZ5/w
 >327
 やりたい放題って・・・(笑

 これまでも厨房や工房くらいのティーンエイジャーに教えたことあるけど、確かに憶えはええけどな、理解力ということになるともうひとつ・・・
これまで繰り返し言うてるように功夫を学ぶ以前に中国文化全般に関してそれなりの知識や理解がないと、
なかなか突っ込んだとこまでは行けないし、長続きもしないようや。
正直言って張さんなんてもう40やから、残念ながら技術自体の体得はどうしてもペースが遅くなるし、
体力的にもあまり強度の訓練には耐えられないと思う(でもけっこうしんどい訓練を黙々とこなしてるけどな。
下手すりゃ、そんじょそこらの大学生なんかよりようやってるんやないの?)けど、やはり中医学や仏教、その他中国の古典などの知識が豊富なんで
訓練したことをその日のうちに理解し、自分のものにする・・・って面では強いと思うな。
これはお世辞ではなく、張さんのおかげで私自身それまでは漠然としてたのがハッキリわかるようになったことも多いし、
ええ加減なことは言えんから、十分考えて教えることができるようになったと思う。



329 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/13 09:23 ID:gGSaZ5/w
 医者は患者から学ぶ・・・っていうけど、武術も学生や弟子の指導を通じて学ぶことは多い。
すでに師匠が亡くなってしまったような高齢の達人が、それでも生涯にわたって技量を向上させることも
可能なのは、こういう仕組みになってるからかな?


330 :だるま:04/05/13 11:36 ID:2HV2hAq6
劉老師、先日は御電話ありがとうございました。
それにしても中国武術世界は奥が深いですね。
すごく勉強になります。
老師にお会い出来るのを楽しみにしております。
ちょっとお邪魔しました・・・・。

331 :良臣:04/05/13 13:12 ID:9HXxOkGp
>329
劉さん
師匠からいろいろ美味しい物を食べさせてもらっていても
それが自分の血となり肉となるにはやはりある程度の時間
が必要なのでしょうね。その消化には自身の錬功以外に学
生や弟子の指導が大きな効果があるのかも知れません。

332 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/13 13:29 ID:MQ5Rbn1x
 >331
 大柳さんが言うてはったけど、「日本人は本当に熱心に練習する。それは中国人も顔負けなくらいだが、
なぜそういう訓練をするのか?どういう目的で訓練するのか?そういう意識の面で漠然とした人が多くて
苦労の割に成果のあがっている人が少ない・・・」というわけや。
ひとりで苦練を積むばかりでは「苦練のための苦練」に陥ってしまうこともあるわけやな。
しかし人様を指導するとなると、ひとつひとつの訓練とかを突っ込んで考えざるをえないから、自分自身の修業にもなるわけ。
もっとも・・・な〜んも考えんとマニュアルみたいな指導をしてる「老師」も多いみたいやけどな(笑



333 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/13 13:33 ID:MQ5Rbn1x
 >330 
 あれ?だるまさんって、あの・・・なるほど・・・それでそんなHNなのね。


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 14:16 ID:yGRGcioF
        /|` 、
        / | `、
     ,.-‐ " ̄`''‐- 、   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,ィ"  にく     >、 <  オワッタナ・・・
  /  ,.-‐、  t‐- 、   ヽ  \_______
  :'  l´  ・i  |<  `‐i   ';
  |  |    l |     |   :l
  l  |    l- l     | ∪ |
  'l  i、_ノC ` ─, - '   /_丿
  ヽ    /` ̄ ̄ヽ   ,:"
    ` 、  ` ──´  , ."
        ` ー---‐''"


335 :雲呑:04/05/13 17:05 ID:58/qc5iQ
今日から台北に行ってきます!明日の早朝には教えていただいた公園等にも逝く予定です。
オシリハ シシュ シマス

336 :ぷちしゅー ◆9krShh3g.c :04/05/13 20:31 ID:fNw9erd6
>忍猿さん
そういう忍猿さんこそ、素敵な奥様がいるじゃないですか。

>リャン・フーさん
私が遊び人みたいに思われるではないですか〜。

337 :劉月侠 ◆RPLwh/ddCk :04/05/13 21:10 ID:IeLjcWKo
 >335
 おおっ、台北かっ!馬賊に気をつけてなあ〜(そんなんおらんて・・・)


131 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)